365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月27日「スイカの日」


 7月27日は「スイカの日」です。スイカの縞模様を綱に見立て、27を「つ(2)な(7)」とよむ語呂合せからだそうです。かなり苦しい語呂合わせです。

 スイカは、昔よく食べていました。キャンプの時などは、川に入れて冷やしていました。

 昔は、丸ごと1個のスイカを割って食べていた記憶があるのですが、今は買うにしても4分の1ぐらいのサイズです。丸ごと1個は食べきれる量ではないのと、冷蔵庫に入らないためです。

 スイカは、ウリ科のつる性一年草で、果実は園芸分野では果菜(野菜)とされますが、青果市場での取り扱いや、栄養学上の分類では果実的野菜に分類されます。
 スイカの原産は熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯になります。野生のスイカは、ほとんど甘みがありません。ただし、水分だけは胎座部分に大量に蓄えられています。しかし、胎座部分は栽培種と異なり多くの隙間があり、現在の栽培種のような胎座が隙間なくある状態ではありません。
 スイカが日本に伝わった時期は定かでありませんが、室町時代以降とされています。西の瓜と書く「西瓜」の漢字は、中国語の西瓜(北京語:シーグァ)に由来しています。中国の西方、中央アジアから伝来した瓜とされるため、この名称が付いたそうです。


 遠い世界から渡ってきた西の瓜。そう考えると、スイカも何か玄妙なものに見えます。

 夏にスイカを食べながら、どのように異国を渡って日本まで来たのだろうかと、思いを馳せるのもよいと思います。

スピーチ作例 7月27日1
文字数:629文字   想定時間:25
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 スイカには、玉形の他に楕円形の品種もあり、欧米では楕円形が主に流通しています。
 同じウリ科の果菜類であるメロンは、主として甘く熟した果皮の部分を果肉として食べますが、スイカの果皮は内側の薄い層しか甘く熟せず、主に種子をつける胎座の部分を食用とします。
 果皮はキュウリを僅かに甘くしたような味ですが、生のまま果皮まで食べることは少ないです。果肉を食べ終えたあとの皮は、外側の固い薄皮を除いて、漬物や酢の物、煮物や汁物などに使えます。生のままだとキュウリ、煮ると冬瓜に似た食感になります。
 アジアでは種子を炒って歯で割り、中身を食べる地域が多いです。中国では西瓜子と呼ばれ、酒のつまみ、料理、菓子などに用いられており、炒って味付けされたものは日本に輸入されています。
 スイカの原産地であり利用や栽培の始まったアフリカでも、種子を炒って粉末にするなどし、食材として利用する食文化が存在します。
 特に原産地に自生する果肉の苦味の強い近縁種は、果肉自体は人間の食用に適さないため、飲料水以外の生活用水として利用し、種子のみを食用とします。
 日本で縦縞模様の品種が広まったのは昭和初期頃と言われています。それまでは黒色の無地で「鉄かぶと」と呼ばれていました。
 スイカは水分の反応に敏感で、土壌の水分量が過多になると、現在の栽培種でも果実の中に栄養や水分を送るための維管束の管が極端に広がり、内部が、原種に近いような模様のスイカになります。
 スイカは元々、自生地が乾燥地帯であるため、野生動物は水分を目当てにスイカの果実を摂食することになり、胎座の水分ごと種子を飲み込んで糞とともに排泄し、種子散布が行われます。人類によるスイカの利用もこの水分を目当てに始まり、同時に脂肪と蛋白質に富んだ種子をも食用にするようになったと考えられています。
 日本の改良種のスイカには、ナトリウムやタンパク質はほとんど含まれませんが、カラハリ砂漠に自生する野生種には、100グラムあたり、1.19ミリグラムのナトリウム、8.7グラムのタンパク質が含まれています。
 野生のスイカは、砂漠の生活において貴重なミネラルや栄養の供給源となっています。
 スイカは連作障害や、つる割病に弱いため、栽培時には、台木としてユウガオやカボチャなどを用いる接木栽培が通例です。
 コストのかかる輪作などによって、これらの障害を回避して生産された、スイカ自身の根によって育った果実は、高級品として取引されています。
 果肉や種子に含まれるカリウムは疲労回復ならびに利尿作用があるため、暑さで体力を消耗し水分を過剰摂取することで起こりがちな、夏バテに効果があるとされています。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • お寝坊さんの日(,   フィンランド)
    家で一番遅くまで寝ていた人を水に投げ込むなどして起こす日。200年間眠り続けたというエフェソスの7人の眠り男の伝承に基づく。
  • 祖国解放戦争勝利記念日(北朝鮮)
  • ホセ・セルソ・バルボーサ誕生日(プエルトリコ)
  • 政治を考える日(日本)
    1976年のこの日、ロッキード事件で田中角栄前首相(当時)が逮捕されたことによる。
  • スイカの日(日本)
    スイカの縞模様を綱に見立て、27を「つ(2)な(7)」とよむ語呂合せから。

