365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

12月12日「漢字の日」


 12月12日は「漢字の日」です。「いい(1)じ(2)いち(1)じ(2)」(いい字一字)の語呂合わせから、日本漢字能力検定協会が1995年に制定しました。
 毎年その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字(今年の漢字)」を全国から募集し、この日に京都市の清水寺(きよみずでら)で発表しています。この揮毫は、清水寺の貫主によって行われています。


 漢字の日で記憶に残っているのは、2011年の「絆」です。この言葉は、東日本大震災で何度も出てきました。

 その言葉が、そのまま今年の漢字になっていて、それだけ影響が大きかったということを実感しました。

 日本漢字能力検定協会の「今年の漢字」は、1995年に始まりました。発表は清水寺の奥の院舞台にて、日本漢字能力検定協会の理事も務めていた貫主の森清範(せいはん)により、巨大な和紙に漢字一字が揮毫されます。
 この漢字は、日本全国より公募を行い、その中で最も応募数の多かった漢字一字を、その年の世相を表す漢字として選びます。
 最初の年であった1995年は、「震」が1位となりました。2位は「乱」、3位は「災」です。この年は、阪神・淡路大震災が発生し、地下鉄サリン事件も起きました。また、金融機関の倒産などによる社会不安の拡大がありました。


 1995年以降も、リストを見ていると社会不安を反映した漢字の率が半分以上を占めています。下り坂で多難な状況の日本を反映しているように感じます。

 節目事に、それまでの期間を総括する。そうすることで、不幸に一区切りを付けて、先に進めるのかもしれません。大きなトラブルに見舞われた時こそ、こうしたことが必要なのかもしれません。

スピーチ作例 12月12日1
文字数:711文字   想定時間:222
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 「今年の漢字」の発表にともなう揮毫は、清水寺貫主の森清範が、ぶっつけ本番で書いています。
 発表日の朝、漢検の理事長が、「今年の漢字」を書いた紙を入れた茶封筒を、清水寺の森のもとへ持参します。封筒には「親展」と書かれており、二重封筒を使用しているため、外からは見えません。
 そのため、舞台に立って開封するまで、森自身も「今年の漢字」を目にすることは出来なくなっています。
 清水寺は、京都府京都市東山区清水にある寺院です。山号は音羽山。本尊は千手観音、開基(創立者)は延鎮です。
 もとは法相宗に属しましたが、現在は独立して北法相宗大本山を名乗っています。
 西国三十三所観音霊場の第16番札所でもあります。
 清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つです。また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場です。
 鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地として有名であり、季節を問わず多くの参詣者が訪れます。また、古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されています。
 国宝にもなっている清水寺の本堂は、「清水の舞台」とも呼ばれます。建物の前半部分は山の斜面にせり出すようにして建てられ、多くの長大なケヤキの柱(139本という)が「舞台」と呼ばれるせり出し部分を支えています。このような構造を「懸造(かけづくり)」、あるいは「舞台造」と言います。この本堂には、釘は使われていません。
 思い切って物事を決断することを「清水の舞台から飛び降りるつもりで」と言いますが、記録によれば、実際に飛び降りた人が1694年(元禄7年)から1864年(元治元年)の間に、未遂を含み235件に上り、生存率は85.4パーセントだったそうです。
 1872年(明治5年)に京都府は、「舞台飛び落ち」は封建的な悪習であるとして禁止する布令を出しました。舞台欄干周囲には、柵を張るなどの対策が施され、「飛び落ち」は影をひそめました。

記念日・年中行事

  • 憲法記念日(ロシア)
    1993年のこの日、ロシア連邦憲法制定のための国民投票が実施され、ロシア憲法が採択された。
  • 独立記念日(ケニア)
    1963年のこの日、ケニアがイギリスから独立した。
  • 中立の日(トルクメニスタン)
    1995年のこの日、国連総会でトルクメニスタンの永世中立の宣言が承認された。
  • 漢字の日(日本)
  • バッテリーの日(日本)
  • 十二日まち(日本)
  • アグリー・クリスマス・セーター・デイ(アメリカ合衆国)

