365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月20日「世界難民の日」


 6月20日は「世界難民の日」です。2000年12月4日の国際連合総会の決議により定められました。
 難民とは「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受ける、あるいは迫害を受ける恐れがあるために他国に逃れた人々」と定義されています。
 また今日では、政治的な迫害のほか、武力紛争や人権侵害などを逃れるために、国境を越えて他国に庇護を求めた人々を指します。


 日本に住む私にとって、難民はメディアの中だけで見る存在です。しかし、世界には非常に多くの難民がいます。

 生まれた場所や、育った場所によって、運命が大きく分岐する。そうした不幸は、人類からなくなって欲しいです。

 世界の難民の数は6500万人を超えています。アジアが最も多く、シリアやアフガニスタンといった中東地域に特に集中しています。日本では、2017年に難民申請を行った人数が19,623人で、認定されたのは20人でした。

 難民問題は「全て受け入れればよい」というわけではありません。多く受け入れれば、その国の負担になります。おのずと限界もあるでしょう。また、難民が発生しないような環境作りにも、力を入れなければなりません。

 目の前の問題とともに、根本的な問題も解決する。その難しさは、難民問題だけでなく、あらゆるところで存在していると思います。

スピーチ作例 6月20日1
文字数:587文字   想定時間:157
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 「世界難民の日」は、元は、アフリカ統一機構の「アフリカ難民条約」の発効の日でした。アフリカ地域およびアフリカ以外の地域での難民問題の深刻さに注目し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)らの申し出により、「世界難民の日」が制定されることになりました。
 世界には、日本の人口の約半数に当たる6,530万人が故郷を追われています。シリアや南スーダンなど新たな危機の頻発や人道問題の長期化により、近年、難民となる人は増えています。たとえば、紛争勃発から6年目になるシリアは、国民の約25%である549万人が国外に逃れました。1978年に始まった紛争でイランに逃れたアフガニスタン難民の避難生活は、30年以上に及びます。
 国連は、解決の方法として3つの提言をしていますが、それらの限界も指摘されています。
 1つ目は「平和になった母国へ帰ること」です。しかし、紛争や人権侵害の根を断つことは簡単ではありません。さらに、平和と秩序が回復された後も、国として必要な機能やインフラが整備されるようになるまで相当な時間が必要です。
 2つ目は、「一時的に避難した周辺国での定住」です。しかし、周辺国だけで受け入れるには限界があります。
 最後は「別の国での定住」で、一般的には「第三国定住」と言われています。

記念日・年中行事

  • 世界難民の日(世界)
    2000年12月4日、国際連合総会で、1974年にアフリカ統一機構難民条約が発効したことによる「アフリカ難民の日」を改称した。
  • 戦没者追悼記念日(エリトリア)
  • ペパーミントの日(日本)
    ハッカが特産品の北海道北見市まちづくり研究会が1987年に制定。「はっか(20日)」の語呂合せ。6月は、この月の北海道の爽やかさがハッカそのものであるとのことから。
  • 健康住宅の日(日本)
    健康住宅推進協議会(現在の日本健康住宅協会)が制定。