歴史

  • 1214年 - ブーヴィーヌの戦い。フランス王フィリップ2世がイングランド王ジョンを破る。
  • 1549年(天文18年7月3日)- フランシスコ・ザビエルの船が鹿児島沖に到達し錨を降ろす。8月15日(旧暦7月22日)に上陸。
  • 1582年(天正10年7月8日)- 太閤検地: 羽柴秀吉が近江で初めて検地を行う。
  • 1656年 - バールーフ・デ・スピノザが破門される。
  • 1778年 - アメリカ独立戦争: ウェサン島の海戦。
  • 1789年 - アメリカ合衆国国務省の前身であるアメリカ合衆国外務省が設立される。アメリカ合衆国憲法下における初の連邦機関。
  • 1794年(フランス革命暦II年テルミドール9日)- フランス革命: テルミドールのクーデター。
  • 1830年 - フランス7月革命勃発。
  • 1846年(弘化3年6月5日)- 浦賀奉行が通商拒否・退去通告
  • 1865年 - ウェールズ人入植者がアルゼンチンチュブ州に到着。
  • 1866年 - 大西洋横断電信ケーブルの敷設作業が完了。
  • 1890年 - オランダの画家・ゴッホがピストルで自殺。2日後に病院で死亡。
  • 1916年 - 横浜港に入港した布哇丸の乗客がコレラを発症。日本全国に広まり、この年だけで約7500人の死者を出す。
  • 1924年 - 5月4日から行われていたパリオリンピックが閉幕。
  • 1930年 - 中国で紅軍が長沙を占領。長沙ソビエト政権樹立。
  • 1932年 - 文部省が、世界恐慌や前年の北日本の凶作の影響により、農漁村の欠食児童が20万人を超えると発表。
  • 1939年 - アメリカ合衆国が日米通商航海条約の破棄を通告。半年後の1940年1月26日に失効。
  • 1945年 - 労働党党首クレメント・アトリーがイギリスの首相に就任。
  • 1949年 - 世界初のジェット旅客機デ・ハビランド DH.106 コメットが初飛行。
  • 1950年 - 広島県深江沖で漁網にかかった機雷が爆発。死者行方不明46人。
  • 1953年 - 朝鮮戦争: 板門店で休戦協定が調印され、現在の軍事境界線が設定される。
  • 1953年 - 東京・新橋のバー『メッカ』から天井裏から落ちてきた血を切っ掛けとして、証券ブローカーの刺殺体を発見(バー・メッカ殺人事件)。
  • 1955年 - オーストリアの連合国による占領が終了し、主権を回復。永世中立宣言はこの年の10月26日。
  • 1965年 - 第二次大戦後初の日本からのサハリン墓参団が出発。
  • 1970年 - 東京都で光化学スモッグ注意報・警報の発令体制が開始。
  • 1972年 - F-15戦闘機(イーグル)が初飛行。
  • 1972年 - アメリカの有人月宇宙船アポロ16号が地球に帰還。
  • 1974年 - ウォーターゲート事件: 米下院司法委員会がリチャード・ニクソン大統領の司法妨害に対する第1の弾劾を可決。
  • 1976年 - ロッキード事件: 田中角栄前首相(当時)が逮捕される。
  • 1989年 - 大韓航空機墜落事故。大韓航空機がリビア・トリポリ空港の手前の住宅地に墜落。乗員乗客199名のうち74名と地元住民6名が死亡。
  • 1990年 - ベラルーシがソビエト連邦からの独立を宣言。1991年に承認される。
  • 1990年 - ソビエト連邦のミハイル・ゴルバチョフ大統領が訪ソ中の池田大作・創価学会名誉会長と会談。1991年春に訪日する意向を表明した。
  • 1992年 - バルセロナオリンピック大会の水泳女子200m平泳ぎで中学2年の岩崎恭子が金メダルを獲得。日本人史上最年少の金メダル。
  • 1994年 - マイクロソフトがWindows NT 3.1を発売。
  • 1995年 - 九州自動車道が全線開通。青森 - 鹿児島・宮崎間が高速道路によって結ばれる。
  • 1996年 - アトランタオリンピック開催中のアトランタのオリンピック公園で爆破事件が発生し、2名死亡、111名負傷。
  • 2001年 - ディズニーリゾートラインが開業。
  • 2002年 - リヴィウ航空ショー墜落事故
  • 2012年 - ロンドンオリンピックが開幕。8月12日まで。
  • 2013年 - 隅田川花火大会が、雷雨の影響で史上初の中止に。