歴史

  • 316年(建興4年11月12日)- 西晋が滅亡する。
  • 1098年 - 第1回十字軍: マアッラ攻囲戦が終結。
  • 1408年 - ハンガリー王ジギスムントがドラゴン騎士団を設立。
  • 1781年 - アメリカ独立戦争: ウェサン島の海戦
  • 1787年 - ペンシルベニア州がアメリカ合衆国憲法を承認し、アメリカ合衆国2番目の州となる。
  • 1847年 - ドイツの電機機器メーカーシーメンスがベルリンで設立される。
  • 1870年(明治3年閏10月20日)- 官設鉄道(国鉄の前身)の建設母体が「民部省鉄道掛」から「工部省鉄道掛」へと改組
  • 1901年 - マルコーニがイギリス・カナダ間の大西洋横断無線通信を成功させる。
  • 1908年 - 北原白秋、木下杢太郎らが青年文芸・美術家の懇談会「パンの会」を結成。
  • 1911年 - イギリス支配下のインド帝国がコルカタ(カルカッタ)からニューデリーに遷都。
  • 1913年 - 1911年にルーヴル美術館から盗まれて以来行方不明になっていた『モナ・リザ』がフィレンツェで発見される。
  • 1915年 - 中華民国大総統袁世凱が皇帝に即位、元号は洪憲とし、国号は中華帝国に改称。
  • 1916年 - 第一次世界大戦: ドイツがアメリカに連合国との和平交渉の意志を伝達。
  • 1925年 - イランの議会がレザー・パフラヴィーの皇帝即位を議決。
  • 1936年 - 張学良・楊虎城配下の部隊が西安滞在中の蒋介石を拘束、国共合作と抗日を要求。(西安事件)
  • 1937年 - 日中戦争:南京攻略戦の日本海軍機が、米太平洋艦隊の「パナイ」と英海軍の「レディーバード」を中国側の艦船と誤認して攻撃。「パナイ」は沈没、「レディーバード」も損害を被った。(パナイ号事件)
  • 1939年 - 北海道猿払村沖でソ連の貨客船「インディギルカ号」が座礁・沈没。700人以上が死亡。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: イギリスがブルガリア・ハンガリー・ルーマニアに宣戦布告。インドが日本に宣戦布告。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: 支那事変(日中戦争)からの一連の戦争を総称して「大東亜戦争」と呼ぶとする閣議決定が発表。
  • 1942年 - 第二次世界大戦・独ソ戦: 冬の嵐作戦開始。
  • 1945年 - GHQが、『忠臣蔵』などの仇討ち・心中物の芝居の上演禁止を指令。
  • 1947年 - 児童福祉法公布。
  • 1956年 - 日本の国連加盟が国際連合安全保障理事会決議121の全会一致で決定。
  • 1958年 - ギニアが国連に加盟。
  • 1961年 - 世界初のアマチュア衛星、オスカー1号打ち上げ。
  • 1961年 - 旧日本軍将校らによるクーデター計画が発覚。(三無事件)
  • 1963年 - ケニアがイギリスから独立。
  • 1964年 - ケニア首相ジョモ・ケニヤッタが初代大統領に就任。
  • 1966年 - 中央本線初の特急列車、「あずさ」デビュー。
  • 1971年 - 興亜観音・殉国七士之碑爆破事件起こる。
  • 1973年 - 三菱樹脂事件の最高裁大法廷判決。
  • 1979年 - 韓国で粛軍クーデター。全斗煥少将が軍の実権を掌握。
  • 1979年 - ローデシア問題: 1965年に一方的にイギリスからの独立を宣言したジンバブエ・ローデシアがイギリス植民地に復帰。
  • 1979年 - 国鉄宮崎実験線で超電導リニアが504km/hを達成。初めて500km/hを超える。
  • 1980年 - 日本の自動車生産台数が1100万台突破。アメリカを抜き世界一となる。
  • 1984年 - マーウイヤ・ウルド・シディ・アハメド・タヤがモーリタニアの国家元首になる。
  • 1988年 - 岩波書店が絵本『ちびくろサンボ』を絶版とする。
  • 1996年 - イラクでフセイン大統領の長男、ウダイの暗殺未遂事件起こる。
  • 2000年 - 米大統領選のフロリダ州での票の集計をめぐる訴訟(ブッシュ対ゴア事件)で、連邦最高裁が票の再集計を禁止する判決を出し、ジョージ・W・ブッシュの当選が確定。
  • 2000年 - 都営地下鉄大江戸線が全線開通。
  • 2002年 - ウィキペディアの姉妹プロジェクトウィクショナリーが活動開始。
  • 2011年 - 日本の情報収集衛星「レーダー3号機」を搭載したH2Aロケットが種子島宇宙センターから打ち上げられる。
  • 2012年 - 北朝鮮が人工衛星と称した弾道ミサイルを打ち上げる。
  • 2015年 - 第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)がパリ協定を採択する。
  • 2016年 - ベネズエラの最高額紙幣100ボリバル・フエルテが廃止。同月15日までを期限に新紙幣への交換が始まった