歴史

  • 451年 - カタラウヌムの戦い。アッティラ率いるフン族と西欧諸民族連合軍の会戦。
  • 686年(天武天皇15年5月24日)- 天武天皇重態。川原寺で薬師経を説かせ、僧を宮中に安居。
  • 1180年(治承4年5月26日)- 以仁王の挙兵: 宇治平等院の戦いで源頼政と以仁王が敗死。
  • 1333年(元弘3年/正慶2年5月8日)- 新田義貞が上野国で北条氏討伐の旗揚げ。
  • 1602年(慶長7年5月1日)- 徳川家康が諸大名に二条城造営を命じる。
  • 1703年(元禄16年5月7日)- 大坂・竹本座で近松門左衛門作の人形浄瑠璃『曽根崎心中』が初演。
  • 1782年 - アメリカ合衆国議会がグレートシール(国璽)を決定。
  • 1789年 - 球戯場の誓い(テニスコートの誓い)。フランスで、第三身分議員らが議事堂内のテニスコートで憲法制定までの不解散を誓う。
  • 1791年 - フランス革命: ルイ16世一家がオーストリアへの逃亡を企てる。(ヴァレンヌ事件)
  • 1810年 - スウェーデン貴族で、マリー・アントワネットの愛人であったフェルセンが民衆により惨殺される。
  • 1819年 - アメリカの蒸気船「サヴァンナ」が、世界初の蒸気船による大西洋横断を経てイギリス・リバプールに到着。
  • 1837年 - イギリスでヴィクトリアが国王に即位。
  • 1862年 - ルーマニアの首相ラスカル・カタルジュが暗殺される。
  • 1863年 - バージニア州から分離したウェストバージニアが州に昇格し、アメリカ合衆国35番目の州となる。
  • 1887年 - 二葉亭四迷の長篇小説『浮雲』の第一篇が刊行。初の言文一致体小説。
  • 1893年 - 父と継母の殺害容疑で起訴されていたリジー・ボーデンに無罪判決。
  • 1894年 - 明治東京地震。
  • 1927年 - 日本・アメリカ合衆国・イギリスの3か国によるジュネーブ海軍軍縮会議が始まる。8月4日まで。
  • 1931年 - ハーバート・フーヴァー米大統領が、ドイツの第一次大戦賠償金の支払いを1年間猶予することを宣言。(フーヴァーモラトリアム)
  • 1935年 - 富士通の前身である富士通信機製造株式会社が設立される。
  • 1939年 - ドイツのHe 176が初飛行。世界初の有人ロケット機となる。
  • 1948年 - アメリカCBSでバラエティ番組『トースト・オブ・ザ・タウン』(後の『エド・サリヴァン・ショー』)が放送開始。
  • 1949年 - 鹿児島県鹿児島市にデラ台風が上陸。死者行方不明者468人。
  • 1954年 - 三重県尾鷲市が市制施行。
  • 1954年 - 名古屋テレビ塔が開業。
  • 1960年 - マリ連邦(現在のマリとセネガル)がフランスから独立。
  • 1963年 - 米ソ間にホットラインを開設する協定に調印。
  • 1963年 - 観光基本法公布。
  • 1968年 - 全米陸上選手権の男子100m競走で、ジム・ハインズ、ロニー・レイ・スミス、チャールズ・エドワード・グリーンが手動計時により9秒9を記録。初めて10秒の壁を破る。
  • 1968年 - 東大紛争: 東京大学の法学部以外の9学部の学生が一斉に1日ストライキ。
  • 1969年 - ジョルジュ・ポンピドゥがフランス大統領に就任。
  • 1973年 - 東京・渋谷のNHKホールが開館。
  • 1988年 - 牛肉・オレンジ輸入自由化の日米貿易交渉で1991年からの輸入枠撤廃が決定。
  • 1990年 - 小惑星「エウレカ」を発見。火星のトロヤ群で初めて発見された小惑星。
  • 1991年 - ドイツ連邦議会が、首都をボンからベルリンに戻すことを決定。
  • 1991年 - 東北新幹線の上野駅 - 東京駅間が開業。
  • 2001年 - パルヴェーズ・ムシャラフがパキスタン大統領に就任。
  • 2003年 - 福岡一家4人殺害事件発生。中国人3人らによる犯行。
  • 2003年 - ウィキメディア財団がフロリダ州セントピーターズバーグに設立。
  • 2004年 - F1アメリカGPで佐藤琢磨が日本人最高位タイの3位。日本人がF1の表彰台に上るのは2人目。
  • 2005年 - シンガポールで第1回「アジア・中東対話」(AMED)が開催。6月22日まで。
  • 2012年 - WBC世界ミニマム級王者井岡一翔と、WBA世界ミニマム級王者八重樫東の間で、日本人同士による初の世界王座統一戦が行われる。