誕生日

  • 774年(宝亀5年6月15日)- 空海、真言宗を開いた僧(+ 835年)※ 真言宗の伝承による日付であり、実際の誕生日は不明
  • 1452年 - ルドヴィーコ・スフォルツァ、ミラノ公(+ 1508年)
  • 1667年 - ヨハン・ベルヌーイ、数学者(+ 1748年)
  • 1733年 - ジェレマイア・ディクソン、測地学者、天文学者(+ 1779年)
  • 1768年 - シャルロット・コルデー、ジャン=ポール・マラーを暗殺した人物(+ 1793年)
  • 1781年 - マウロ・ジュリアーニ、作曲家(+ 1829年)
  • 1801年 - ジョージ・ビドル・エアリー、天文学者(+ 1892年)
  • 1824年 - アレクサンドル・デュマ(子、小デュマ)、劇作家(+ 1895年)
  • 1835年 - ジョズエ・カルドゥッチ、詩人(+ 1907年)
  • 1848年 - エトヴェシュ・ロラーンド、物理学者(+ 1919年)
  • 1853年 - ウラジミール・コロレンコ、小説家、ジャーナリスト(+ 1921年)
  • 1867年 - エンリケ・グラナドス、作曲家(+ 1916年)
  • 1871年 - エルンスト・ツェルメロ、数学者、論理学者(+ 1953年)
  • 1877年 - エルンスト・フォン・ドホナーニ、作曲家(+ 1960年)
  • 1878年 - 松井石根、軍人(+ 1948年)
  • 1880年 - ジョー・ティンカー、メジャーリーガー(+ 1948年)
  • 1881年 - ハンス・フィッシャー、化学者(+ 1945年)
  • 1883年 - 前田夕暮、歌人(+ 1951年)
  • 1886年 - エルンスト・マイ、建築家、都市計画家(+ 1970年)
  • 1887年 - 山本有三、小説家(+ 1974年)
  • 1897年 - 清水多嘉示、彫刻家(+ 1981年)
  • 1997年 - ビズ・マッキー、メジャーリーガー(+ 1965年)
  • 1900年 - チャールズ・ヴィダー、映画監督(+ 1959年)
  • 1902年 - 鷲見三郎、ヴァイオリニスト(+ 1984年)
  • 1903年 - 徳山璉、バリトン歌手、流行歌手(+ 1942年)
  • 1903年 - 小野十三郎、詩人(+ 1996年)
  • 1904年 - アントン・ドーリン、バレエダンサー、振付家(+ 1983年)
  • 1905年 - レオ・ドローチャー、メジャーリーグベースボール選手(+ 1991年)
  • 1910年 - ジュリアン・グラック、作家(+ 2007年)
  • 1912年 - イーゴリ・マルケヴィチ、作曲家、ピアニスト、指揮者(+ 1983年)
  • 1915年 - マリオ・デル=モナコ、テノール歌手(+ 1982年)
  • 1916年 - 鶴岡一人、プロ野球選手(+ 2000年)
  • 1917年 - ブールヴィル、コメディアン、俳優、歌手(+ 1970年)
  • 1918年 - 山村雄一、免疫学者(+ 1990年)
  • 1918年 - レナード・ローズ、チェリスト(+ 1984年)
  • 1919年 - 須賀不二男、俳優(+ 1998年)
  • 1921年 - 古谷法夫、プロ野球選手
  • 1923年 - レイ・ブーン、メジャーリーガー(+ 2004年)
  • 1924年 - 塩田丸男、作家、評論家
  • 1927年 - ジョン・ローレンス・シーゲンソーラー、ジャーナリスト(+ 2014年)
