365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月21日「あかりの日」


 10月21日は「あかりの日」です。1879年のこの日に、トーマス・エジソンが、京都産の竹の繊維を炭化させたフィラメントを用いて、白熱電球を完成させたことにちなみ、日本電気協会・日本電球工業会など4団体が、1981年に制定しました。この日は、灯りのありがたみを認識する日です。

 私は夜型の人間なので、灯りがないと大変です。電灯の恩恵には、日々与っています。

 電灯も、日々進化しています。LEDの電灯も安くなってきたので、徐々に入れて変えていこうと思っています。

 白熱電球を実用化したエジソンは、柔軟な思考を持った人物でした。
 ある時、エジソンの助手の一人が、電球の容積を算出するために複雑な計算に取り組んでいました。するとエジソンは、「私なら電球に水を入れて容積を量るよ」と言ったそうです。


 答えを得る簡便な方法を、すぐに思いつくということは、試行錯誤の回数を増やせるということです。トライアンドエラーで物事を開発していった、エジソンらしいエピソードだと思います。

 何かをする際に、もっと簡単な方法がないかと考える。ゼロから全てを行う必要はありません。そうしたショートカットの思考は、大切だと思います。

スピーチ作例 10月21日1
文字数:512文字   想定時間:142
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • あかりの日(日本)
    1879年10月21日にトーマス・エジソンが京都産の竹の繊維を炭化させたフィラメントを用いて白熱電球を完成させたことにちなんで、日本電気協会・日本電球工業会など4団体が1981年に制定。あかりのありがたみを認識する日。
  • 早稲田大学創立記念日(日本)
    1882年10月21日に大隈重信が早稲田大学の前身である東京専門学校を創立。
  • センチュリー21の日
    全世界に展開する不動産流通の大手。1021(セン21)から同日を制定。
  • 国際反戦デー
    1966年のこの日、日本労働組合総評議会(総評)が「ベトナム反戦統一スト」を実施し、それと同時に全世界の反戦運動団体にもベトナム戦争反対を呼びかけたことに由来する。偶然だが最初の学徒出陣壮行会が1943年に開催された日でもある。

歴史

  • 1096年 - 民衆十字軍がルーム・セルジューク朝の襲撃を受け壊滅。
  • 1520年 - フェルディナンド・マゼランがマゼラン海峡を発見。
  • 1591年(天正19年9月4日)- 九戸政実らが豊臣政権軍に降伏。奥州仕置の完了。(九戸政実の乱)
  • 1600年(慶長5年9月15日)- 関ヶ原の戦い。徳川家康率いる東軍が勝利。
  • 1805年 - ナポレオン戦争: トラファルガーの海戦。ナポレオンのフランス軍が、ホレーショ・ネルソン提督のイギリス軍に敗れる。
  • 1831年 - フランス・リヨンにて修道士ルイ・ケルブが聖ヴィアトール修道会を創設。
  • 1861年 - 南北戦争: ボールズブラフの戦い
  • 1879年 - トーマス・エジソンが日本産の竹の繊維を使ったフィラメントを用いた白熱電球を完成させ、アメリカ・ニュージャージー州で初めて一般に公開する。
  • 1882年 - 東京専門学校(現在の早稲田大学)が設立される。
  • 1889年 - ヨハン・シュトラウス2世の『皇帝円舞曲』がベルリンで初演。
  • 1895年 - 日本軍が台南に入城。台湾民主国が崩壊。
  • 1904年 - 日露戦争: ドッガーバンク事件。日本に向けて北海を航行中だったロシア・バルチック艦隊が、イギリスのトロール船を日本の魚雷艇と誤認し砲撃を加える。
  • 1907年 - ウズベキスタン東部でマグニチュード7.1の大地震、約14000人が死亡。
  • 1943年 - 太平洋戦争: 明治神宮外苑競技場にて第1回学徒出陣壮行会。
  • 1943年 - スバス・チャンドラ・ボースを指導者として自由インド仮政府が発足。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: 神風特別攻撃隊が初出撃。
  • 1945年 - フランスで初めて婦人参政権が承認される。
  • 1947年 - 国家公務員法公布。
  • 1965年 - 朝永振一郎にノーベル物理学賞が贈られることが決定する。
  • 1966年 - 日本労働組合総評議会などがベトナム反戦統一ストを決行し、国際反戦デーに指定する。
  • 1968年 - 新宿騒乱。学生らが国鉄新宿駅を占拠。機動隊と衝突し、騒乱罪で734人が検挙される。
  • 1969年 - ソマリアでクーデターが起きモハメド・シアド・バーレ少将が実権を掌握。
  • 1970年 - 佐藤栄作首相が日本の首相としては初めて国連総会で演説。
  • 1970年 - 女性解放準備会などが日本初のウーマン・リブのデモ。
  • 1972年 - 全日本プロレス旗揚げ。
  • 1983年 - 国際度量衡総会で、メートルの定義を現行の光速を基準にした定義に変更。
  • 1986年 - マーシャル諸島共和国がアメリカ合衆国との自由連合に移行(独立)。アメリカ合衆国との自由連合盟約が発効し、防衛・軍事を除く内政・外交権を得たため。
  • 1994年 - 北朝鮮核問題: 北朝鮮に軽水炉を提供する事などを条件として、同国が核開発を放棄する事に合意。(米朝枠組み合意)
  • 1994年 - 韓国・ソウルの聖水大橋が手抜き工事により崩壊。32人死亡。
  • 1998年 - 任天堂がカラー液晶の携帯型ゲーム機・ゲームボーイカラーを発売。
  • 2001年 - 長崎オランダ村が閉園。
  • 2010年 - ミャンマーの国旗が変更される。

