365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月26日「原子力の日」


 10月26日は「原子力の日」です。1956年のこの日に、日本が国際原子力機関 (IAEA) に加盟したこと、および1963年のこの日に、茨城県東海村の日本原子力研究所で日本初の原子力発電が行われたことに由来して、1964年に日本政府が制定しました。

 福島原発事故以降、原子力発電所は信頼できないものになっています。

 技術として信頼できないというよりは、運用している側が、嘘で塗り固めていたためという側面が強いです。

 史上初の原子力発電は、第二次世界大戦終結後の1951年、アメリカ合衆国で行われました。この時に発電された量は1kW弱で、200W白熱電球を4つ光らせるのがやっとでした。
 その3年後の1954年には、ソビエト連邦で、実用としては世界初の原子力発電所が稼働を始め、さらに最初の原子力潜水艦が進水しました。


 原子力の利用は、短時間で大きく進んでいます。人類がかつて持ったことのない力が、急速に発展している様子がよく分かります。

 力は制御できてこそ役に立ちます。制御できない力は、自分を滅ぼす原因になります。それは原子力だけでなく、権力や金の力もそうです。自分が力を制御できているか。絶えず自問する必要があると思います。

スピーチ作例 10月26日1
文字数:526文字   想定時間:145
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • ナショナルデー(オーストリア)
    1955年のこの日、永世中立国宣言をしたことを記念。
  • アンガム・デー(ナウル)
    第一次世界大戦により民族の存続に必要とされる1500人を下回ったナウルの人口が、1932年のこの日に1500人に達したことを記念。
  • 原子力の日(日本)
    1956年10月26日に日本が国際原子力機関(IAEA)に加盟したこと、及び1963年10月26日に茨城県東海村の日本原子力研究所で日本初の原子力発電が行われたことに由来。日本政府が1964年に制定。
  • 柿の日(日本)
    1895年10月26日に正岡子規が「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだことに由来。全国果樹研究連合会カキ部会が2005年に制定。
  • デニムの日(日本)
    語呂合わせの音が「デニム」に近いことから岡山デニム協同組合が制定。

