365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

8月4日「ビヤホールの日」


 8月4日は「ビヤホールの日」です。1899年のこの日、東京・銀座の新橋際に、「恵比壽(エビス)ビヤホール」が開店しました。
 ビヤホールという名前が使われたのは、ここが初でした。この開店を記念して、サッポロライオンが創業100周年の1999年に、「日本に初めてビヤホールが誕生した記念日」として制定しました。


 ビヤホールは、若い頃に何度か行きました。解放的な気分になって、楽しい場所でした。しかし、一人で行くのには向いていない場所なので、次第に足が遠のきました。

 ビヤホールは、職場の仲間など、複数人で行って楽しむ場所なんだろうなと思いました。

 恵比壽ビヤホールが開店した当時、ビール500mlが10銭で販売されていました。当時は、もりそば1枚、コーヒー1杯が1~2銭、食パンが5~6銭程度でした。

 コーヒーの5倍から10倍ということは、感覚的に5千円ぐらいというかんじでしょうか。けっこうなお値段です。庶民は少し背伸びしないと、手が届かなかったのだろうなと思います。

 そうした高級だったビールも、今では庶民が気軽に飲める物になりました。昔高級だったものを、高級だった頃に思いを馳せて楽しむ。そうした楽しみ方も、あるのではと思います。

スピーチ作例 8月4日1
文字数:528文字   想定時間:145
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 憲法記念日(クック諸島)
  • ブランカ祭の初日(スペイン ビトリア=ガステイス、9日まで)
    ビトリア=ガステイスの守護聖人、聖母ブランカを記念した祝典。
  • ビヤホールの日(日本)
    1899年のこの日、東京・銀座の新橋際に、現存する中では日本で最も古いビアホール「ヱビスビヤホール」が開店した。これを記念して、ヱビスビヤホールの後身である銀座ライオンが制定。
  • 箸の日(日本)
    「は(8)し(4)」の語呂合せでわりばし組合が1975年に制定。東京・千代田区の日枝神社では箸供養祭が行われる。
  • 橋の日(日本)
    「は(8)し(4)」の語呂合せで宮崎県の「橋の日実行委員会」が1986年に制定。また、奈良県十津川村がこの日を「吊り橋の日」としている。