誕生日

  • 1328年(天暦元年9月18日)- 朱元璋(洪武帝)、明の太祖(+ 1398年)
  • 1449年 - ジョージ・プランタジネット、クラレンス公、ウォリック伯、ソールズベリー伯(+ 1478年)
  • 1581年 - ドメニキーノ、画家(+ 1641年)
  • 1651年 - ジャン・バール、軍人(+ 1702年)
  • 1660年 - ゲオルグ・エルンスト・シュタール、科学者・医師(+ 1734年)
  • 1675年(延宝3年9月3日)- 東山天皇、第113代天皇(+ 1710年)
  • 1712年 - ジェームズ・デンハム=スチュアート、経済学者(+ 1780年)
  • 1752年(宝暦2年9月15日)- 亀田鵬斎、書家、儒学者(+ 1826年)
  • 1757年 - ピエール・オージュロー、軍人(+ 1816年)
  • 1762年 - ヘルマン・ウィレム・デーンデルス、政治家(+ 1818年)
  • 1772年 - サミュエル・テイラー・コールリッジ、詩人(+ 1834年)
  • 1790年 - アルフォンス・ド・ラマルティーヌ、詩人、政治家(+ 1869年)
  • 1833年 - アルフレッド・ノーベル、化学者(+ 1896年)
  • 1847年 - ジュゼッペ・ジャコーザ、詩人、劇作家(+ 1906年)
  • 1877年 - オズワルド・アベリー、医師(+ 1955年)
  • 1884年 - 森矗昶、実業家、昭和電工創業者、衆議院議員(+ 1941年)
  • 1886年 - ユージン・バートン・イーリー、パイロット(+ 1911年)
  • 1892年 - リディア・ロポコワ、バレエダンサー(+ 1981年)
  • 1893年 - 木原均、遺伝学者(+ 1986年)
  • 1894年 - 江戸川乱歩、推理作家(+ 1965年)
  • 1895年 - エドナ・パーヴァイアンス、女優(+ 1958年)
  • 1895年 - 箕作秋吉、作曲家、化学者(+ 1971年)
  • 1902年 - 岡義武、政治学者(+ 1990年)
  • 1904年 - パトリック・カヴァナー、詩人(+ 1967年)
  • 1908年 - アレクサンダー・シュナイダー、ヴァイオリニスト、指揮者(+ 1993年)
  • 1911年 - メアリー・ブレア、芸術家(+ 1978年)
  • 1912年 - ゲオルク・ショルティ、指揮者、ピアニスト(+ 1997年)
  • 1912年 - 道上伯、柔道家(+ 2002年)
  • 1912年 - ヤコフ・フリエール、ピアニスト、音楽教師(+ 1977年)
  • 1914年 - マーティン・ガードナー、数学者、アマチュアマジシャン(+ 2010年)
  • 1916年 - 佐藤武夫、元プロ野球選手(+ 1962年)
  • 1917年 - ディジー・ガレスピー、ジャズトランペット奏者(+ 1993年)
  • 1919年 - 新村源雄、政治家(+ 1995年)
  • 1921年 - マルコム・アーノルド、作曲家(+ 2006年)
  • 1922年 - リリアン・ベッテンコート、実業家(+ 2017年)
  • 1925年 - セリア・クルース、歌手(+ 2003年)
  • 1928年 - ホワイティ・フォード、元メジャーリーガー
  • 1929年 - アーシュラ・K・ル=グィン、ファンタジー・SF作家(+ 2018年)
  • 1930年 - イワン・シラーエフ、ロシアの首相
  • 1930年 - 黒沢良、声優、ナレーター、歌手(+ 2011年)
  • 1930年 - 国田栄弥、俳優(+ 2006年)
  • 1933年 - 春日三球、漫才師
  • 1936年 - 白川由美、女優(+ 2016年)
  • 1937年 - 五島道信、プロ野球選手
  • 1939年 - 五月みどり、歌手
  • 1939年 - 岸上大作、 歌人(+ 1960年)
