365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月14日「鉄道の日」


 10月14日は「鉄道の日」です。1872年のこの日に、新橋駅と横浜駅とを結んだ日本初の鉄道が開業したこと並びに、1921年のこの日に鉄道開業50周年を記念して、東京駅の丸の内北口に鉄道博物館が開館したことを記念して制定されました。
 当初は「鉄道記念日」でしたが、現在は「鉄道の日」となっています。


 地元には鉄道博物館があり、古い蒸気機関車や、当時の客席などがあります。

 資料も展示されており、当時鉄道は華やかなものだったのだなと、実感させられます。

 日本で鉄道を作ろうと決めた時、アメリカやイギリスが建設を提案してきました。しかし、後に利権関係で揉めることが予想された上に、植民地化の布石になりかねないと考えて、政府は拒絶しました。
 予算の問題と反対運動から、最初の鉄道は、新橋、横浜間になりました。開業時の運賃は高額でしたが人気を博し、初年度から黒字になり、その結果「鉄道は儲かる」という認識が広まりました。


 独立性を保つために、自己資金で事業を行うことは時に必要です。また、その結果黒字が出れば、事業を展開しやすくなります。

 何かを始める時に、外部からお金を入れるか、自分の手の内でやるか。どちらにするかは、毎回検討しなければならないと思います。

スピーチ作例 10月14日1
文字数:538文字   想定時間:147
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 世界標準の日
    国際標準化機構(ISO)と国際電気標準会議(IEC)が制定。世界標準を策定した人たちに感謝し、労をねぎらう日。
  • 生神女庇護祭(正教会)
  • ニエレレの日(タンザニア)
    タンザニアの初代大統領ジュリウス・ニエレレが1999年に亡くなった日。
  • 体育の日(日本、2002年・2013年・2019年)※10月第2月曜日
  • 鉄道の日(日本)
    明治5年9月12日(旧暦)(1872年)に、新橋駅(後の汐留貨物駅・現在廃止)- 横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)間に日本で初めての鉄道が正式開業したことに由来。1922年に日本国有鉄道が「鉄道記念日」として制定。「鉄道記念日」のままでは国鉄色が強いということで、1994年に運輸省(現在の国土交通省)の提案により「鉄道の日」と改称し、JR以外の民間鉄道も含めての記念日となった。