歴史

  • 25年(建武元年6月22日)- 劉秀(光武帝)が漢朝(後漢)を再興。
  • 70年 - エルサレム攻囲戦: ローマ帝国軍がエルサレムの第二神殿を破壊。
  • 367年 - ローマ皇帝ウァレンティニアヌス1世が7歳の息子グラティアヌスを西方の正帝とする。
  • 897年(寛平9年7月3日)- 敦仁親王が宇多天皇から譲位され、醍醐天皇として践祚。
  • 1265年 - 第2次バロン戦争: イーヴシャムの戦い
  • 1578年 - アルカセル・キビールの戦い。ポルトガルがモロッコに敗れ、ポルトガル王セバスティアン1世が戦死。
  • 1590年(天正18年7月5日)- 北条氏直が豊臣秀吉に降伏し、小田原城が開城。小田原征伐完了により秀吉の天下統一が完成。
  • 1639年(寛永16年7月5日)- 第五次鎖国令発布。江戸幕府による貿易管理が完成。
  • 1693年 - 修道士ドン・ペリニヨンが発泡ワインシャンパンを発明。(伝承による日付)
  • 1704年 - スペイン継承戦争: ジブラルタルがイギリスとオランダにより占領される。(ジブラルタルの占領)
  • 1782年 - ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトがコンスタンツェ・ウェーバーと結婚。
  • 1789年 - フランス革命: 国民議会がアンシャン・レジームの廃止を採択。
  • 1790年 - アメリカ沿岸警備隊が設立される。
  • 1844年(弘化元年6月21日)- 水野忠邦が江戸幕府の老中首座に返り咲く。
  • 1892年 - リジー・ボーデンの実父と継母が自宅で殺害されているのが発見される。
  • 1899年 - 博多港が特別輸出港の指定を受けたことにより開港。
  • 1899年 - 日本初の「ビヤホール」が銀座8丁目に開業。
  • 1903年 - ピウス10世がローマ教皇に選出される。
  • 1914年 - 第一次世界大戦: ドイツ帝国がベルギーに宣戦布告。それに対抗してイギリスがドイツ帝国に宣戦布告。アメリカ合衆国は中立を宣言。
  • 1914年 - 金剛型巡洋戦艦の2番艦「比叡」が竣工。
  • 1917年 - 第一次世界大戦: リベリアがドイツ帝国に宣戦布告。
  • 1936年 - ギリシャ王国首相イオアニス・メタクサスが憲法の一時停止を宣言し、メタクサスによる独裁政権八月四日体制を開始。
  • 1936年 - ベルリンオリンピックのサッカー競技で、初出場の日本代表が強豪のスウェーデン代表に勝利(ベルリンの奇跡)。
  • 1944年 - ホロコースト: アムステルダムの隠れ家に潜伏していたアンネ・フランクら8名のユダヤ人がアムステルダム駐留軍保安警察に逮捕される。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: 小磯内閣が「国民総武装」を閣議決定。竹槍訓練などが本格化。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: 初の集団学童疎開列車が上野駅を出発。
  • 1947年 - 日本の最高裁判所が発足。
  • 1954年 - パキスタン政府が「神聖なる大地に祝福あれ」を国歌に制定。
  • 1958年 - アメリカのシングルヒットチャートBillboard Hot 100の発表開始。
  • 1958年 - 桑原武夫率いる京都大学山岳会がカラコルム山脈のチョゴリザ北東峰に初登頂。
  • 1965年 - クック諸島がニュージーランドの自治領となる。
  • 1969年 - TBS系各局で時代劇『水戸黄門』が放送開始。
  • 1972年 - 村雨橋事件。横浜市の飛鳥田一雄市長らが道路に座り込み、横浜港からベトナムに送られる戦車の搬送を阻止。
  • 1975年 - 日本赤軍がマレーシア・クアラルンプールのアメリカ大使館等を占拠。(クアラルンプール事件)
  • 1976年 - 鬼頭史郎京都地裁判事補が三木武夫首相に、検事総長をかたりロッキード事件での指揮権発動を促す偽電話をかける。(ニセ電話事件)
  • 1977年 - アメリカ合衆国エネルギー省設立。発足は同年10月1日。
  • 1978年 - 古賀政男に国民栄誉賞が授与される。
  • 1983年 - イタリアで初の社会党首班のベッティーノ・クラクシ内閣が成立。
  • 1984年 - アフリカのオートボルタ共和国がブルキナファソに改称される。
  • 1993年 - 河野洋平内閣官房長官が河野談話を発表。38年振りの政権交代の5日前。
  • 2005年 - 世界最大のインターネット音楽配信サービスiTunes Music Store(現・iTunes Store)が日本でサービスを開始。
  • 2007年 - アメリカの火星探査機「フェニックス」が打ち上げ。
  • 2011年 - 東海テレビが『ぴーかんテレビ』で岩手米に関する放送事故を起こす(セシウムさん騒動)。これに伴い同番組は打ち切られることになった。

