365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月24日「劇画の日」


 7月24日は「劇画の日」です。1964年のこの日、青林堂が劇画雑誌「ガロ」を創刊しました。
 「ガロ」には、白木三平の「カムイ伝」をはじめ、水木しげるの「鬼太郎夜話」、つげ義春の「ねじ式」など、前衛的なマンガが掲載され、大学生や大人にも読まれるマンガ雑誌のブームの拠点となりました。


 「ガロ」と言えば、私は「ねじ式」の印象が強いです。「ねじ式」は、子供の頃から名前だけ聞いたことがあり、大人になってから読みました。

 シュールな中にも哀愁があり、非常に強い印象を持ったことを覚えています。

 日本初の青年漫画雑誌「月刊漫画ガロ」は、編集者の長井勝一と漫画家の白土三平により創刊されました。
 元々は、白土の漫画「カムイ伝」の連載の場とすることが創刊の最大の目的でした。また、活躍の場を失いつつあった貸本漫画家への媒体提供と、新人発掘のためという側面もありました。
 誌名は白土三平の漫画「やませ」に登場する忍者「大摩のガロ」から取っている他、我々の路という「我路」という意味合いもあり、またアメリカのマフィアの名前(ジョーイ・ギャロ)も念頭にあったそうです。
 「ガロ」創刊時、執筆者が7人以上いないと雑誌と認めてもらえなかったため、水木しげるや白土三平が複数の名義を使い、執筆者を水増ししました。


 立ち上げのエピソードから感じることは、その熱量の大きさです。何が何でもやってやるという気迫が伝わってきます。

 既存の枠組みを破ってでも、やりたいことにチャレンジする。そうした熱量を持って、仕事にも取り組んでいきたいと思います。

スピーチ作例 7月24日1
文字数:672文字   想定時間:214
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 「ガロ」は、「カムイ伝」が終了した頃から雑誌の売れ行きが伸び悩み、漫画家への原稿料が発生しないこともあるほどの苦しい経営状態となり、休刊へと追い込まれていきました。
 「ガロ」はその先見性と独自性で一時代を画し、単なる漫画雑誌ではない足跡を出版界に遺しました。
 また、独自の作家性を持つ個性的な漫画家たちの作風は「ガロ系」と呼ばれ、「ガロ」出身でもない作家でも「あの作家はガロ系」などと表現されることがあります。
 「ガロ」に触発された手塚治虫は、虫プロ商事より「COM」を創刊して、「カムイ伝」に対抗した「火の鳥」を連載しました。そして、ともに全共闘時代の大学生に強く支持されました。
 1960年代の「ガロ」は、白土三平の「カムイ伝」と、水木しげるの「鬼太郎夜話」の2本柱でおよそ100ページを占め、残るページをつげ義春、滝田ゆう、つりたくにこ、永島慎二などがレギュラーとして作品を発表していました。
 NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」では、「ガロ」をモデルにした「月刊漫画ゼタ」という雑誌が登場しており、長井をモデルにした「深沢洋一」という人物も登場します。

記念日・年中行事

  • シモン・ボリバル・デー(エクアドル、 ベネズエラ)
    南米の独立運動を指導したシモン・ボリバルの誕生日。
  • 河童忌(日本)
    芥川龍之介の命日。代表作の『河童』から「河童忌」と呼ばれる。
  • 劇画の日(日本)
    1964年のこの日、青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊した。白土三平の『カムイ伝』を始め、水木しげる、つげ義春らが登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になった。
  • 地蔵盆(日本)
    盆の期間に近い地蔵の縁日。本来は旧暦7月24日であるが、新暦7月24日に行う地方もある。
  • 天神祭宵宮(日本大阪市大阪天満宮)
  • 祇園祭山鉾巡行 後祭(あとのまつり)(日本)
    1965年以前と2014年より後祭をこの日に行っている(7月17日に前祭(さきのまつり))。