  • 1929年 - ジャック・ヒギンズ、小説家
  • 1930年 - 高島忠夫、俳優
  • 1931年 - 吉武輝子、評論家(+ 2012年)
  • 1931年 - 渡辺礼次郎、プロ野球選手
  • 1932年 - ジョージ・リガ、劇作家、小説家(+ 1987年)
  • 1935年 - 長久保初枝、スピードスケート選手
  • 1938年 - ゲイリー・ガイギャックス、作家、ゲームデザイナー(+ 2008年)
  • 1939年 - 上田重夫、プロ野球選手
  • 1940年 - ピナ・バウシュ、バレエダンサー、振付師
  • 1943年 - 青野聰、小説家
  • 1943年 - 野間佐和子、実業家(+ 2011年)
  • 1945年 - 戸田善紀、プロ野球選手
  • 1945年 - 和田徹、プロ野球選手
  • 1945年 - エドムンド・クラーク、計算機科学者
  • 1946年 - 藤川真弓、バイオリニスト
  • 1947年 - 三浦和義、実業家、タレント、作家(+ 2008年)
  • 1948年 - 浅野健一、ジャーナリスト
  • 1948年 - かわぐちかいじ、漫画家
  • 1948年 - ペギー・フレミング、フィギュアスケート選手
  • 1948年 - ベティ・トーマス、映画監督
  • 1949年 - 勝野洋、俳優
  • 1950年 - 有沢賢持、プロ野球選手
  • 1951年 - 迫丸金次郎、プロ野球選手
  • 1951年 - 斉藤和夫、サッカー選手、指導者
  • 1952年 - バンプ・ウィルス、プロ野球選手
  • 1953年 - 梅沢昌代、女優
  • 1954年 - 渡辺みちお、漫画家
  • 1954年 - 田中彰、プロ野球選手
  • 1956年 - 松浦正、プロ野球選手
  • 1958年 - 業田良家、漫画家
  • 1958年 - クリストファー・ディーン、フィギュアスケート選手
  • 1960年 - 渡嘉敷勝男、プロボクサー
  • 1960年 - 麻倉未稀、歌手
  • 1961年 - 矢田万寿男、プロ野球選手
  • 1962年 - 中島輝士、プロ野球選手
  • 1963年 - 寺田恵子、歌手
  • 1963年 - 甄子丹、俳優、監督、武道家
  • 1963年 - 安永沙都子、声優(+ 1993年)
  • 1963年 - 長谷場久美、重量挙げ選手
  • 1964年 - 植田幸弘、プロ野球選手
  • 1965年 - ホセ・ルイス・チラベルト、元サッカー選手
  • 1966年 - 川畑泰博、プロ野球選手
  • 1966年 - 北崎拓、漫画家
  • 1967年 - ジュリアナ・ハットフィールド、シンガーソングライター
  • 1968年 - 長崎宏子、水泳選手
  • 1968年 - ジュリアン・マクマホン、俳優
  • 1969年 - トリプルH、プロレスラー
  • 1969年 - 榊原利彦、俳優
  • 1970年 - ニコライ・コスター=ワルドー、俳優
  • 1971年 - シェーン・バワーズ、プロ野球選手
  • 1972年 - 沖原佳典、プロ野球選手
  • 1972年 - シェイク・ムザファ・シュコア、宇宙飛行士
  • 1972年 - 小島慶子、アナウンサー
  • 1972年 - 清水崇、映画監督
  • 1973年 - 上妻宏光、三味線プレーヤー
  • 1973年 - 高槻純、俳優
  • 1974年 - ブライアン・シコースキー、プロ野球選手
  • 1974年 - 西川かの子、タレント