歴史

  • 1066年 - ノルマン・コンクエスト: ヘイスティングズの戦い。
  • 1758年 - 七年戦争: ホッホキルヒの戦い
  • 1806年 - ナポレオン戦争、イエナ・アウエルシュタットの戦い。
  • 1854年(嘉永7年8月23日)- 日英和親条約が締結される。
  • 1872年(明治5年9月12日)- 日本の鉄道開業(新橋(後の汐留)- 横浜(現桜木町)間)。
  • 1873年 - 祝祭日を定める太政官布告「年中祭日祝日ノ休暇日」を発布。
  • 1892年 - アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズの最初の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』が刊行。
  • 1896年 - 陸軍中将乃木希典が台湾総督に就任。
  • 1900年 - フロイトの『夢判断』が出版される。
  • 1905年 - 登山家・小島烏水らが日本初の山岳会を結成。現在の日本山岳会。
  • 1914年 - 第一次世界大戦: 日本海軍がドイツ領南洋諸島の占領を完了。
  • 1921年 - 鉄道開業50年を記念して東京駅北口に鉄道博物館が開館。
  • 1922年 - 監獄を「刑務所」に改称。
  • 1926年 - A・A・ミルン作の童話『クマのプーさん』が発売。
  • 1933年 - ドイツがジュネーブ軍縮会議から脱退し、国際連盟からの脱退を表明。
  • 1938年 - 近衛文麿内閣が国際連盟との協力関係終了を閣議決定。
  • 1943年 - 日本占領下のフィリピンで第二共和国が成立。
  • 1943年 - ナチス・ドイツのソビボル強制収容所で大脱走事件発生。
  • 1945年 - 平壌でソ連解放軍歓迎平壌市民大会が開かれ、金日成が初の公開演説。
  • 1947年 - チャック・イェーガーが操縦する実験機X-1が水平飛行で音速を突破しマッハ1.06を記録。人類史上初の有人超音速飛行。
  • 1950年 - トルーマン・アメリカ大統領がウェーク島でマッカーサー元帥と会談。
  • 1951年 - ルース台風が鹿児島県に上陸。本州各地に大被害。死者行方不明943人。
  • 1952年 - 日本父母と先生全国協議会(現在の日本PTA全国協議会)が結成大会。
  • 1953年 - 日本共産党書記長・徳田球一が北京で客死。2年後に公表。
  • 1953年 - アリエル・シャロン率いるイスラエル国防軍がヨルダン川西岸のキビヤ村を襲撃。アラブ系住民67名が犠牲。
  • 1958年 - 東京タワーが竣工。
  • 1964年 - マーティン・ルーサー・キングのノーベル平和賞受賞が決定。
  • 1964年 - ニキータ・フルシチョフ失脚。
  • 1966年 - 黒い霧事件に対し、社会・民社・公明・共産4党の院内共闘が成立する。
  • 1968年 - メキシコオリンピックの陸上男子100m決勝でジム・ハインズが9.9秒を記録。人類で初めて10秒の壁を破る。
  • 1969年 - 西武秩父線(吾野駅 - 西武秩父駅)が開業。池袋からの特急「ちちぶ」が運転開始。
  • 1973年 - タイでクーデターが発生。(血の日曜日事件)
  • 1973年 - 蔵前国技館での世界最強タッグ戦60分3本勝負でアントニオ猪木&坂口征二組がルー・テーズ&カール・ゴッチ組を2対1で破る。
  • 1974年 - 巨人軍長嶋茂雄の引退試合。
  • 1977年 - 奈良筆が伝統工芸品に指定される。
  • 1982年 - 大阪にコンサート専用のザ・シンフォニーホールが開館。
  • 1983年 - 東北大学附属病院で日本初の体外受精児(試験管ベビー)が誕生。
  • 1987年 - 鳥取県のJR西日本若桜線(郡家駅 - 若桜駅19.2km)が第三セクター・若桜鉄道に転換。
  • 1991年 - 橋本龍太郎蔵相が証券・金融不祥事と富士銀行不正融資事件への元秘書の関与等で辞任。
  • 1992年 - 金丸信衆議院議員が東京佐川急便からの5億円違法献金疑惑で議員を辞職、政界を引退。
  • 1994年 - 札幌市営地下鉄東豊線豊水すすきの駅 - 福住駅間が開業し全通。
  • 1998年 - 「祝日法」改正法案(ハッピーマンデー法案)が参議院で可決・成立。成人の日・体育の日が1月・10月の第2月曜日に移動。
  • 1998年 - 改正議院証言法が参議院で可決・成立する(証人喚問の写真撮影やテレビ中継を条件付きで解禁)。
  • 2000年 - 首都圏共通ストアードフェアシステム・パスネット運用開始。
  • 2005年 - 郵政民営化法案が参議院にて可決し、法案が成立する。
  • 2007年 - 東京神田の交通博物館が、大宮に移転。鉄道博物館がオープン。
  • 2008年 - 日経平均株価の終値が前週末に比べて1171円14銭高となり、終値ベースでの上昇率が過去最大の+14.15%となる。
  • 2012年 - ジェンティルドンナが秋華賞を勝ち、日本競馬史上4頭目の牝馬三冠を達成。
  • 2012年 - フェリックス・バウムガルトナーがレッドブル・ストラトスによって有人気球による最高高度到達記録、スカイダイビングの最高高度記録、自由落下による最大落下速度記録(マッハ1.24)を記録する。
  • 2014年 - UEFA EURO 2016予選 セルビア対アルバニアの試合で乱闘が発生。背景にはセルビア人とアルバニア人の民族的・政治的対立があった。
  • 2017年 - ソマリアの首都モガディシュのホテルの前で爆発物を積んだトラックが爆発。多くの市民らが倒壊した建物の下敷きになり、512人が死亡。(2017年10月14日モガディシュ爆発事件)