歴史

  • 672年(天武天皇元年/弘文天皇元年6月24日)- 大海人皇子(後の天武天皇)が弘文天皇を討つ為に吉野を出発。壬申の乱の始まり。
  • 721年(養老5年6月26日)- 信濃国を分割して諏訪国を設置。
  • 757年(天平宝字元年7月4日)- 橘奈良麻呂の乱: 橘奈良麻呂らによる藤原仲麻呂打倒計画が発覚し逮捕。
  • 825年(天長2年7月6日)- 桓武天皇の孫・高棟王が臣籍に下り平姓を賜る。桓武平氏の始まり。
  • 930年(延長8年6月26日)- 清涼殿落雷事件。清涼殿に落雷して公卿2人が即死し、菅原道真の怨霊との噂が流れる。
  • 1216年 - チェンチオ・サヴェッリがローマ教皇ホノリウス3世となる。
  • 1411年 - ハーロウの戦い
  • 1567年 - スコットランド女王メアリーが退位させられ、1歳の長男ジェームズが即位する。
  • 1587年(天正15年6月19日)- 豊臣秀吉がバテレン追放令を発令。
  • 1847年 - ブリガム・ヤング率いる末日聖徒イエス・キリスト教会の信徒がソルトレイクシティに到着、教会の本拠を置く。
  • 1864年 - 南北戦争: 第二次カーンズタウンの戦いが行われる。
  • 1866年 - レコンストラクション: テネシー州がアメリカ連合国諸州ではじめてアメリカ合衆国に復帰した。
  • 1907年 - 第三次日韓協約が締結される。
  • 1908年 - ロンドンオリンピック: 男子マラソンでドランド・ピエトリが係員の助けを借りて最初にゴールにたどり着いたが失格となり、2着のジョニー・ヘイズが金メダルとなる。
  • 1911年 - ハイラム・ビンガムがマチュ・ピチュ遺跡を発見する。
  • 1923年 - 希土戦争の講和条約ローザンヌ条約が締結される。
  • 1929年 - 不戦条約(ケロッグ=ブリアン協定)が発効。
  • 1932年 - 全国労農大衆党と社会民衆党が合同して社会大衆党結成。
  • 1938年 - ドイツ・オーストリアの登山隊がアイガー北壁の初登頂に成功する。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: ハンブルク空襲(ゴモラ作戦)が始まる。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: 呉軍港空襲。戦艦日向、空母龍鳳が大破。
  • 1945年 - 京城府民館事件起こる。
  • 1948年 - 李承晩が初代韓国大統領に就任。
  • 1950年 - パンパー8の打ち上げで、ケープカナベラル空軍基地が初めてロケットの打ち上げに使われる。
  • 1950年 - レッドパージ: GHQが新聞社に共産党員やその同調者を解雇するよう勧告。
  • 1950年 - 日本初の国定公園として琵琶湖国定公園を指定。
  • 1958年 - 報道各社が皇太子の結婚相手についての報道を正式発表まで自発的に規制することを決定。
  • 1959年 - 冷戦: モスクワでアメリカ博覧会が開幕。キッチン展示場でソ連共産党第一書記のニキータ・フルシチョフと米副大統領のリチャード・ニクソンが資本主義と共産主義の利点についての討論を行う。(キッチン討論)
  • 1959年 - 児島明子がアジア人として初めてミス・ユニバースに選ばれる。
  • 1964年 - ウッドリバー臨界事故:アメリカ・ロードアイランド州のウラン回収施設で臨界が発生。作業員が450シーベルト以上を被曝して死亡。