  • 1974年 - 平岳大、俳優
  • 1975年 - アレックス・ロドリゲス、メジャーリーグ選手
  • 1975年 - 大柴裕介、ファッションモデル、俳優、ミュージシャン
  • 1975年 - 倉義和、プロ野球選手
  • 1975年 - 水野愛日、声優
  • 1975年 - シェイ・ヒレンブランド、メジャーリーガー
  • 1976年 - 稲田千花、タレント
  • 1976年 - 小山田保裕、プロ野球選手
  • 1976年 - 金城龍彦、プロ野球選手
  • 1976年 - 大久保三代、政治家
  • 1976年 - 望月さや、タレント
  • 1976年 - 尹仁完、漫画原作者
  • 1977年 - ジョナサン・リース=マイヤーズ、俳優
  • 1978年 - 後藤光尊、プロ野球選手
  • 1978年 - 伊藤宏樹、サッカー選手
  • 1978年 - 那須めぐみ、声優
  • 1979年 - シドニー・ゴブ、サッカー選手
  • 1980年 - 矢佐間恵、アナウンサー
  • 1980年 - 加藤大輔、プロ野球選手
  • 1980年 - フェリックス・ディアス、プロ野球選手
  • 1980年 - 張建銘、野球選手
  • 1981年 - 星野真里、女優
  • 1982年 - 香月良太、プロ野球選手
  • 1982年 - 田村彰啓、プロ野球選手
  • 1982年 - 矢島悠子、アナウンサー
  • 1983年 - ゴラン・パンデフ、サッカー選手
  • 1984年 - 西岡剛、プロ野球選手
  • 1984年 - マックス・シャーザー、メジャーリーガー
  • 1984年 - 林克征、アナウンサー
  • 1985年 - 尾崎裕美、女優
  • 1985年 - 木島由利香、お天気キャスター
  • 1985年 - 見学奈緒、モデル、タレント、ミュージシャン
  • 1985年 - 戸田衛、野球選手
  • 1985年 - 今井隆文、俳優
  • 1987年 - 秋元梢、ファッションモデル
  • 1987年 - 加瀬舞、タレント
  • 1987年 - 吉木りさ、タレント
  • 1987年 - プレストン・ギルメット、プロ野球選手
  • 1987年 - 田中幸夏、野球選手
  • 1987年 - マレク・ハムシーク、サッカー選手
  • 1988年 - ヨアビス・メディーナ、プロ野球選手
  • 1989年 - 太田渉子、障害者スキー選手
  • 1989年 - 辻孟彦、プロ野球選手
  • 1989年 - 伊東亮大、プロ野球選手
  • 1990年 - 郭立中、フィギュアスケート選手
  • 1990年 - 熊井幸平、俳優
  • 1990年 - 佐藤栞里、ファッションモデル
  • 1991年 - 松井玲奈、女性アイドル、歌手(元SKE48)
  • 1991年 - 剣翔桃太郎、大相撲力士
  • 1991年 - 原田美欧、ミュージカル俳優、元バレエダンサー
  • 1992年 - Kid'z、ミュージシャン、ドラマー(MY FIRST STORY)
  • 1993年 - ジョーダン・スピース、プロゴルファー
  • 1995年 - ラウル・モンデシー、メジャーリーガー
  • 1997年 - 武田玲奈、タレント
  • 1997年 - 莉音、タレント、モデル、グラビアアイドル
  • 1998年 - 渡邉理佐、アイドル(欅坂46)
  • 1998年 - 當山みれい、シンガーソングライター、ダンサー
  • 生年不明 - 石井七央子、声優