  • 1940年 - 笹森清、労働運動家、第4代連合会長(+ 2011年)
  • 1941年 - スティーヴ・クロッパー、ギタリスト
  • 1942年 - エルヴィン・ビショップ、ミュージシャン
  • 1943年 - 藤岡信勝、教育学者
  • 1943年 - タリク・アリ、小説家、歴史家
  • 1947年 - 蛭子能収、漫画家
  • 1948年 - 橋爪大三郎、社会学者
  • 1948年 - ベンヤミン・ネタニヤフ、イスラエル9代首相
  • 1948年 - 長島吉邦、プロ野球選手
  • 1949年 - スキップ・ジェームス、元プロ野球選手
  • 1949年 - 大場政夫、プロボクサー(+ 1973年)
  • 1949年 - 有田哲三、プロ野球選手
  • 1949年 - ベンヤミン・ネタニヤフ、イスラエルの軍人、政治家
  • 1950年 - 古川益三、まんだらけ代表
  • 1950年 - ロナルド・マクネイア、宇宙飛行士(+ 1986年)
  • 1953年 - ホアン・アイケルバーガー、元メジャーリーガー
  • 1953年 - キース・グリーン、ミュージシャン(+ 1982年)
  • 1953年 - ペーター・マンデルソン、政治家
  • 1954年 - 角替和枝、女優
  • 1955年 - 浜田靖一、衆議院議員
  • 1956年 - キャリー・フィッシャー、女優(+ 2016年)
  • 1956年 - 永島敏行、俳優
  • 1956年 - スティーヴ・ルカサー、ミュージシャン
  • 1957年 - ヴォルフガング・ケターレ、物理学者、ノーベル物理学賞受賞者
  • 1958年 - 岡田京子、女優(+ 1986年)
  • 1958年 - 村上幸子、演歌歌手(+ 1990年)
  • 1959年 - 渡辺謙、俳優
  • 1959年 - 大西克昌、射撃選手
  • 1959年 - ジョージ・ベル、元メジャーリーガー
  • 1960年 - 千住明、作曲家
  • 1960年 - 久保恭久、野球選手
  • 1961年 - 唐沢なをき、漫画家
  • 1962年 - 伊藤美紀、声優
  • 1962年 - デイヴィッド・キャンピージ、ラグビー選手
  • 1962年 - リチャード・ウィッグス、元プロ野球選手
  • 1963年 - 伊藤隆偉、元プロ野球選手
  • 1965年 - 今井寿、ミュージシャン(BUCK-TICK)
  • 1965年 - さかもと未明、漫画家、作家
  • 1965年 - 米長晴信、政治家
  • 1965年 - ヨン・アンドニ・ゴイコエチェア、サッカー選手
  • 1966年 - 高野秀行、ノンフィクション作家、翻訳家
  • 1966年 - 原朋直、ジャズトランペット奏者
  • 1966年 - 平野裕加里、フリーアナウンサー、ローカルタレント
  • 1967年 - 河本育之、元プロ野球選手
  • 1967年 - アルシンド、サッカー選手
  • 1967年 - ポール・インス、サッカー選手
  • 1968年 - メローラ・ウォルターズ、女優
  • 1969年 - 辻本弘樹、元プロ野球選手
  • 1969年 - 龍炎狼牙、漫画家
  • 1970年 - ルイス・クー、俳優
  • 1971年 - 西島千博、バレエダンサー、俳優
  • 1971年 - 遠藤憲昭、アパレルブランドプロデューサー
  • 1971年 - ニック・オリヴェリ、ミュージシャン
  • 1971年 - ポール・テルファー、サッカー選手
  • 1971年 - 大山喜久子、弁護士
  • 1972年 - 森田成一、声優
  • 1972年 - 米倉利紀、ミュージシャン
  • 1972年 - 山崎健、プロ野球選手
  • 1972年 - サフロン・バロウズ、女優
  • 1973年 - ブライアン・コーリー、メジャーリーガー
  • 1973年 - レーラ・アウエルバッハ、作曲