  • 1967年 - ケベック独立運動: モントリオール万博のためカナダを訪問していたフランス大統領シャルル・ド・ゴールが、「自由ケベック万歳!」の演説を行う。
  • 1969年 - アメリカの月宇宙船アポロ11号が地球に帰還。
  • 1972年 - 四日市ぜんそく訴訟で津地方裁判所が原告勝訴の判決を下す。
  • 1974年 - 北の湖が史上最年少(21歳2か月)で第55代横綱昇進。
  • 1974年 - ウォーターゲート事件: アメリカ最高裁が、ニクソン大統領と首席補佐官が事件対策を話しあう様子が収められた録音テープの引渡しを大統領側に命じる判決を出す。
  • 1977年 - リビア・エジプト戦争が4日間で終結。
  • 1983年 - パインタール事件。メジャーリーグベースボール(MLB)のニューヨーク・ヤンキース対カンザスシティ・ロイヤルズ戦で、ロイヤルズのジョージ・ブレットが最終回に逆転本塁打を放ったところでヤンキース側が本塁打は無効として抗議。裁判にまで発展し、8月18日に試合が再開される。
  • 1987年 - イラン・イラク戦争: 米軍によるクウェートのタンカー護衛がはじまる。(アーネスト・ウィル作戦)
  • 1989年 - 首相の宇野宗佑が、参院選惨敗と自身の女性問題により退陣を表明。
  • 1989年 - 北海道旭岳にて倒木で作られたSOSの文字が発見される。(SOS遭難事件)
  • 2001年 - 元ブルガリア王シメオン・サクスコブルクゴツキ(シメオン2世)がブルガリア首相に就任する。
  • 2001年 - スリランカ内戦: バンダラナイケ国際空港襲撃事件。タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)がスリランカ空軍の基地とそれに隣接するバンダラナイケ国際空港を襲撃。
  • 2002年 - 自民党有志(例外的に夫婦の別姓を実現させる会)、家裁の許可を要件とする例外的夫婦別氏制度(いわゆる家裁許可制)の民法改正案を自民党法務部会に提出。
  • 2005年 - ランス・アームストロングがツール・ド・フランス7連覇を達成する。
  • 2007年 - リビアのエイズ感染事件: リビア政府により死刑から終身刑に減刑されブルガリア政府に引渡されたブルガリアの6人の医療従事者が帰国。ブルガリア政府はすぐに恩赦を実施。
  • 2008年 - 岩手県沿岸北部地震が発生。青森県八戸市などで最大震度6弱を観測。
  • 2010年 - 石川県珠洲市が地上波アナログテレビ放送を中止し、地上波デジタル放送に完全移行。
  • 2010年 - フィリピン、ミンダナオ島でマグニチュード7クラスの深発地震が3回発生。最大規模は6時51分頃のM7.8。
  • 2011年 - 東日本大震災で大きな被害を受けた福島県、宮城県、岩手県を除く日本の44都道府県で地上波のアナログテレビ放送が終了。
  • 2012年 - 日本で、この日までに移動体通信(携帯電話等)用800MHz帯の再編を完了。
  • 2013年 - サンティアゴ・デ・コンポステーラ列車脱線事故: スペインで、マドリードからフェロルに向かっていた列車が脱線転覆し、79人が死亡。
  • 2014年 - アルジェリア航空5017便墜落事故が発生。
  • 2020年 - 第32回夏季オリンピック東京大会の開会式が開催される。