歴史

  • 990年(永祚2年10月5日)- 一条天皇の女御藤原定子が立后。三后の位が全てふさがっていたため、藤原遵子が「皇后宮」、定子が「中宮」と称される。皇后・中宮並立の初例。
  • 1428年(正長元年9月18日)- 京都醍醐の地下人らが徳政を要求して土倉、酒屋、寺院を襲撃し証文を破棄。(正長の土一揆)
  • 1597年(慶長2年/宣祖30年9月16日)- 慶長の役: 鳴梁海戦。李舜臣の朝鮮水軍が後退する。
  • 1774年 - 第1回大陸会議が閉会。
  • 1775年 - アメリカ独立戦争:イギリス国王ジョージ3世が、北米植民地が反乱状態にあると宣言し、鎮圧のための武力行動を容認する。
  • 1813年 - 米英戦争:シャトーゲーの戦い
  • 1825年 - エリー運河が全通。
  • 1838年 - 数日前に山辺郡庄屋敷村(現在の奈良県天理市)の庄屋中山善兵衞が山伏に祈祷を依頼した際、憑代となった妻・みきに天理王命(てんりおうのみこと)が降臨。善兵衞が、みきを「神のやしろ」として差し出すことを認める。(天理教の「立教の元一日」)
  • 1860年 - 両シチリア王国を征服したジュゼッペ・ガリバルディがサルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世とテアーノで会談。ガリバルディはエマヌエーレ2世に征服地を献上。(テアーノの握手)
  • 1881年 - 保安官のワイアット・アープとクラントン兄弟らアウトロー「カウボーイズ」がアリゾナ州トゥームストーンのO.K.コラル付近で銃撃戦。(OK牧場の決闘)
  • 1905年 - 同君連合スウェーデン=ノルウェーからのノルウェーの分離独立が承認される。
  • 1909年 - 伊藤博文が哈爾浜で安重根に暗殺される。
  • 1918年 - ドイツの参謀本部次長で第一次世界大戦の戦争指導者であったエーリヒ・ルーデンドルフが、皇帝ヴィルヘルム2世の命により辞職。
  • 1941年 - セントライトが京都農林省賞典四歳呼馬に勝ち、日本競馬史上初の三冠馬となる。
  • 1942年 - 第二次世界大戦・ソロモン諸島の戦い:南太平洋海戦
  • 1947年 - カシミール紛争:カシミール藩王がイスラム教徒住民の反乱への対応のため、インドへの編入を申請し防衛援助を求める。
  • 1947年 - 日本で、日本国憲法制定に伴い改正刑法を公布。不敬罪・姦通罪を廃止。
  • 1948年 - 東富士欽壹が第40代横綱に昇進。
  • 1950年 - 朝鮮戦争: 韓国軍6師団7連隊が慈江道楚山郡で鴨緑江左岸に到達する。(写真)
  • 1951年 - チベット侵攻: 中国陸軍18軍(軍長:張国華)2500名余りがラサに入城する。
  • 1954年 - 山口県吉敷郡大内村仁保(現在・山口市仁保下郷)で一家6人が殺害(仁保事件)、翌年容疑者が逮捕されるが結局冤罪と判明した。
  • 1955年 - オーストリア議会が永世中立を決議。
  • 1955年 - ベトナム共和国(南ベトナム)が成立。ゴ・ディン・ジエムが大統領に就任。
  • 1958年 - ボーイング707がパンアメリカン航空により初飛行。
  • 1963年 - 茨城県東海村の日本原子力研究所の動力試験炉(JPDR)が日本で初めて原子力による発電に成功。
  • 1967年 - イラン皇帝モハンマド・レザー・パフラヴィーが戴冠。
  • 1970年 - 埼玉県志木市が市制施行。
  • 1979年 - 朴正煕が、宴席に同席していた大韓民国中央情報部(KCIA)部長・金載圭によって射殺される。(朴正煕暗殺事件)
  • 1979年 - WHOが、地球上の天然痘根絶を発表
  • 1979年 - TBSテレビで『3年B組金八先生』第1シリーズが放送開始。
  • 1989年 - TBSビデオ問題:オウム真理教関係者がTBSテレビ『3時にあいましょう』のスタッフにオウム真理教を取り上げた番組VTR視聴を要求、プロデューサーの指示でオウム側にVTR視聴を認める。
  • 1983年 - 東京の米軍立川基地跡地に国営昭和記念公園が開園。
  • 1992年 - 日本初の神道専門の博物館「皇學館大学神道博物館」が開館。
  • 1998年 - 横浜ベイスターズが日本シリーズで西武ライオンズを下し38年ぶり2度目の日本一。
  • 1999年 - 桶川ストーカー殺人事件発生。事件前に埼玉県警上尾署に訴えたが対応せず、捜査調書の改竄も判明。
  • 2001年 - 米国愛国者法が発効。
  • 2005年 - 千葉ロッテマリーンズが日本シリーズで阪神タイガースを4戦全勝で下し31年ぶり3度目の日本一に輝く。
  • 2005年 - シカゴ・ホワイトソックスがワールドシリーズでヒューストン・アストロズを4戦全勝で下し88年ぶり3度目のワールドチャンピオンに輝く。
  • 2006年 - 北海道日本ハムファイターズが日本シリーズで中日ドラゴンズを4勝1敗で下し44年ぶり2度目の日本一に輝く。
  • 2008年 - リトアニアで議会選挙の決選投票が行われる。対露協調派の与党が議席数を減らす一方で、強硬派の野党が躍進。
  • 2012年 - マイクロソフトがWindows 8を発売。
  • 2017年 - アメリカ国立公文書記録管理局、1963年に発生したケネディ大統領暗殺事件関連資料の一部を公開