誕生日

  • 1521年 - ウルバヌス7世、ローマ教皇(+ 1590年)
  • 1770年 - フランソワ・エティエンヌ・ケレルマン、軍人(+ 1835年)
  • 1792年 - パーシー・ビッシュ・シェリー、詩人(+ 1822年)
  • 1792年 - ジョン・ビグスビー、医師、地質学者(+ 1881年)
  • 1821年 - ルイ・ヴィトン、かばん職人(+ 1892年)
  • 1805年 - ウィリアム・ローワン・ハミルトン、数学者、物理学者(+ 1865年)
  • 1817年 - フレデリック・セオドア・フリーリングハイゼン、第29代アメリカ合衆国国務長官(+ 1885年)
  • 1823年 - オリヴァー・ハザード・ペリー・スロック・モートン、第14代インディアナ州知事(+ 1877年)
  • 1834年 - ジョン・ヴェン、数学者(+ 1923年)
  • 1840年(天保11年7月7日)- 石井忠亮、政府高官(+ 1901年)
  • 1841年 - ウィリアム・ハドソン、作家、ナチュラリスト、鳥類学者(+ 1922年)
  • 1859年 - クヌート・ハムスン、小説家、1920年ノーベル文学賞受賞者(+ 1952年)
  • 1874年 - シャルル・ルイ・フィリップ、小説家(+ 1909年)
  • 1878年 - 初代桂春団治、落語家(+ 1934年)
  • 1880年 - ヴェルナー・フォン・フリッチュ、軍人(+ 1939年)
  • 1884年 - 浅川伯教、彫刻家、陶磁器研究家(+ 1964年)
  • 1889年 - 新関良三、ドイツ文学者(+ 1979年)
  • 1890年 - ドルフ・ルケ、メジャーリーガー(+ 1957年)
  • 1891年 - 清水良雄、洋画家(+ 1954年)
  • 1900年 - 田島ナビ、19世紀生まれ最後の生き残りだった人物(+ 2018年)
  • 1900年 - エリザベス・ボーズ=ライアン、イギリス王ジョージ6世妃(+ 2002年)
  • 1901年 - ルイ・アームストロング、ジャズ歌手(+ 1971年)
  • 1904年 - ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ、小説家、劇作家(+ 1969年)
  • 1907年 - 荒川秀俊、気象学者(+ 1984年)
  • 1908年 - クルト・アイヒホルン、指揮者(+ 1994年)
  • 1909年 - ソーンダース・マックレーン、数学者(+ 2005年)
  • 1910年 - アニタ・ペイジ、女優(+ 2008年)
  • 1910年 - ウィリアム・シューマン、作曲家(+ 1992年)
  • 1911年 - 糸園和三郎、画家(+ 2001年)
  • 1912年 - ラウル・ワレンバーグ、外交官(+ 1947年?)
  • 1912年 - デイヴィッド・ラクシン、作曲家(+ 1984年)
  • 1917年 - 多々良純、俳優(+ 2006年)
  • 1919年 - 田島義文、俳優(+ 2009年)
  • 1920年 - ヘレン・トーマス、記者(+ 2013年)
  • 1921年 - モーリス・リシャール、アイスホッケー選手(+ 2000年)
  • 1922年 - 石井好子、シャンソン歌手、エッセイスト(+ 2010年)
  • 1929年 - 宮内幸平、声優(+ 1995年)
  • 1931年 - 寺田ヒロオ、漫画家(+ 1992年)
  • 1931年 - 石垣一夫、プロ野球選手(+ 2004年)
  • 1932年 - 澤村田之助(6代目)、歌舞伎役者
  • 1933年 - 青木はるみ、詩人
  • 1937年 - 辻三太郎、声優
  • 1937年 - デビッド・ベッドフォード、作曲家(+ 2011年)
  • 1942年 - 岩本泰英、プロ野球選手
  • 1943年 - 小沢直平、俳優
  • 1943年 - 鎌田豊、プロ野球選手
  • 1947年 - 阪上善秀、政治家
  • 1947年 - 川口博、政治家
  • 1947年 - クラウス・シュルツェ、作曲家
  • 1948年 - 柳家さん喬、落語家
  • 1948年 - 打海文三、小説家(+ 2007年)
  • 1949年 - 今井雄太郎、プロ野球選手、タレント
  • 1949年 - 高岡建治(高岡健二)、俳優
  • 1949年 - 村上忠則、プロ野球選手
  • 1950年 - イストヴァン・ヨニエル、卓球選手
  • 1953年 - 梨田昌孝、プロ野球選手、監督
  • 1953年 - 尾西和夫、プロ野球選手
  • 1955年 - ビリー・ボブ・ソーントン、俳優、映画監督
  • 1955年 - 岩渕美智子、政治学者
  • 1956年 - 阿部渡、俳優
  • 1956年 - 土井美加、声優
  • 1956年 - アラン・パッサール、料理人
  • 1956年 - ハリー・B・ハリス・ジュニア、軍人
  • 1958年 - 江川紹子、ジャーナリスト
  • 1958年 - メアリー・デッカー・スレイニー、陸上競技選手
  • 1959年 - 中内正、実業家
  • 1959年 - ロビン・クロスビー、ギタリスト(RATT)(+ 2002年)
  • 1960年 - ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ、スペイン首相