誕生日

  • 1190年 - 耶律楚材、モンゴル帝国の重臣(+ 1244年)
  • 1649年(慶安2年6月15日)- 阿部正武、忍藩主(+ 1704年)
  • 1759年 - ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世、サルデーニャ王(+ 1824年)
  • 1783年 - シモン・ボリバル、政治家(+ 1830年)
  • 1802年 - アレクサンドル・デュマ(父)、小説家(+ 1870年)
  • 1803年 - アドルフ・アダン、作曲家(+ 1856年)
  • 1813年 - アドルフ、ルクセンブルク大公(+ 1905年)
  • 1820年(文政3年6月15日)- 浜口梧陵、実業家、社会事業家(+ 1885年)
  • 1856年 - エミール・ピカール、数学者(+ 1941年)
  • 1857年(安政4年6月4日)- 後藤新平、政治家(+ 1929年)
  • 1857年 - ヘンリク・ポントピダン、小説家(+ 1943年)
  • 1860年 - アルフォンス・ミュシャ、グラフィックデザイナー(+ 1939年)
  • 1860年(万延元年6月7日)- 梅謙次郎、法学者(+ 1910年)
  • 1863年 - トミー・マッカーシー、メジャーリーガー(+ 1922年)
  • 1864年 - フランク・ヴェーデキント、劇作家(+ 1918年)
  • 1864年 - ジャック・クレメンツ、メジャーリーガー(+ 1941年)
  • 1866年(慶応2年6月13日)- 金子直吉、実業家(+ 1944年)
  • 1869年(明治2年6月16日)- 東儀鉄笛、雅楽家、作曲家、俳優(+ 1925年)
  • 1873年 - 中島久万吉、実業家(+ 1940年)
  • 1876年 - ジーン・ウェブスター、小説家(+ 1916年)
  • 1878年 - ロード・ダンセイニ、作家(+ 1957年)
  • 1880年 - エルネスト・ブロッホ、作曲家(+ 1959年)
  • 1881年 - 大谷米太郎、実業家(+ 1968年)
  • 1883年 - クラウス・プリングスハイム、音楽家(+ 1972年)
  • 1884年 - 徳川好敏、軍人、飛行家(+ 1963年)
  • 1886年 - 谷崎潤一郎、小説家(+ 1965年)
  • 1894年 - マグダ・ユーリン、フィギュアスケート選手(+ 1990年)
  • 1895年 - ロバート・グレーヴス、詩人、小説家(+ 1985年)
  • 1897年 - アメリア・イアハート、航空パイロット(+ 1937年?)
  • 1900年 - ゼルダ・フィッツジェラルド、作家(+ 1948年)
  • 1901年 - 中村草田男、俳人(+ 1983年)
  • 1902年 - 鏑木政岐、天文学者(+ 1987年)
  • 1904年 - 平塚武二、児童文学者(+ 1971年)
  • 1910年 - 阿部九洲男、俳優(+ 1965年)
  • 1914年 - 有村家斉、プロ野球選手(+ 1997年)
  • 1915年 - 吉田猪佐喜、プロ野球選手(+ 1982年)
  • 1917年 - 磯部俶、作曲家、指揮者(+ 1998年)
  • 1918年 - ルッジェーロ・リッチ、ヴァイオリニスト(+ 2012年)
  • 1919年 - フェルディナント・キュプラー、自転車競技選手(+ 2016年)
  • 1921年 - ジュゼッペ・ディ・ステファーノ、テノール歌手(+ 2008年)
  • 1922年 - 石丸進一、プロ野球選手(+ 1945年)
  • 1922年 - 藤井道夫、プロ野球選手(+ 2007年)
  • 1923年 - 柳家小せん(4代目)、落語家(+ 2006年)
  • 1924年 - 大中恩、作曲家
  • 1928年 - 矢島信男、特撮監督
  • 1929年 - 小黒八七郎、医師、内科学者(+ 1997年)
  • 1930年 - 雨森雅司、声優、俳優(+ 1984年)
  • 1930年 - ジャンニ・クレリッチ、テニスジャーナリスト
  • 1931年 - エルマンノ・オルミ、映画監督
  • 1932年 - 長沢工、天文学者
  • 1933年 - 白崎泰夫、プロ野球選手
  • 1936年 - 石井一二、政治家
  • 1936年 - マイク・ソロムコ、プロ野球選手
  • 1940年 - 一枝修平、プロ野球選手
  • 1942年 - クリス・サランドン、俳優
  • 1942年 - 神弘無、声優、俳優(+ 1990年)
  • 1945年 - 高田繁、プロ野球選手、プロ野球監督
  • 1945年 - 照屋寛徳、政治家、弁護士
  • 1946年 - 河野裕子、歌人(+ 2010年)
  • 1947年 - 木森敏之、作曲家(+ 1988年)
  • 1947年 - 井上義久、政治家
  • 1947年 - ピーター・ゼルキン、ピアニスト
  • 1948年 - 青池保子、漫画家
  • 1949年 - 蕨和雄、実業家、千葉県佐倉市長
  • 1949年 - 吉田誠、プロ野球選手
  • 1951年 - 松島英雄、プロ野球選手
  • 1952年 - ガス・ヴァン・サント、映画監督
  • 1954年 - 酒井ゆきえ、タレント
  • 1956年 - 松沼雅之、プロ野球選手
  • 1957年 - 島貫省一、プロ野球選手