誕生日

  • 1491年(弘治4年9月24日)- 正徳帝、第11代明皇帝(+ 1521年)
  • 1645年 - アールト・デ・ヘルデル、画家(+ 1727年)
  • 1673年 - ディミトリエ・カンテミール、文人、学者(+ 1723年)
  • 1685年 - ドメニコ・スカルラッティ、作曲家(+ 1757年)
  • 1694年 - ユーハン・ヘルミク・ルーマン、作曲家(+ 1758年)
  • 1757年 - カール・レオンハルト・ラインホルト、哲学者(+ 1823年)
  • 1759年 - ジョルジュ・ジャック・ダントン、フランス革命の指導者(+ 1794年)
  • 1794年 - コンスタンチン・トーン、建築家(+ 1881年)
  • 1795年 - ニコラオス・マンザロス、作曲家(+ 1996年)
  • 1797年 - ジュディッタ・パスタ、歌手(+ 1872年)
  • 1800年 - ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ、軍人(+ 1891年)
  • 1802年 - ミゲル1世、ポルトガル王(+ 1866年)
  • 1825年(文政8年9月15日)- 岩倉具視、政治家、明治維新の元勲(+ 1883年)
  • 1842年 - ヴァシーリー・ヴェレシチャーギン、画家(+ 1904年)
  • 1849年 - フェルディナント・ゲオルク・フロベニウ、数学者(+ 1917年)
  • 1850年 - 中川謙二郎、教育家(+ 1928年)
  • 1853年(嘉永6年9月24日)- 徳川昭武、第11代水戸藩主(+ 1910年)
  • 1855年(安政2年9月16日)- 小村壽太郎、外務大臣(+ 1911年)
  • 1859年 - アルトゥール・フリードハイム、音楽家(+ 1932年)
  • 1859年 - フランク・セレー、メジャーリーグ監督(+ 1909年)
  • 1865年 - ベンジャミン・グッゲンハイム、実業家(+ 1912年)
  • 1869年 - ワシントン・ルイス、第13代ブラジル連邦共和国大統領(+ 1957年)
  • 1870年(明治3年10月2日)- 加藤寛治、日本海軍の連合艦隊司令長官・軍令部長(+ 1939年)
  • 1874年 - マーチン・ローリー、化学者(+ 1936年)
  • 1880年 - アンドレイ・ベールイ、作家・詩人(+ 1934年)
  • 1883年 - ナポレオン・ヒル、作家・哲学者(+ 1958年)
  • 1883年 - ポール・ピルグリム、陸上選手(+ 1958年)
  • 1888年 - ネストル・マフノ、革命家(+ 1934年)
  • 1902年 - カール・シャウプ、経済学者(+ 2000年)
  • 1902年 - ジャック・シャーキー、ボクサー(+ 1994年)
  • 1906年 - プリモ・カルネラ、ボクサー(+ 1994年)
  • 1908年 - 松田道雄、医師・育児評論家(+ 1998年)
  • 1911年 - ソーリー・マクリーン、詩人(+ 1996年)
  • 1912年 - ドン・シーゲル、映画監督(+ 1991年)
  • 1913年 - 織田作之助、作家(+ 1947年)
  • 1914年 - ジャッキー・クーガン、俳優(+ 1984年)
  • 1915年 - ジョー・フライ、レーサー(+ 1950年)
  • 1916年 - フランソワ・ミッテラン、第4代フランス大統領(+ 1996年)
  • 1916年 - 渡久地政信、作曲家(+ 1998年)
  • 1919年 - モハンマド・レザー・パフラヴィー、イラン・パフラヴィー朝第2代国王(+ 1980年)
  • 1919年 - 篠原三代平、経済学者(+ 2012年)
  • 1922年 - 岩崎京子、児童文学者