  • 1974年 - 岡本真也、プロ野球選手
  • 1974年 - 田中敏昭、元プロ野球選手
  • 1974年 - 夜麻みゆき、漫画家
  • 1975年 - トビー・ホール、メジャーリーガー
  • 1975年 - エンリケ・イラーリオ、サッカー選手
  • 1976年 - 高山樹里、アテネオリンピックソフトボール日本代表
  • 1976年 - 松田洋昌、お笑い芸人(ハイキングウォーキング)
  • 1976年 - ラビニア・ミロソヴィッチ、体操選手
  • 1977年 - TSURU、ミュージシャン(STANCE PUNKS)
  • 1977年 - 福田健二、サッカー選手
  • 1978年 - 乙一、小説家
  • 1978年 - 大江麻理子、テレビ東京アナウンサー
  • 1979年 - カリル・グリーン、メジャーリーガー
  • 1979年 - 高野志穂、女優
  • 1980年 - 稲嶺誉、元プロ野球選手
  • 1980年 - 六車勇輝、俳優
  • 1980年 - キム・カーダシアン、女優
  • 1980年 - 光川愛、ミュージカル俳優
  • 1981年 - ネマニャ・ヴィディッチ、サッカー選手
  • 1982年 - リー・チョンウェイ、バドミントン選手
  • 1982年 - マット・ダラス、俳優
  • 1982年 - 井上香織、バレーボール選手
  • 1982年 - 根市寛貴、元プロ野球選手
  • 1982年 - ジム・ヘンダーソン、メジャーリーガー
  • 1983年 - ザック・グレインキー、メジャーリーガー
  • 1983年 - アンディ・マルテ、プロ野球選手(+ 2017年)
  • 1983年 - ケイシー・フィーン、メジャーリーガー
  • 1983年 - フランシスコ・カラバイヨ、プロ野球選手
  • 1984年 - 道端ジェシカ、ファッションモデル
  • 1984年 - キーラン・リチャードソン、サッカー選手
  • 1984年 - ケニー・クーパー、サッカー選手
  • 1985年 - 小口幸太、ゲイビデオ男優、プロボクサー
  • 1985年 - サヘル・ローズ、タレント、モデル
  • 1985年 - 新垣勇人、プロ野球選手
  • 1985年 - 荻野貴司、プロ野球選手
  • 1986年 - アキノ、The Do-Nuts
  • 1986年 - 夏日凜子、声優
  • 1986年 - ナタリー・ホロウェイ、行方不明者
  • 1986年 - クリストファー・アッカーマン、シンガーソングライター
  • 1986年 - 瀬川隼郎、プロ野球選手
  • 1986年 - 李振昌、プロ野球選手
  • 1987年 - 中間淳太、ジャニーズWEST
  • 1987年 - ショーン・オチンコ、元プロ野球選手
  • 1987年 - ジャスティン・デフレイタス、メジャーリーガー
  • 1989年 - 岩嵜翔、プロ野球選手
  • 1989年 - May'n、歌手
  • 1989年 - ダニー・バーンズ
  • 1990年 - リッキー・ルビオ、バスケットボール選手
  • 1991年 - 藤本泉、タレント
  • 1992年 - 岩本輝、プロ野球選手
  • 1992年 - バーナード・トミック、プロテニス選手
  • 1993年 - 桜井俊貴、プロ野球選手
  • 1995年 - アントワネット・ギディア、競泳選手
  • 1995年 - 黒木ほの香、声優
  • 1997年 - 石田桃香、女優
  • 1998年 - 大島涼花、アイドル
  • 2000年 - 伊藤美誠、プロ卓球選手
  • 2001年 - チャ・ジュンファン、フィギュアスケート選手
  • 生年不詳 - 幸樹、ミュージシャン(ダウト)
  • 生年不明 - 佐藤広太、声優
  • 生年不明 - 伊達忠智、声優
  • 生年不明 - 梶田夕貴、声優
  • 生年不明 - 櫻井浩美、声優
  • 生年不明 - 寒川ほのか、声優