  • 1957年 - 伊戸のりお、作曲家
  • 1957年 - 大原徹也、プロ野球選手
  • 1958年 - ミック・カーン、ベーシスト(+ 2011年)
  • 1959年 - 原恵一、アニメーション監督
  • 1960年 - 鈴木輝一郎、小説家
  • 1960年 - 中丸三千繪、オペラ歌手
  • 1960年 - パンツェッタ貴久子、料理研究家
  • 1961年 - 北爪宏幸、アニメーター、漫画家
  • 1961年 - 今川泰宏、アニメーション監督
  • 1962年 - 久保田利伸、歌手
  • 1963年 - 河合奈保子、歌手、女優
  • 1963年 - カール・マローン、バスケットボール選手
  • 1964年 - よしもとばなな、小説家
  • 1964年 - バリー・ボンズ、メジャーリーガー
  • 1965年 - オリヴィエ・ピィ、劇作家、演出家、映画監督、俳優
  • 1965年 - ダグ・リーマン、映画監督
  • 1965年 - 伊藤ひろみ、女優
  • 1966年 - 植草克秀、歌手、俳優
  • 1966年 - マーティン・キーオン、サッカー選手
  • 1967年 - 福原直英、アナウンサー
  • 1968年 - クリスティン・チェノウェス、歌手、女優
  • 1968年 - 内藤尚行、プロ野球選手
  • 1968年 - 大村慎次、プロ野球選手
  • 1969年 - ジェニファー・ロペス、歌手、女優
  • 1970年 - 梶山義彦、野球選手
  • 1970年 - 兵動大樹、お笑いタレント
  • 1971年 - 坂本昌行、V6のリーダー
  • 1971年 - 中村哲治、政治家
  • 1971年 - ディノ・バッジョ、サッカー選手
  • 1972年 - 魁皇博之、大相撲力士、年寄・浅香山
  • 1972年 - 横尾要、プロゴルファー
  • 1973年 - 中村紀洋、プロ野球選手
  • 1973年 - フェリックス・ペルドモ、プロ野球選手
  • 1974年 - you、ミュージシャン
  • 1974年 - 山尾志桜里、政治家
  • 1974年 - 中村壽博、アマチュア野球指導者
  • 1974年 - 三浦淳宏、サッカー選手
  • 1974年 - 岡里明美、バスケットボール選手
  • 1975年 - 福山正和、プロスノーボーダー、ファッションモデル
  • 1976年 - 小関竜也、プロ野球選手
  • 1976年 - 須藤理彩、女優
  • 1976年 - 蒋澎龍、卓球選手
  • 1977年 - メフディ・マハダヴィキア、サッカー選手
  • 1978年 - 相沢紗世、ファッションモデル
  • 1979年 - ホセ・バルベルデ、メジャーリーガー
  • 1979年 - リーカ・レトネン、バレーボール選手
  • 1979年 - ライアン・スパイアー、プロ野球選手
  • 1980年 - 森勇介、サッカー選手
  • 1980年 - 北村宏司、騎手
  • 1980年 - ウィルフレッド・ブンゲイ、陸上競技選手
  • 1980年 - 四ツ車大八(8代)、元大相撲力士
  • 1981年 - サマー・グロー、女優
  • 1981年 - 野村宏之、プロ野球選手
  • 1982年 - 嵯峨百合子、タレント、元ミス日本
  • 1982年 - アンナ・パキン、女優
  • 1982年 - 浅倉一男、歌手、俳優
  • 1982年 - デビッド・ペイン、陸上競技選手
  • 1983年 - 水川あさみ、女優
  • 1983年 - 相原勝幸、プロ野球選手
  • 1983年 - ギルダー・ロドリゲス、メジャーリーガー
  • 1983年 - ダニエレ・デ・ロッシ、サッカー選手
  • 1984年 - hiroko、ミュージシャン(mihimaru GT)
  • 1984年 - 片山千恵子、NHKアナウンサー
  • 1984年 - ダニエル・ヴェンデ、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - 末野卓磨、俳優
  • 1985年 - 金森敬之、プロ野球選手
  • 1985年 - 渡辺知夏子、ファッションモデル
  • 1985年 - デニス・レウシン、フィギュアスケート選手
  • 1985年 - 坂倉心悟、ミュージシャン(NICO Touches the Walls)
  • 1985年 - 栗原寿、ミュージシャン(back number)
  • 1986年 - 舞衣子、ミュージシャン
  • 1986年 - 塩澤英真、俳優
  • 1986年 - アンドレイ・ルータイ、フィギュアスケート選手
  • 1986年 - 尹錫ミン 、野球選手
  • 1986年 - スコット・バンスライク、メジャーリーガー
  • 1987年 - 村上祐基、野球選手
  • 1988年 - 伊藤翔、サッカー選手
  • 1988年 - 澤田陵輔、名古屋ジャニーズJr.
  • 1988年 - ハン・スンヨン、歌手(KARA)
  • 1989年 - ハドフォルド・カテリネ、フィギュアスケート選手
  • 1989年 - 尾崎裕哉、シンガーソングライター
  • 1990年 - 三中元克、タレント、フリーター
  • 1991年 - 佐伯千夏、野球選手
  • 1992年 - 榎本葵、プロ野球選手
  • 1995年 - 明生力、大相撲力士
  • 1997年 - エムレ・モル、サッカー選手