  • 1923年 - 下社邦男、元プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1924年 - ヨハンナ・マルツィ、ヴァイオリニスト(+ 1979年)
  • 1924年 - 小泉淳作、日本画家、陶芸家(+ 2012年)
  • 1926年 - 滝田政治、元プロ野球選手
  • 1931年 - 山田重雄、バレーボール元日本代表監督(+ 1998年)
  • 1934年 - ジャック・ルーシェ、ピアニスト、作曲家
  • 1936年 - シェリー・モリソン、女優
  • 1936年 - ピーター・レイモンド・グラント、生物学者(グラント夫妻)
  • 1938年 - 中野武宣、天文学者
  • 1939年 - 安藤元博、元プロ野球選手(+ 1996年)
  • 1942年 - ボブ・ホスキンス、俳優(+ 2014年)
  • 1943年 - 合月勇、映画監督
  • 1943年 - 常石敬一、学者
  • 1944年 - 山川啓介、作詞家(+ 2017年)
  • 1945年 - 櫻井よしこ、ジャーナリスト
  • 1946年 - 大島隆義、素粒子物理学者
  • 1946年 - パット・セイジャック、テレビ司会者
  • 1946年 - チャック・ウィルソン、タレント
  • 1947年 - 北方謙三、作家
  • 1947年 - ヒラリー・クリントン、政治家
  • 1947年 - イアン・アシュレイ、レーサー
  • 1947年 - 渡辺弘基、元プロ野球選手
  • 1947年 - 小山正、プロ野球選手
  • 1949年 - ジャクリーン・スミス、女優
  • 1949年 - ケビン・サリバン、プロレスラー
  • 1951年 - 根津嘉澄、東武鉄道社長
  • 1951年 - スティーブ・オンティベロス、元プロ野球選手
  • 1951年 - ブーツィー・コリンズ、ミュージシャン
  • 1951年 - ジュリアン・シュナーベル、画家、映画監督
  • 1953年 - 大屋好正、元プロ野球選手
  • 1954年 - 小倉久寛、俳優
  • 1955年 - ステファン・ロビンソン、宇宙飛行士
  • 1955年 - ヤン・ホフマン、フィギュアスケート選手
  • 1956年 - リタ・ウィルソン、女優、映画プロデューサー
  • 1956年 - あいざき進也、歌手、タレント
  • 1957年 - はざまもり、漫画家
  • 1959年 - 朝岡聡、フリーアナウンサー
  • 1959年 - 木村洋二、アナウンサー
  • 1959年 - 久保田篤、タレント、パチンコ評論家
  • 1959年 - 牧野エミ、女優(+ 2012年)
  • 1959年 - エボ・モラレス、第80代ボリビア大統領
  • 1960年 - 関塚隆、サッカー選手、指導者
  • 1961年 - ディラン・マクダーモット、俳優
  • 1962年 - 古谷盛人、元プロ野球選手
  • 1962年 - ケイリー・エルウィス、俳優
  • 1963年 - テッド・デミ、映画監督
  • 1963年 - ナタリー・マーチャント、ミュージシャン
  • 1964年 - 野村義男、ミュージシャン
  • 1964年 - 渡辺敦子、ミュージシャン(元プリンセス・プリンセス)
  • 1964年 - 山口憲一、ミュージシャン(wface、元MAGIC)
  • 1964年 - トム・カバナー、俳優
  • 1965年 - 大澄賢也、ダンサー・タレント
  • 1965年 - 岡田浩暉、ミュージシャン、俳優
  • 1965年 - 若林亜紀、作家
  • 1965年 - ケリー・ローワン、女優
  • 1966年 - 船守さちこ、元札幌テレビ放送アナウンサー、音楽評論家
  • 1966年 - 谷本龍哉、政治家
  • 1966年 - スティーヴ・ヴァレンタイン、俳優
  • 1967年 - キース・アーバン、歌手
  • 1968年 - 井森美幸、タレント
  • 1968年 - スコット・ライディ、元プロ野球選手