誕生日

  • 1469年 - ジャン・ガレアッツォ・スフォルツァ、ミラノ公(+ 1494年)
  • 1566年 - ジグムント3世、ポーランド王(+ 1632年)
  • 1634年 - カルロ・エマヌエーレ2世、サヴォイア公(+ 1675年)
  • 1647年 - ヨハン・ゲオルク3世、ザクセン選帝侯(+ 1691年)
  • 1726年 - ルイーズ・アンリエット・ド・ブルボン=コンティ、オルレアン公ルイ・フィリップ1世の妃(+ 1759年)
  • 1737年(天文2年5月22日)- 徳川家治、江戸幕府第10代将軍(+ 1786年)
  • 1819年 - ジャック・オッフェンバック、作曲家(+ 1880年)
  • 1833年 - レオン・ボナ、画家(+ 1922年)
  • 1849年(嘉永2年5月1日)- 上村彦之丞、日本海軍軍人、大将(+ 1916年)
  • 1861年 - フレデリック・ホプキンズ、生化学者(+ 1947年)
  • 1875年 - オテニオ・アーベル、古生物学者(+ 1946年)
  • 1887年 - クルト・シュヴィッタース、芸術家、画家(+ 1948年)
  • 1892年 - 式守伊之助(16代)、大相撲立行司(+ 1948年)
  • 1894年 - 竹鶴政孝、ニッカウヰスキー創業者、実業家(+ 1979年)
  • 1895年 - 菅野和太郎、政治家(+ 1976年)
  • 1899年 - ジャン・ムーラン、政治家、レジスタンス運動の指導者(+ 1943年)
  • 1901年 - 丸木位里、日本画家(+ 1995年)
  • 1903年 - レオ・ブルース、推理作家(+ 1979年)
  • 1904年 - フランシス・ペティジョン、地質学者(+ 1999年)
  • 1905年 - リリアン・ヘルマン、劇作家、脚本家(+ 1984年)
  • 1908年 - 黒柳守綱、ヴァイオリニスト(+ 1983年)
  • 1909年 - エロール・フリン、俳優(+ 1959年)
  • 1909年 - 吉岡隆徳、陸上短距離選手(+ 1984年)
  • 1913年 - リリアン・J・ブラウン、推理作家(+ 2011年)
  • 1914年 - 島本虎三、政治家(+ 1989年)
  • 1915年 - テレンス・ヤング、映画監督(+ 1994年)
  • 1915年 - ポール・カステラーノ、マフィアガンビーノ一家のボス(+ 1985年)
  • 1917年 - 奈良友夫、プロ野球選手
  • 1918年 - 松尾幸造、プロ野球選手
  • 1920年 - ハンス・ゲルシュビラー、フィギュアスケート選手
  • 1921年 - 三ヶ月章、法務大臣、法学者(+ 2010年)
  • 1923年 - 広島清美、プロ野球選手
  • 1924年 - ライナー・バルツェル、政治家(+ 2006年)
  • 1924年 - チェット・アトキンス、ギタリスト(+ 2001年)
  • 1928年 - エリック・ドルフィー、ジャズミュージシャン(+ 1964年)
  • 1929年 - ショパン猪狩、コメディアン(東京コミックショウ)(+ 2005年)
  • 1930年 - 近藤元次、政治家(+ 1994年)
  • 1930年 - 橋本嘉幸、薬学者(+ 2008年)
  • 1931年 - オリンピア・デュカキス、女優
  • 1931年 - マーティン・ランドー、俳優
  • 1931年 - 岡田功、プロ野球選手、プロ野球審判員
  • 1931年 - 芹川有吾、アニメーション演出家、脚本家、映画監督(+ 2000年)
  • 1931年 - ジェームズ・トールカン、俳優
  • 1932年 - 勝目梓、小説家