  • 1960年 - ディーン・マレンコ、プロレスラー
  • 1960年 - 美保純、女優
  • 1960年 - 川又米利、プロ野球選手、野球解説者
  • 1961年 - バラク・オバマ、第44代アメリカ合衆国大統領
  • 1961年 - 杉原徹、ミュージシャン
  • 1962年 - 北沢欣浩、スピードスケート選手
  • 1962年 - ロジャー・クレメンス、メジャーリーガー
  • 1962年 - 広瀬裕、俳優
  • 1962年 - ジョン・ファレル、メジャーリーガー
  • 1963年 - 沢田知可子、歌手
  • 1964年 - B.J.サーホフ、元メジャーリーガー
  • 1965年 - 重由美子、セーリング選手
  • 1965年 - 葉山宏治、作曲家、シンガーソングライター
  • 1965年 - 布川敏和、俳優
  • 1965年 - ドミンゴ・マルティネス、プロ野球選手
  • 1965年 - フレドリック・ラインフェルト、スウェーデン首相
  • 1965年 - デニス・ルヘイン、作家
  • 1966年 - 佐々木健介、プロレスラー
  • 1966年 - 吉田友紀、俳優
  • 1967年 - 吉田ヒロ、タレント
  • 1967年 - 大森剛、元プロ野球選手
  • 1967年 - マイク・マーシュ、陸上競技選手
  • 1968年 - マーカス・シェンケンバーグ、モデル
  • 1969年 - おおひなたごう、漫画家
  • 1969年 - 伊藤葉子、女優
  • 1970年 - 福田記代子、バレーボール選手
  • 1971年 - 檀れい、女優
  • 1971年 - 大根夕佳、歌手
  • 1971年 - 高山健一、プロ野球選手
  • 1971年 - ジェフ・ゴードン、NASCARドライバー
  • 1972年 - チューヤン、グラフィックデザイナー、ラジオパーソナリティ
  • 1972年 - 矢嶋良介、歌手
  • 1972年 - 橋本広喜、元騎手
  • 1972年 - 船津ゆうこ、ラジオパーソナリティ
  • 1973年 - PERIDOTS、シンガーソングライター
  • 1974年 - オオゼキタク、シンガーソングライター
  • 1974年 - 八木真澄、お笑い芸人(サバンナ)
  • 1974年 - 水田わさび、声優
  • 1974年 - 山本美憂、レスラー
  • 1974年 - キリ・ゴンサレス、サッカー選手
  • 1975年 - 鈴木蘭々、歌手、女優
  • 1975年 - 鈴木覚、実業家
  • 1975年 - ファビアーノ・セザル・ビエガス、サッカー選手
  • 1976年 - 福盛和男、プロ野球選手
  • 1976年 - 生天目仁美、声優
  • 1976年 - スコット・ラインブリンク、元メジャーリーガー
  • 1977年 - こはら裕子、漫画家
  • 1977年 - 大和悠河、女優
  • 1977年 - ルイス・ボア・モルテ、サッカー選手
  • 1978年 - 日野聡、声優
  • 1978年 - ミハイル・スチフーニン、フィギュアスケート選手
  • 1981年 - 谷本歩実、柔道選手
  • 1982年 - 内川聖一、プロ野球選手
  • 1982年 - ジョシュ・レニキー、メジャーリーガー
  • 1983年 - マリアナ・コズロワ、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - 寺崎裕香、声優
  • 1984年 - 上野亮、俳優
  • 1984年 - 高野慎平、声優
  • 1985年 - 榊原諒、プロ野球選手
  • 1985年 - 大久保綾乃、女優
  • 1985年 - アントニオ・バレンシア、サッカー選手
  • 1985年 - マーク・ミリガン、サッカー選手
  • 1986年 - アレックス・カステヤーノス、プロ野球選手
  • 1986年 - オレグ・イワノフ、サッカー選手
  • 1987年 - チャン・グンソク、俳優、歌手
  • 1987年 - デビッド・マルティネス、メジャーリーガー
  • 1987年 - 山崎夕貴、アナウンサー
  • 1987年 - フィリップ・ヤングハズバンド、サッカー選手
  • 1987年 - 蕨野友也、俳優
  • 1989年 - 森田一成、プロ野球選手
  • 1989年 - 河井陽介、サッカー選手
  • 1989年 - 大野和成、サッカー選手
  • 1989年 - 小野ゆり子、女優
  • 1990年 - 高島祥平、プロ野球選手
  • 1991年 - 鈴木世奈、アイスホッケー選手
  • 1992年 - ディラン&コール・スプラウス、俳優
  • 1992年 - ドミンゴ・ヘルマン、プロ野球選手
  • 1993年 - 立原勇武、俳優
  • 1993年 - 白濱亜嵐、パフォーマー、俳優(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
  • 1993年 - 西浜幹紘、プロ野球選手
  • 1994年 - 福田麻由子、女優
  • 1994年 - 濱田達郎、プロ野球選手
  • 1995年 - 糟谷健二、俳優
  • 1996年 - 倉田瑠夏、アイドル(アイドリング!!!22号)
  • 1998年 - 細川成也、プロ野球選手
  • 2001年 - 加藤清史郎、俳優