誕生日

  • 1526年 - サンタ・クルス侯爵アルバロ・デ・バサン、軍人(+ 1588年)
  • 1724年 - カール・テオドール、バイエルン選帝侯(+ 1799年)
  • 1731年 - エラズマス・ダーウィン、医師、詩人、自然哲学者(+ 1802年)
  • 1777年 - アンリ・ブランヴィル、動物学者、解剖学者(+ 1850年)
  • 1791年 - マリア・ルイーザ、フランス皇帝ナポレオン1世の皇后、パルマ公国女公(+ 1847年)
  • 1801年 - ヨハン、第4代ザクセン王国国王(+ 1873年)
  • 1805年 - ウィリアム・ロイド・ガリソン、奴隷制廃止運動家(+ 1879年)
  • 1819年 - ジュール=ウジェーヌ・ルヌヴー、画家(+ 1898年)
  • 1821年 - ギュスターヴ・フローベール、作家(+ 1880年)
  • 1832年 - ルートヴィヒ・シロー、数学者(+ 1918年)
  • 1838年 - シャーバーン・バーナム、天文学者(+ 1921年)
  • 1840年 - グスタフ・コーン、経済学者(+ 1919年)
  • 1862年 - ジョセフ・ブルース・イズメイ、実業家(+ 1937年)
  • 1863年 - エドヴァルド・ムンク、画家(+ 1944年)
  • 1866年 - アルフレート・ヴェルナー、化学者(+ 1919年)
  • 1898年 - 黒島伝治、小説家(+ 1943年)
  • 1898年 - 大内青圃、仏師、彫刻家(+ 1981年)
  • 1901年 - 木村伊兵衛、写真家(+ 1974年)
  • 1902年 - アントニオ・ホセ、作曲家(+ 1936年)
  • 1903年 - 小津安二郎、映画監督(+ 1963年)
  • 1904年 - ニコラ・ド・ガンズビュール、俳優、ファッション雑誌編集者(+ 1981年)
  • 1915年 - フランク・シナトラ、歌手(+ 1998年)
  • 1923年 - 堀井数男、元プロ野球選手(+ 2006年)
  • 1923年 - 津村謙、流行歌手(+ 1961年)
  • 1923年 - 田中卓、歴史学者
  • 1924年 - エド・コッチ、政治家(+ 2013年)
  • 1927年 - ロバート・ノイス、インテル設立者(+ 1990年)
  • 1928年 - ヘレン・フランケンソーラー、画家(+ 2011年)
  • 1928年 - チンギス・アイトマートフ、小説家(+ 2008年)
  • 1929年 - 穐吉敏子、ジャズピアニスト、作曲家
  • 1932年 - 秦郁彦、歴史学者
  • 1933年 - 田波靖男、脚本家(+ 2000年)
  • 1936年 - 森内俊雄、小説家
  • 1937年 - ブライアン・ラムレイ、ホラー小説家
  • 1938年 - 秋草直之、元富士通社長(+ 2016年)
  • 1938年 - 黒江透修、元プロ野球選手
  • 1938年 - コニー・フランシス、歌手、女優