  • 1932年 - 田中一朗、プロ野球選手
  • 1934年 - 川田順造、文化人類学者
  • 1934年 - リウス、イラストレーター、漫画家
  • 1935年 - 田中収、映画プロデューサー
  • 1935年 - 日置達郎、札幌かに本家社長
  • 1938年 - ミッキー・モスト、音楽プロデューサー(+ 2003年)
  • 1938年 - 斎藤達雄、プロ野球選手
  • 1939年 - 鈴木忠志、劇作家、演出家
  • 1939年 - 井出正一、第83代厚生大臣
  • 1940年 - 上田馬之助、プロレスラー(+ 2011年)
  • 1940年 - 斎藤惇夫、児童文学作家
  • 1941年 - 石坂浩二、俳優
  • 1942年 - ブライアン・ウィルソン、ミュージシャン
  • 1942年 - 大麒麟將能、元大相撲力士、元押尾川親方
  • 1942年 - ダン・スペルベル、人類学者、言語学者、認知科学者
  • 1943年 - 上村雅之、ハードウェア開発者
  • 1945年 - 橘家二三蔵、落語家
  • 1945年 - アン・マレー、歌手
  • 1946年 - シャナナ・グスマン、東ティモールの初代大統領
  • 1949年 - ライオネル・リッチー、ミュージシャン
  • 1949年 - 荒勢永英、大相撲力士、タレント(+ 2008年)
  • 1950年 - ヌーリー・マーリキー、イラク首相
  • 1952年 - 中村誠、空手家
  • 1952年 - ベニー・ユキーデ、全米プロ空手選手
  • 1952年 - ゼンジー・一億、マジシャン
  • 1952年 - ジョン・グッドマン、俳優
  • 1953年 - 純アリス、女優
  • 1953年 - ウルリッヒ・ミューエ、俳優(+ 2007年)
  • 1953年 - ラウル・ラミレス、テニス選手
  • 1953年 - 谷博、プロ野球審判員
  • 1954年 - 青木実、プロ野球選手
  • 1954年 - マイケル・アンソニー、ミュージシャン(ヴァン・ヘイレン)
  • 1955年 - 平野謙、プロ野球選手
  • 1955年 - 安部龍太郎、小説家
  • 1956年 - 趙治勲、囲碁棋士
  • 1956年 - 土居正史、プロ野球選手
  • 1957年 - ココ・B・ウェア、プロレスラー
  • 1958年 - 橋本敬司、元プロ野球選手
  • 1958年 - ディッキー・ソン、元メジャーリーガー
  • 1960年 - ジョン・テイラー、ミュージシャン(デュラン・デュラン)
  • 1960年 - 花田裕之、ミュージシャン
  • 1963年 - 逢坂浩司、アニメーター、キャラクターデザイナー(+ 2007年)
  • 1963年 - 浜田一夫、プロ野球選手
  • 1963年 - 宮路一昭、ギタリスト、作曲家、編曲家、プロデューサー
  • 1965年 - 河合その子、タレント
  • 1966年 - 大坪千夏、アナウンサー
  • 1967年 - ニコール・キッドマン、女優
  • 1968年 - 鷺沢萠、作家(+ 2004年)
  • 1968年 - ロバート・ロドリゲス、映画監督
  • 1969年 - マラビーヤ・ワシントン、テニス選手
  • 1969年 - 岩崎達也、空手家
  • 1970年 - パンドラ、歌手
  • 1971年 - 田吹昭博、プロ野球選手
  • 1972年 - 岡崎淳二、野球選手
  • 1972年 - フアン・カストロ、メジャーリーガー
  • 1973年 - チノ・モレノ、ミュージシャン(デフトーンズ)
  • 1974年 - 黒木純司、プロ野球選手
  • 1975年 - 酒井一圭、俳優