  • 1969年 - 諏訪哲史、小説家
  • 1969年 - Sammy、歌手
  • 1970年 - 原田龍二、俳優
  • 1971年 - 千秋、タレント
  • 1971年 - リトル清原、タレント
  • 1971年 - 佐々木収、ミュージシャン(MOON CHILD)
  • 1971年 - 関口伊織、元プロ野球選手
  • 1972年 - マツコ・デラックス、コラムニスト・タレント
  • 1973年 - TAKAみちのく、プロレスラー
  • 1973年 - 鷲崎健、ミュージシャン
  • 1973年 - セス・マクファーレン、アニメーター
  • 1974年 - 加藤歩、お笑い芸人(ザブングル)
  • 1974年 - LISA、元m-floメンバー、ミュージシャン
  • 1974年 - ラヴィーナ・タンドン、女優
  • 1975年 - 小西寛子、声優、女優
  • 1975年 - 橋本優子、ファッションモデル
  • 1976年 - ジェレミー・ウォザースプーン、スピードスケート選手
  • 1977年 - MICRO、ミュージシャン(HOME MADE 家族)
  • 1977年 - ジョン・ヘダー、俳優
  • 1978年 - CMパンク、プロレスラー
  • 1979年 - 堀之内聖、元サッカー選手(モンテディオ山形)
  • 1979年 - モフサル・バラエフ、テロリスト(+ 2002年)
  • 1980年 - クリスティアン・キヴ、サッカー選手
  • 1980年 - 一柳亜矢子、日本放送協会アナウンサー
  • 1981年 - ミッカ・キプルソフ、アイスホッケー選手
  • 1981年 - ガイ・セバスチャン、歌手
  • 1982年 - 斉藤慎二、お笑い芸人(ジャングルポケット)
  • 1982年 - 中澤聡太、サッカー選手(セレッソ大阪)
  • 1982年 - アダム・キャロル、レーサー
  • 1982年 - 小笠真紀、ヨガインストラクター、元ミュージカル俳優
  • 1983年 - 黒岩悠、騎手(JRA)
  • 1983年 - 吉原寛人、騎手(金沢)
  • 1983年 - 清水昭信、プロ野球選手
  • 1983年 - フランシスコ・リリアーノ、メジャーリーガー
  • 1983年 - ドミトリ・シチェフ、サッカー選手
  • 1984年 - 吉野ももみ、タレント
  • 1984年 - サーシャ・コーエン、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - ジェフェルソン・ファルファン、サッカー選手
  • 1984年 - アドリアーノ・コレイア、サッカー選手
  • 1984年 - 矢野大輔、元サッカー選手(ロアッソ熊本)
  • 1985年 - モンタ・エリス、バスケットボール選手
  • 1985年 - アンドレア・バルニャーニ、バスケットボール選手
  • 1986年 - 太田エイミー、タレント
  • 1986年 - ダミャン・オストイッチ、フィギュアスケート選手
  • 1986年 - ウーヴェ・ゲンスハイマー、ハンドボール選手
  • 1987年 - 今井メロ、スノーボード選手
  • 1987年 - エリエーサー・ナバーロ、マイナーリーガー
  • 1987年 - アンデルソン・パトリック・アグウイアル・オリベイラ、サッカー選手(ガンバ大阪)
  • 1991年 - 渡部秀、俳優
  • 1991年 - 飯田里穂、タレント、声優
  • 1991年 - ドミニク・レオン、メジャーリーガー
  • 1992年 - 堀田茜、ファッションモデル
  • 1992年 - 星島沙也加、(モデル)
  • 1992年 - ドワイト・スミス・ジュニア、メジャーリーガー
  • 1993年 - 釜田佳直、プロ野球選手
  • 1994年 - 逢坂南、タレント
  • 1995年 - 袁琦琦、陸上競技選手