  • 1939年 - マイケル・S・ガザニガ、心理学者
  • 1940年 - ディオンヌ・ワーウィック、歌手
  • 1943年 - グローヴァー・ワシントン・ジュニア、スムーズジャズのサクソフォーン奏者(+ 1999年)
  • 1944年 - 舟木一夫、歌手
  • 1946年 - エマーソン・フィッティパルディ、F1レーサー
  • 1948年 - トム・ウィルキンソン、俳優
  • 1948年 - 西垣通、計算機科学者
  • 1949年 - 大井利夫、映画監督、演出家
  • 1950年 - 大室勝美、元プロ野球選手
  • 1954年 - 岡田貴久子、作家
  • 1955年 - 中村梅雀、俳優
  • 1955年 - 井辻朱美、翻訳家、小説家、歌人
  • 1956年 - 大森隆志、ミュージシャン
  • 1957年 - スザンナ・タマーロ、小説家
  • 1958年 - 長村裕之、プロ野球選手
  • 1959年 - ちば拓、漫画家(+ 2016年)
  • 1959年 - 小笠原和彦、空手家、プロレスラー
  • 1959年 - マウロ・マゾッティ、元野球選手、野球監督
  • 1960年 - 西村まさ彦、俳優
  • 1962年 - 山西惇、俳優
  • 1962年 - トレーシー・オースチン、テニス選手
  • 1963年 - 折笠愛、声優
  • 1963年 - 田中貴志、ミュージシャン、音楽プロデューサー
  • 1964年 - I.N.A、音楽プロデューサー、作曲家、レコーディング・エンジニア、ミュージシャン、マニピュレーター、DJ
  • 1964年 - アロンゾ・パウエル、元プロ野球選手
  • 1965年 - 高橋ヒロシ、漫画家
  • 1965年 - 寺田和正、実業家
  • 1965年 - クリスティ・レイク、ポルノ女優
  • 1966年 - ウルティモ・ドラゴン、プロレスラー
  • 1966年 - ホイス・グレイシー、柔術家
  • 1968年 - 上遠野浩平、SF作家
  • 1968年 - 栗原正尚、漫画家
  • 1968年 - 藤森夕子、グラビアアイドル、女優
  • 1968年 - 杉山賢人、元プロ野球選手
  • 1968年 - エリック・ミロー、フィギュアスケート選手
  • 1969年 - デリック・ホワイト、元プロ野球選手
  • 1969年 - ラファエル・ディアス、元プロ野球選手
  • 1969年 - クリス・ウィルツ、フィギュアスケート選手
  • 1970年 - 伽代子、タレント、女優
  • 1970年 - 藤田貴美、漫画家
  • 1970年 - ジェニファー・コネリー、女優
  • 1971年 - 坂田聡、俳優
  • 1972年 - 村松有人、プロ野球選手
  • 1973年 - 田中陽子、アイドル
  • 1974年 - 立花美哉、シンクロナイズドスイミング選手
  • 1974年 - ノルベルト・ソラーノ、サッカー選手
  • 1975年 - 原田おさむ、お笑い芸人