  • 1976年 - 稲垣理一郎、漫画家、漫画原作者
  • 1976年 - ジュリアーノ・ベレッチ、サッカー選手
  • 1976年 - カルロス・リー、元メジャーリーガー
  • 1977年 - 小林泉美、女流囲碁棋士
  • 1977年 - 辻田摂、プロ野球選手
  • 1977年 - 末広五大、プロ野球選手
  • 1978年 - 尚玄、ファッションモデル、俳優
  • 1978年 - ケビン・グレッグ、メジャーリーガー
  • 1978年 - フランク・ランパード、サッカー選手
  • 1978年 - クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン、総合格闘家
  • 1979年 - 岩水嘉孝、陸上選手
  • 1979年 - 本山雅志、サッカー選手
  • 1979年 - カエル・サンダーソン、アマチュアレスリング選手
  • 1979年 - シドニー・ボーゲル、フィギュアスケート選手
  • 1980年 - ユリエスキ・ゴンサレス、野球選手
  • 1980年 - 文田大介、お笑い芸人(囲碁将棋)
  • 1980年 - 鈴木章太、プロ野球審判員
  • 1981年 - 山田麻衣子、女優
  • 1981年 - 飯作あゆり、元新体操選手
  • 1981年 - 竹内沙帆、歌手
  • 1982年 - アレクセイ・ベレズツキ、サッカー選手
  • 1982年 - ヴァシリ・ベレズツキ、サッカー選手
  • 1983年 - 三上真史、俳優
  • 1983年 - ケンドリス・モラレス、メジャーリーガー
  • 1983年 - ヒライハルキ、ミュージシャン
  • 1983年 - 岡崎太一、プロ野球選手
  • 1983年 - 佐藤吉宏、元プロ野球選手
  • 1983年 - 花田有衣、バスケットボール選手
  • 1984年 - 鬼龍院翔、ゴールデンボンバー
  • 1985年 - 相武紗季、女優、タレント
  • 1985年 - ブルックス・ブラウン、メジャーリーガー
  • 1985年 - 鄭智媛、アナウンサー
  • 1985年 - 佐藤誠太、アナウンサー
  • 1986年 - 宇賀なつみ、アナウンサー
  • 1986年 - 富田晋伍、サッカー選手
  • 1987年 - 齊藤悠葵、元プロ野球選手
  • 1987年 - 比屋根渉、プロ野球選手
  • 1987年 - アスミル・ベゴヴィッチ、サッカー選手
  • 1987年 - マリエ、ファッションモデル、タレント
  • 1987年 - 河賢貞、放送人
  • 1988年 - May J.、歌手
  • 1989年 - 滝口ミラ、タレント、アイドル(元アイドリング!!!5号)
  • 1989年 - 寺田龍平、野球選手
  • 1989年 - 富永一、プロ野球選手
  • 1989年 - ハビエル・パストーレ、サッカー選手
  • 1990年 - 東浜巨、プロ野球選手
  • 1990年 - 染谷早紀、ミュージカル俳優
  • 1991年 - 鈴木昂平、プロ野球選手
  • 1992年 - 渡辺梨夏子、モデル
  • 1992年 - 内野泰輔、アナウンサー
  • 1993年 - ジャンナ・プガチャ、フィギュアスケート選手
  • 1993年 - 平田雄也、俳優
  • 1994年 - 鮎川穂乃果、モデル、タレント、女優
  • 1994年 - 山形純菜、アナウンサー
  • 1997年 - 藍、アイドル
  • 1997年 - 吉田凌、プロ野球選手
  • 1997年 - 椎橋慧也、サッカー選手
  • 1999年 - 水野由結、アイドル(元さくら学院・BABYMETAL)
  • 2000年 - 内村莉彩、アイドル(SUPER☆GiRLS)