忌日

  • 899年 - アルフレッド大王、ウェセックス王(* 849年)
  • 1440年 - ジル・ド・レイ、フランスの貴族(* 1404年)
  • 1576年 - フリードリヒ3世、プファルツ選帝侯(* 1515年)
  • 1633年(寛永10年9月24日)- 堀尾忠晴、松江藩主(* 1596年)
  • 1643年(寛永20年9月14日)- 春日局、徳川家光の乳母(* 1579年)
  • 1764年 - ウィリアム・ホガース、画家(* 1697年)
  • 1864年(元治元年9月26日)- 周布政之助、長州藩士(* 1823年)
  • 1871年 - トマス・ユーイング、第14代アメリカ合衆国財務長官、初代アメリカ合衆国内務長官(* 1789年)
  • 1874年 - ペーター・コルネリウス、作曲家(* 1824年)
  • 1890年 - カルロ・コッローディ、小説家(* 1826年)
  • 1908年 - 榎本武揚、政治家・幕臣(* 1836年)
  • 1909年 - 伊藤博文、第1・5・7・10代首相・初代韓国統監(* 1841年)
  • 1919年 - 明石元二郎、第7代台湾総督、日露戦争時のロシア革命支援工作で有名な陸軍軍人(* 1864年)
  • 1927年 - 八木重吉、詩人(* 1898年)
  • 1931年 - チャールズ・コミスキー、シカゴ・ホワイトソックスオーナー(* 1859年)
  • 1937年 - 上田萬年、国語学者(* 1867年)
  • 1943年 - オーレル・スタイン、探検家(* 1862年)
  • 1944年 - ベアトリス、ヴィクトリア英女王の五女(* 1857年)
  • 1944年 - 天川清三郎、プロ野球選手(* 1919年)
  • 1945年 - ポール・ペリオ、探検家(* 1878年)
  • 1949年 - 林家正蔵(7代目)、落語家(* 1894年)
  • 1952年 - ハティ・マクダニエル、女優(* 1895年)
  • 1956年 - ヴァルター・ギーゼキング、ピアニスト(* 1895年)
  • 1957年 - ニコス・カザンザキス、作家(* 1883年)
  • 1957年 - ゲルティー・コリ、生化学者(* 1896年)
  • 1972年 - イーゴリ・シコールスキイ、航空機技術者、シコルスキー・エアクラフト創業者(* 1889年)
  • 1977年 - 岡田源三郎、元プロ野球監督(* 1896年)
  • 1979年 - 朴正煕、第5 - 9代韓国大統領(* 1917年)
  • 1980年 - 中河幹子、国文学者、歌人(* 1895年)
  • 1981年 - 伴淳三郎、コメディアン(* 1908年)
  • 1982年 - 灰田勝彦、歌手、俳優(* 1911年)
  • 1983年 - アルフレト・タルスキ、数学者、論理学者(* 1901年)
  • 1985年 - 宝井馬琴(5代目)、講談師(* 1903年)
  • 1986年 - ジャクソン・ショルツ、陸上競技選手(* 1897年)
  • 1986年 - 富樫淳、元プロ野球選手(* 1924年)
  • 1989年 - チャールズ・ペダーセン、化学者(* 1904年)
  • 1989年 - 浦辺粂子、女優(* 1902年)
  • 1992年 - 生原昭宏、アマチュア野球指導者(* 1937年)
  • 1995年 - 松葉昇、元プロ野球選手(* 1922年)
  • 1999年 - ワスゲン・サルキシャン、アルメニア首相(* 1959年)
  • 2002年 - ジャック・マシュウ、フランス陸軍の大将(* 1908年)
  • 2004年 - リカルド・オドノポソフ、ヴァイオリニスト(* 1914年)
  • 2005年 - 吉川元忠、経済学者(* 1934年)
  • 2006年 - 小島信夫、小説家(* 1915年)
  • 2007年 - アレクサンドル・フェクリソフ、ソビエト連邦の諜報員(* 1914年)
  • 2007年 - アーサー・コーンバーグ、生化学者(* 1918年)
  • 2007年 - クン・サ、ミャンマーの軍人、黄金の三角地帯形成者(* 1934年)
  • 2007年 - 藤村雅美、高校野球指導者(* 1950年)
  • 2008年 - 水原一、中世文学者、駒澤大学名誉教授(* 1925年)
  • 2008年 - 中村忠、会計学者、一橋大学名誉教授(* 1930年)
  • 2008年 - 大島武、プロ野球選手(* 1922年)
  • 2010年 - コロムビア・ライト、漫才師、漫談家(* 1927年)
  • 2012年 - 佐藤博、シンガーソングライター、キーボーディスト(* 1947年)
  • 2012年 - 桑名正博、歌手、実業家(* 1953年)
  • 2014年 - 岡崎久彦、元外交官・評論家(* 1930年)
  • 2014年 - 赤瀬川原平、美術家、作家(* 1937年)
  • 2017年 - 篠沢秀夫、学習院大学名誉教授、TBS『クイズダービー』レギュラー解答者(* 1933年)
  • 2010年 - パウル、サッカードイツ代表の国際試合の結果を予言したマダコ(* 2008年)

スピーチ作成 - テーマ「原子力の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-26_原子力の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650