  • 1975年 - 桑島法子、声優
  • 1975年 - 吉田尚記、ニッポン放送アナウンサー
  • 1975年 - クレイグ・ムーア、サッカー選手
  • 1975年 - 猿田泰寛、ピアニスト
  • 1976年 - 林克治、元お笑い芸人(カリカ)
  • 1976年 - 市川友也、元サッカー選手
  • 1976年 - 瀬戸朝香、女優
  • 1976年 - 穂坂優子、女優
  • 1976年 - ダン・ホーキンス、ミュージシャン(ザ・ダークネス)
  • 1977年 - 田辺研一郎、日本テレビアナウンサー
  • 1977年 - ブリジット・ホール、スーパーモデル
  • 1977年 - 宮本真希、女優
  • 1977年 - 小島宏美、サッカー選手
  • 1977年 - 楊謹華、女優
  • 1977年 - 松島勇気、ミュージカル俳優
  • 1978年 - 今野浩喜、お笑い芸人(キングオブコメディ)
  • 1978年 - 瀧上伸一郎、お笑い芸人(流れ星)
  • 1978年 - デリック・デルモア、フィギュアスケート選手
  • 1980年 - 綾瀬麻理、ヌードモデル
  • 1980年 - 大木優紀、テレビ朝日アナウンサー
  • 1981年 - 西尾美香、女子プロレスラー
  • 1981年 - オロフ・モルク、ヘヴィメタル・ミュージシャン
  • 1982年 - 白井眞輝、ミュージシャン([Alexandros])
  • 1982年 - 加藤あい、女優
  • 1982年 - 西田彩香、女優
  • 1982年 - 大水洋介、お笑い芸人(ラバーガール)
  • 1982年 - ドミトリー・トゥルスノフ、テニス選手
  • 1982年 - パーヴェル・レベデフ、フィギュアスケート選手
  • 1982年 - アービン・サンタナ、メジャーリーガー
  • 1983年 - 未来玲可、元歌手
  • 1983年 - 畑中幸生、デザイナー
  • 1984年 - ダニエル・アッゲル、サッカー選手
  • 1984年 - 平愛梨、女優
  • 1985年 - 貫地谷しほり、女優
  • 1985年 - 持田茜、AV女優
  • 1985年 - ヘム・ブンティン、マラソン選手
  • 1986年 - T・J・ウォード、アメリカンフットボール選手
  • 1986年 - 紗羅マリー、ファッションモデル
  • 1986年 - 日高光啓、歌手、AAAメンバー
  • 1986年 - MIZUHO、ミュージシャン(元ZONE)
  • 1987年 - 田上健一、プロ野球選手
  • 1988年 - 小林祐梨子、陸上競技選手
  • 1988年 - 宮崎敏郎、プロ野球選手
  • 1988年 - 中元勇作、プロ野球選手
  • 1990年 - ビクター・モーゼス、サッカー選手
  • 1990年 - 富樫あずさ、グラビアアイドル
  • 1995年 - 山根千佳、タレント
  • 1995年 - 伊藤寧々、アイドル(元乃木坂46)
  • 1996年 - 美山加恋、女優・声優