忌日

  • 1115年 - マティルデ・ディ・カノッサ、トスカーナ女伯(* 1046年頃)
  • 1129年(大治4年7月7日)- 白河天皇、日本の第72代天皇(* 1053年)
  • 1568年 - カルロス(ドン・カルロ)、アストゥリアス公(* 1545年)
  • 1589年(天正17年6月12日)- 上井覚兼、戦国時代の島津氏家臣(* 1545年)
  • 1618年(元和4年6月3日)- 鍋島直茂、戦国武将(* 1538年)
  • 1739年 - ベネデット・マルチェッロ、作曲家(* 1686年)
  • 1748年(延享5年6月29日)- 牧野忠敬、第6代越後長岡藩主(* 1729年)
  • 1755年(宝暦5年6月16日)- 島津重年、第7代薩摩藩主(* 1729年)
  • 1770年(明和7年閏6月2日)- 藤堂高悠、第8代津藩主(* 1751年)
  • 1826年(文政9年6月8日)- 阿部正精、江戸幕府老中・第5代備後福山藩主(* 1775年)
  • 1838年 - フレデリック・キュヴィエ、動物学者(* 1773年)
  • 1852年(嘉永5年6月8日)- 真田幸貫、江戸幕府老中・第8代松代藩主(* 1791年)
  • 1856年(安政3年6月23日)- 喜多村信節、国学者(* 1783年)
  • 1862年 - マーティン・ヴァン・ビューレン、第8代アメリカ合衆国大統領(* 1782年)
  • 1910年 - アルヒープ・クインジ、画家(* 1842年)
  • 1924年 - ジェームズ・セス、哲学者(* 1860年)
  • 1927年 - 芥川龍之介、小説家(* 1892年)
  • 1932年 - 日高壮之丞、日本海軍の大将(* 1848年)
  • 1933年 - マックス・フォン・シリングス、作曲家、指揮者(* 1868年)
  • 1934年 - ハンス・ハーン、数学者(* 1879年)
  • 1936年 - ゲオルク・ミヒャエリス、ドイツ国首相(* 1857年)
  • 1952年 - リカルト・ヨハンソン、フィギュアスケート選手(* 1882年)
  • 1957年 - サシャ・ギトリ、劇作家、映画監督(* 1885年)
  • 1968年 - 山口保治、作曲家(* 1901年)
  • 1969年 - ヴィトルド・ゴンブローヴィッチ、小説家、劇作家(* 1904年)
  • 1969年 - ケン・オバーリン、プロボクサー(* 1910年)
  • 1971年 - アラン・ロースソーン、作曲家(* 1905年)
  • 1974年 - ジェームズ・チャドウィック、物理学者(* 1891年)
  • 1979年 - 天津敏、俳優(* 1921年)
  • 1980年 - ピーター・セラーズ、コメディアン、喜劇俳優(* 1925年)
  • 1985年 - たこ八郎、プロボクサー・コメディアン(* 1940年)
  • 1986年 - フリッツ・アルベルト・リップマン、生化学者(* 1899年)
  • 1986年 - 鶴田義行、水泳選手(* 1903年)
  • 1989年 - 宇多川勝太郎、大相撲力士(* 1939年)
  • 1991年 - アイザック・バシェヴィス・シンガー、小説家(* 1902年)
  • 1992年 - アルレッティ、女優、歌手(* 1898年)
  • 1994年 - 橋本宇太郎、囲碁棋士(* 1907年)
  • 1995年 - ジョージ・ロジャー、写真家(* 1908年)
  • 1997年 - ソウ・マウン、ミャンマーの指導者(* 1928年)
  • 2000年 - オスカー・シュムスキー、ヴァイオリニスト(* 1917年)
  • 2001年 - 円谷浩、俳優(* 1964年)
  • 2002年 - 黒田了一、大阪府知事、法学者(* 1911年)
  • 2003年 - 岩田暁美、スポーツ記者(* 1961年)
  • 2006年 - ハインリヒ・ホルライザー、指揮者(* 1913年)
  • 2006年 - 堀井数男、プロ野球選手(* 1923年)
  • 2007年 - アルバート・エリス、臨床心理学者(* 1913年)
  • 2008年 - ノーマン・デロ=ジョイオ、作曲家(* 1913年)
  • 2010年 - 森毅、数学者、エッセイスト(* 1928年)
  • 2015年 - 河野一英、会計士、大東文化大学名誉教授、元新日本有限責任監査法人(当時センチュリー監査法人)会長(* 1920年)
  • 2016年 - 近藤富枝、ノンフィクション作家(* 1922年)
  • 2016年 - マーニ・ニクソン、オペラ歌手(* 1930年)
  • 2017年 - 犬養道子、評論家(* 1921年)
  • 2017年 - 山川啓介、作詞家(* 1944年)

スピーチ作成 - テーマ「劇画の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-24_劇画の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650