忌日

  • 432年 - カエレスティヌス1世、第43代ローマ教皇
  • 1276年 - ハイメ1世、アラゴン王(* 1208年)
  • 1365年 - ルドルフ4世、オーストリア大公(* 1339年)
  • 1404年(応永11年6月20日)- 少弐貞頼、豊前国の守護
  • 1585年(天正13年7月1日)- 一条兼定、土佐国国司(* 1543年)
  • 1622年(元和8年6月19日)- 里見忠義、安房勝山藩、館山藩主(* 1594年)
  • 1788年(天明8年6月24日)- 田沼意次、江戸幕府の側用人、老中(* 1719年)
  • 1835年(天保6年閏7月2日)- 松平斉承、第12代福井藩主(* 1811年)
  • 1841年 - ミハイル・レールモントフ、詩人、小説家(* 1814年)
  • 1844年 - ジョン・ドルトン、化学者、物理学者(* 1766年)
  • 1853年(嘉永6年6月22日)- 徳川家慶、江戸幕府第12代将軍(* 1793年)
  • 1873年 - フョードル・チュッチェフ、詩人、外交官(* 1803年)
  • 1883年 - フランツ・ドップラー、作曲家(* 1821年)
  • 1917年 - エーミール・テオドール・コッハー、外科学者(* 1841年)
  • 1924年 - フェルッチョ・ブゾーニ、ピアニスト・作曲家(* 1866年)
  • 1928年 - 長谷川零余子、俳人(* 1886年)
  • 1933年 - 武藤信義、陸軍大将(* 1868年)
  • 1946年 - ガートルード・スタイン、著作家、詩人(* 1874年)
  • 1948年 - ジョー・ティンカー、メジャーリーガー(* 1880年)
  • 1958年 - クレア・リー・シェンノート、フライング・タイガースの指導者(* 1893年)
  • 1960年 - ヴァーシャ・プルジーホダ、ヴァイオリニスト(* 1900年)
  • 1962年 - 山本英輔、海軍軍人(* 1876年)
  • 1968年 - 大原総一郎、実業家(* 1909年)
  • 1968年 - リリアン・ハーヴェイ、女優(* 1906年)
  • 1970年 - アントニオ・サラザール、ポルトガルの指導者(* 1889年)
  • 1972年 - 瀬越憲作、囲碁棋士(* 1889年)
  • 1972年 - リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー、政治家(* 1894年)
  • 1976年 - 馬可、作曲家(* 1918年)
  • 1978年 - 石田礼助、実業家、第4代日本国有鉄道総裁(* 1886年)
  • 1979年 - 高木惣吉、海軍軍人(* 1893年)
  • 1980年 - モハンマド・レザー・パフラヴィー、パフラヴィー朝第2代イラン皇帝(* 1919年)
  • 1981年 - ウィリアム・ワイラー、映画監督(* 1902年)
  • 1983年 - ジェローム・モロス、作曲家(* 1913年)
  • 1984年 - ジェームズ・メイソン、俳優(* 1909年)
  • 1985年 - 天知茂、俳優(* 1931年)
  • 1985年 - スモーキー・ジョー・ウッド、メジャーリーガー(* 1889年)
  • 1985年 - ジョージ・ウール、メジャーリーガー(* 1898年)
  • 1986年 - 木原均、遺伝学者(* 1893年)
  • 1987年 - 前田愛、文芸評論家(* 1931年)
  • 1987年 - トラビス・ジャクソン、メジャーリーガー(* 1903年)
  • 1989年 - 内村直也、劇作家(* 1909年)
  • 1991年 - ピエール・ブリュネ、フィギュアスケート選手(* 1902年)
  • 1992年 - 石田五郎、天文学者(* 1924年)
  • 1995年 - リック・フェレル、メジャーリーガー(* 1905年)
  • 1996年 - 若泉敬、政治学者(* 1930年)
  • 1996年 - 神田武幸、アニメーション監督(* 1943年)
  • 2003年 - ボブ・ホープ、コメディアン(* 1903年)
  • 2007年 - 横地由松、プロ野球選手(* 1939年)
  • 2008年 - ユーセフ・シャヒーン、映画監督(* 1926年)
  • 2008年 - ホルスト・シュタイン、指揮者(* 1928年)
  • 2008年 - 越智順子、ゴスペル・ジャズ歌手(* 1965年)
  • 2010年 - 長谷川裕見子、女優(* 1924年)
  • 2010年 - 山本真純、日本テレビアナウンサー(* 1976年)
  • 2010年 - 本田威志、プロ野球選手(* 1937年)
  • 2011年 - 伊良部秀輝、プロ野球選手(* 1969年)
  • 2011年 - 三城晃子、タレント(* 1945年)
  • 2011年 - レイ・ハラカミ、ミュージシャン(* 1970年)
  • 2016年 - エイノユハニ・ラウタヴァーラ、作曲家(* 1928年)
  • 2017年 - サム・シェパード、俳優・劇作家(* 1943年)

スピーチ作成 - テーマ「スイカの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-27_スイカの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650