忌日

  • 840年 - ルートヴィヒ1世、フランク王(* 778年)
  • 1180年(治承4年5月26日)- 源頼政、武将、歌人(* 1104年)
  • 1180年(治承4年5月26日)- 以仁王、平安時代の皇族(* 1151年)
  • 1186年(文治2年6月2日)- 平頼盛、武将(* 1131年)
  • 1512年(永正9年5月7日)- 後藤祐乗、装剣金工(* 1440年)
  • 1560年(永禄3年5月27日)- 足利晴氏、古河公方(* 1508年)
  • 1586年(天正14年5月4日)- 荒木村重、武将(* 1535年)
  • 1810年 - ハンス・アクセル・フォン・フェルセン、スウェーデン貴族(* 1755年)
  • 1818年 - ヘートヴィヒ・エリーザベト、スウェーデン王カール13世の妃(* 1759年)
  • 1827年 - トーマス・ワージントン、第6代オハイオ州知事(* 1773年)
  • 1837年 - ウィリアム4世、イギリス王(* 1765年)
  • 1840年 - ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ、画家(* 1759年)
  • 1866年(慶応2年5月8日)- 市川小團次(4代目)、歌舞伎役者(* 1812年)
  • 1867年(慶応3年5月18日)- 太田資始、江戸幕府老中、掛川藩主(* 1799年)
  • 1869年(明治2年5月11日)- 土方歳三、新選組副長(* 1835年)
  • 1870年 - ジュール・ド・ゴンクール、小説家、美術評論家(* 1830年)
  • 1913年 - 松本重太郎、実業家(* 1844年)
  • 1917年 - ジェームス・クラフツ、化学者(* 1839年)
  • 1922年 - 饗庭篁村、小説家、演劇評論家(* 1855年)
  • 1922年 - ヴィットーリオ・モンティ、作曲家(* 1868年)
  • 1933年 - クララ・ツェトキン、フェミニズム運動家、ドイツ共産党の政治家(* 1857年)
  • 1940年 - ジャン・アラン、オルガニスト、作曲家(* 1911年)
  • 1944年 - 村松長太郎、プロ野球選手(* 1921年)
  • 1945年 - ブルーノ・フランク、小説家、詩人(* 1887年)
  • 1947年 - ベンジャミン・シーゲル、ギャング(* 1906年)
  • 1951年 - トキノミノル、競走馬(* 1948年)
  • 1952年 - ルイジ・ファジオーリ、レーシング・ドライバー(* 1898年)
  • 1953年 - フセボロド・プドフキン、映画監督(* 1893年)
  • 1958年 - クルト・アルダー、化学者(* 1902年)
  • 1959年 - 芦田均、第47代内閣総理大臣(* 1887年)
  • 1964年 - 野村秀雄、第8代NHK会長、朝日新聞社社長(* 1888年)
  • 1966年 - ジョルジュ・ルメートル、カトリック司祭、天文学者(* 1894年)
  • 1968年 - 容国団、卓球選手(* 1937年)
  • 1971年 - 曽我量深、仏教思想家(* 1875年)
  • 1971年 - 市川中車(8代目)、歌舞伎役者(* 1896年)
  • 1977年 - 大熊信行、経済学者(* 1893年)
  • 1978年 - 尾上多賀之丞(3代目)、歌舞伎役者(* 1889年)
  • 1978年 - マーク・ロブソン、映画監督(* 1913年)
  • 1980年 - アラン・ペッタション、作曲家(* 1911年)
  • 1987年 - 嵯峨浩、満州国皇帝溥儀の弟溥傑の妻(* 1914年)
  • 1991年 - 古屋亨、第33代自治大臣(* 1909年)
  • 1992年 - チャールズ・グローヴズ、指揮者(* 1915年)
  • 1993年 - 早瀬日慈、僧侶、大石寺68世日如の父(* 1887年)
  • 1995年 - エミール・シオラン、思想家(* 1911年)
  • 1996年 - ミシェル・ルブラン、推理作家(* 1930年)
  • 1997年 - ジョン・アキ=ブア、陸上競技選手(* 1949年)
  • 2001年 - エルネスト・ブール、指揮者(* 1913年)
  • 2002年 - エルヴィン・シャルガフ、生化学者(* 1905年)
  • 2004年 - 早坂茂三、政治評論家(* 1930年)
  • 2005年 - ジャック・キルビー、電子技術者、集積回路開発者(* 1923年)
  • 2006年 - 河野一之、大蔵省事務次官、実業家(* 1907年)
  • 2006年 - 宗左近、詩人、評論家、フランス文学者、翻訳家(* 1919年)
  • 2007年 - 谷伍平、第2 - 6代北九州市長(* 1916年)
  • 2013年 - ジャン=ルイ・シェレル、ファッションデザイナー(* 1935年)
  • 2014年 - 横山あきお、漫才師、俳優(* 1930年)
  • 2015年 - 貴ノ浪貞博、元大関貴ノ浪(* 1971年)
  • 2016年 - 瀬川昌治、映画監督(* 1925年)
  • 2016年 - 佐々木行、ダークダックスのメンバー(* 1932年)

スピーチ作成 - テーマ「世界難民の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-20_世界難民の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650