忌日

  • 884年 - カルロマン、西フランク王国カロリング朝国王(* 866年)
  • 900年(昌泰3年11月18日)- 藤原良世、平安時代の公卿(* 823年)
  • 1380年(天授6年/康暦2年11月15日)- 大内弘世、守護大名(* 1325年?)
  • 1398年(応永5年11月4日)- 足利氏満、第2代鎌倉公方(* 1359年)
  • 1481年(文明13年11月21日)- 一休宗純、室町時代の禅僧(* 1394年)
  • 1555年(弘治元年閏10月29日)- 武野紹鴎、豪商、茶人(* 1502年)
  • 1574年 - セリム2世、オスマン帝国第11代スルタン(* 1524年)
  • 1586年 - ステファン・バートリ、ポーランド王(* 1533年)
  • 1685年 - ジョン・ペル、数学者(* 1611年)
  • 1720年(享保5年11月13日)- 酒井忠挙、江戸幕府寺社奉行、前橋藩主(* 1648年)
  • 1766年 - ヨハン・クリストフ・ゴットシェート、劇作家、文学者、思想家(* 1700年)
  • 1789年(寛政元年10月26日)- 徳川治貞、第9代紀州藩主、第5代西条藩主(* 1728年)
  • 1805年(文化2年10月22日)- 智洞、浄土真宗の僧(* 1736年)
  • 1843年 - ヴィレム1世、初代オランダ国王(* 1772年)
  • 1849年 - マーク・イザムバード・ブルネル、技術者(* 1769年)
  • 1851年 - ジョエル・ロバーツ・ポインセット、第15代アメリカ合衆国陸軍長官(* 1779年)
  • 1867年(慶応3年11月17日)- 中岡慎太郎、幕末の志士(* 1838年)
  • 1889年 - ヴィクトール・ブニャコフスキー、数学者(* 1804年)
  • 1889年 - ロバート・ブラウニング、詩人(* 1812年)
  • 1897年 - 浜田彦蔵、通訳・貿易商(* 1837年)
  • 1899年 - 池田茂政、第9代岡山藩主(* 1839年)
  • 1904年 - ロマン・コンドラチェンコ、帝政ロシアの陸軍少将(* 1857年)
  • 1912年 - ルイトポルト、バイエルン王国の王族(* 1821年)
  • 1913年 - メネリク2世、エチオピア皇帝(* 1844年)
  • 1917年 - アンドリュー・テーラー・スティル、オステオパシー創始者(* 1828年)
  • 1921年 - ヘンリエッタ・スワン・リービット、天文学者(* 1868年)
  • 1923年 - レイモン・ラディゲ、詩人(* 1903年)
  • 1925年 - 依田勉三、北海道開拓者(* 1853年)
  • 1939年 - ダグラス・フェアバンクス、俳優(* 1883年)
  • 1949年 - 徳川義恭、文学者、装丁家(* 1921年)
  • 1958年 - ミルティン・ミランコビッチ、地球物理学者(* 1879年)
  • 1963年 - テオドール・ホイス、初代ドイツ連邦大統領(* 1884年)
  • 1963年 - 小津安二郎、映画監督(* 1903年)
  • 1971年 - 8代目桂文楽、落語家(* 1892年)
  • 1977年 - 遊部久蔵、経済学者(* 1914年)
  • 1979年 - ポール・ラッシュ、牧師(* 1897年)
  • 1980年 - 花郁悠紀子、漫画家(* 1954年)
  • 1982年 - 竹内敏雄、美学者(* 1905年)
  • 1985年 - アン・バクスター、女優(* 1923年)
  • 1989年 - 田河水泡、漫画家(* 1909年)
  • 1994年 - 中河与一、小説家、歌人(* 1897年)
  • 1998年 - 隅谷正峯、刀工(* 1921年)
  • 1999年 - ジョセフ・ヘラー、小説家(* 1923年)
  • 2001年 - 田沢吉郎、元衆議院議員(* 1918年)
  • 2002年 - 松島栄一、歴史学者(* 1917年)
  • 2002年 - 笠原和夫、脚本家(* 1927年)
  • 2003年 - ヘイダル・アリエフ、アゼルバイジャン大統領(* 1923年)
  • 2005年 - 関口忠、電気・核融合工学者(* 1926年)
  • 2006年 - アラン・シュガート、コンピュータ工学者(* 1930年)
  • 2006年 - 郷司裕、元アマチュア野球審判員(* 1932年)
  • 2007年 - 内藤寿七郎、日本小児科医会初代会長(* 1906年)
  • 2007年 - 衞藤瀋吉、政治学者(* 1923年)
  • 2007年 - 山口俊夫、法学者(* 1928年)
  • 2007年 - ユーリ・ウォロンツォフ、外交官(* 1929年)
  • 2007年 - アイク・ターナー、ミュージシャン(* 1934年)
  • 2008年 - タソス・パパドプロス、キプロス大統領(* 1934年)
  • 2010年 - 清水貢、高校野球指導者(* 1929年)
  • 2013年 - 張成沢、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家(* 1946年)
  • 2008年 - ダイタクヘリオス、競走馬・種牡馬(* 1987年)

スピーチ作成 - テーマ「漢字の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 12-12_漢字の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650