忌日

  • 1422年 - シャルル6世、フランス王(* 1368年)
  • 1500年(明応9年9月28日)- 後土御門天皇、日本の第103代天皇(* 1442年)
  • 1558年 - ジュール・セザール・スカリジェ、文法学者、哲学者、医師(* 1484年)
  • 1571年(元亀2年10月3日)- 北条氏康、戦国時代の大名(* 1515年)
  • 1579年(天正7年10月2日)- 種子島時尭、戦国武将(* 1528年)
  • 1600年(慶長5年9月15日)- 大谷吉継、戦国時代の大名(* 1559年?)
  • 1600年(慶長5年9月15日)- 島津豊久、戦国武将(* 1570年)
  • 1600年(慶長5年9月15日)- 肝付兼護、戦国武将(* 1561年)
  • 1600年(慶長5年9月15日)- 戸田勝成、戦国武将(* 1557年)
  • 1600年(慶長5年9月15日)- 平塚為広、戦国武将(* 生年不詳)
  • 1662年 - ヘンリー・ローズ、作曲家(* 1595年)
  • 1765年 - ジョバンニ・パオロ・パンニーニ、画家、建築家(* 1691年)
  • 1775年 - ペイトン・ランドルフ、大陸会議議長(* 1721年)
  • 1805年 - ホレーショ・ネルソン、英海軍提督(* 1758年)
  • 1872年 - ジャック・バビネ、物理学者(* 1794年)
  • 1881年 - エドゥアルト・ハイネ、数学者(* 1821年)
  • 1886年 - ホセ・エルナンデス、詩人(* 1834年)
  • 1903年 - 陣幕久五郎、大相撲第12代横綱(* 1829年)
  • 1916年 - ラファエル・コラン、画家(* 1850年)
  • 1931年 - アルトゥル・シュニッツラー、小説家(* 1862年)
  • 1945年 - 深井英五、銀行家、経済学者(* 1871年)
  • 1952年 - 池田豊、元プロ野球審判員(* 1893年)
  • 1961年 - カール・コルシュ、マルクス主義理論家(* 1886年)
  • 1967年 - アイナー・ヘルツシュプルング、天文学者(* 1873年)
  • 1969年 - ヴァツワフ・シェルピニスキ、数学者(* 1882年)
  • 1969年 - ジャック・ケルアック、小説家、詩人(* 1922年)
  • 1971年 - 志賀直哉、小説家(* 1883年)
  • 1971年 - 砂川捨丸、漫才師(* 1890年)
  • 1973年 - 我妻栄、法学者(* 1897年)
  • 1973年 - 小田基義、映画監督(* 1909年)
  • 1974年 - 丸山薫、小説家(* 1894年)
  • 1974年 - レンジェル・メニヘールト、劇作家、脚本家(* 1880年)
  • 1975年 - チャールズ・レイドパス、陸上競技選手(* 1889年)
  • 1976年 - 山口益、仏教学者、大谷大学学長(* 1895年)
  • 1978年 - アナスタス・ミコヤン、ソビエト連邦の最高会議幹部会議長(* 1895年)
  • 1980年 - 嵐寛寿郎、映画俳優(* 1903年)
  • 1980年 - ハンス・アスペルガー、医学者(* 1906年)
  • 1984年 - フランソワ・トリュフォー、映画監督(* 1932年)
  • 1985年 - 増位山大志郎、大相撲の力士(* 1919年)
  • 1990年 - P.R.サーカー、スピリチュアル思想家(* 1921年)
  • 1991年 - 田上穣治、法学者(* 1907年)
  • 1998年 - 宮脇檀、建築家、エッセイスト(* 1936年)
  • 1999年 - ジョン・ブロムウィッチ、テニス選手(* 1918年)
  • 2002年 - ジェシー・グリーンスタイン、天文学者(* 1909年)
  • 2002年 - 矢数道明、医師、医史学者(* 1905年)
  • 2002年 - 笹沢左保、小説家(* 1930年)
  • 2003年 - エリオット・スミス、シンガーソングライター(* 1969年)
  • 2004年 - 川崎洋、詩人(* 1930年)
  • 2006年 - パウル・ビーヘル、児童文学作家(* 1925年)
  • 2009年 - 南田洋子、女優、タレント(* 1933年)
  • 2010年 - 逸見晴恵、随筆家、逸見政孝夫人(* 1949年)
  • 2012年 - ジミー・ツトム・ミリキタニ、路上画家(* 1920年)
  • 2016年 - 小坂憲次、政治家(* 1946年)

スピーチ作成 - テーマ「あかりの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-21_あかりの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650