忌日

  • 1060年 - アンリ1世、フランス王(* 1008年)
  • 1106年(嘉承元年7月4日)- 源義家、河内源氏の棟梁(* 1039年)
  • 1265年 - シモン・ド・モンフォール、イングランド初の議会を召集した人物(* 1208年)
  • 1306年 - ヴァーツラフ3世、ハンガリー・ボヘミア・ポーランド王(* 1289年)
  • 1378年 - ガレアッツォ2世・ヴィスコンティ、ミラノの僭主(* 1321年)
  • 1525年 - アンドレア・デッラ・ロッビア、彫刻家(* 1435年)
  • 1526年 - フアン・セバスティアン・エルカーノ、探検家(* 1486年)
  • 1578年 - セバスティアン1世、ポルトガル王(* 1554年)
  • 1598年 - 初代バーリー男爵ウィリアム・セシル、イングランドの宰相(* 1520年)
  • 1639年 - フアン・ルイス・デ・アラルコン、劇作家(* 1581年?)
  • 1699年 - マリー・ゾフィー・フォン・デア・プファルツ、ポルトガル王ペドロ2世の妃(* 1666年)
  • 1705年(宝永2年6月15日)- 北村季吟、歌人、俳人(* 1624年)
  • 1715年(正徳5年7月6日)- 稲生若水、医学者、本草学者(* 1655年)
  • 1753年 - ゴットフリート・ジルバーマン、オルガン製作者(* 1683年)
  • 1793年(寛政5年6月28日)- 高山彦九郎、江戸時代後期の尊皇思想家(* 1747年)
  • 1821年 - ウィリアム・フロイド、アメリカ独立宣言署名者(* 1734年)
  • 1857年 - ジェイムズ・コクラン・ドビン、第22代アメリカ合衆国海軍長官(* 1814年)
  • 1873年 - ヴィクトル・ハルトマン、画家(* 1834年)
  • 1874年 - ルートヴィヒ・オットー・ヘッセ、数学者(* 1811年)
  • 1875年 - ハンス・クリスチャン・アンデルセン、童話作家(* 1805年)
  • 1897年 - 後藤象二郎、土佐藩士、伯爵(* 1838年)
  • 1900年 - ジェイコブ・ドルソン・コックス、第10代アメリカ合衆国内務長官(* 1828年)
  • 1900年 - イサーク・レヴィタン、画家(* 1860年)
  • 1905年 - ヴァルター・フレミング、医学者(* 1843年)
  • 1919年 - フェルディナント・ティエリオ、作曲家(* 1838年)
  • 1922年 - エンヴェル・パシャ、青年トルコ人革命の指導者(* 1881年)
  • 1928年 - ウィリアム・インブリー、宣教師(* 1845年)
  • 1930年 - ジークフリート・ヴァーグナー、作曲家、指揮者、バイロイト音楽祭芸術監督(* 1869年)
  • 1942年 - アルベルト・フランケッティ、作曲家(* 1860年)
  • 1965年 - 佐々木惣一、法学者(* 1878年)
  • 1971年 - 陸奥明、作曲家(* 1895年)
  • 1975年 - 南里文雄、トランペット奏者(* 1910年)
  • 1977年 - エルンスト・ブロッホ、哲学者(* 1885年)
  • 1984年 - 中村梅吉、政治家、第57代衆議院議長(* 1901年)
  • 1988年 - 土光敏夫、エンジニア、実業家、経団連会長(* 1896年)
  • 1988年 - 木下繁、彫刻家(* 1908年)
  • 1991年 - エフゲニー・F・ドラグノフ、銃器設計者(* 1920年)
  • 1992年 - 松本清張、小説家(* 1909年)
  • 1993年 - ケニー・ドリュー、ジャズピアニスト(* 1928年)
  • 1995年 - 島方金則、プロ野球選手(* 1918年)
  • 1996年 - 渥美清、俳優(* 1928年)
  • 1997年 - ジャンヌ・カルマン、世界最高齢記録をもつ女性(* 1875年)
  • 2003年 - フレデリック・チャップマン・ロビンス、医学者(* 1916年)
  • 2004年 - 渡辺文雄、俳優(* 1929年)
  • 2006年 - 武内亨、俳優(* 1927年)
  • 2006年 - 浅野梅若、三味線名人位(* 1911年)
  • 2007年 - ラウル・ヒルバーグ、歴史家(* 1926年)
  • 2008年 - 河井英里、シンガーソングライター(* 1965年)
  • 2010年 - 小室康彦、政治家、福島県中島村第7代村長(* 1935年)
  • 2011年 - 松田直樹、サッカー選手(* 1977年)
  • 2015年 - 菅原やすのり、歌手(* 1945年)
  • 2016年 - 松尾敏男、日本画家(* 1926年)

スピーチ作成 - テーマ「ビヤホールの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 08-04_ビヤホールの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650