誕生日

  • 1257年 - プシェミスウ2世、ポーランド王(+ 1296年)
  • 1404年 - マリー・ダンジュー、フランス王妃(+ 1463年)
  • 1493年(明応元年9月23日)- 島津忠良、戦国大名(+ 1568年)
  • 1499年 - クロード・ド・フランス、フランス王妃(+ 1524年)
  • 1630年 - ゾフィー・フォン・デア・プファルツ、ハノーファー選帝侯妃(+ 1714年)
  • 1633年 - ジェームズ2世、イングランド王(+ 1701年)
  • 1643年 - バハードゥル・シャー1世、ムガル帝国第7代皇帝(+ 1712年)
  • 1712年 - ジョージ・グレンヴィル、第8代英国首相(+ 1770年)
  • 1784年 - フェルナンド7世、スペイン王(+ 1833年)
  • 1801年 - ジョゼフ・プラトー、物理学者(+ 1983年)
  • 1826年 - ジョルジュ・マティアス、ピアニスト、作曲家(+ 1910年)
  • 1829年 - アーギュスト・マルムストレム、画家(+ 1901年)
  • 1840年 - フリードリッヒ・コールラウシュ、物理学者(+ 1910年)
  • 1840年 - ドミートリイ・ピーサレフ、文藝評論家(+ 1868年)
  • 1853年 - チプリアン・ポルムベスク、作曲家(+ 1883年)
  • 1859年 - ラバショル、アナーキスト(+ 1892年)
  • 1864年 - ステファン・ジェロムスキ、小説家(+ 1925年)
  • 1867年 - 正岡子規、俳人(+ 1902年)
  • 1871年 - アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー、作曲家(+ 1942年)
  • 1871年 - 本山白雲、彫刻家(+ 1952年)
  • 1872年 - レジナルド・ドハティー、テニス選手(+ 1910年)
  • 1873年 - レイ・ユーリー、陸上競技選手(+ 1937年)
  • 1873年 - ジュール・リメ、FIFA第3代会長(+ 1956年)
  • 1882年 - エイモン・デ・ヴァレラ、初代アイルランド首相、第3代大統領(+ 1975年)
  • 1888年 - キャサリン・マンスフィールド、小説家(+ 1923年)
  • 1890年 - ドワイト・D・アイゼンハワー、陸軍軍人、第34代アメリカ合衆国大統領(+ 1969年)
  • 1890年 - ルイ・デリュック、映画監督(+ 1924年)
  • 1893年 - リリアン・ギッシュ、女優(+ 1993年)
  • 1893年 - 葉問、武闘家(+ 1972年)
  • 1894年 - E・E・カミングス、詩人(+ 1972年)
  • 1900年 - W・エドワーズ・デミング、統計学者、著述家(+ 1993年)
  • 1902年 - レアルコ・グエッラ、自転車競技選手(+ 1963年)
  • 1906年 - 高石勝男、競泳選手(+ 1966年)
  • 1906年 - ハンナ・アーレント、哲学者(+ 1975年)
  • 1907年 - イグナス・ゲルブ、歴史学者(+ 1985年)
  • 1909年 - ベルント・ローゼマイヤー、レーシングドライバー(+ 1938年)
  • 1910年 - ジョン・ウッデン、バスケットボールコーチ(+ 2010年)
  • 1910年 - 倉信雄、プロ野球選手(+ 1945年)
  • 1911年 - レ・ドゥク・ト、政治家(+ 1990年)
  • 1917年 - トニー谷、コメディアン(+ 1987年)
  • 1918年 - 塚本博睦、元プロ野球選手(+ 2009年)
  • 1922年 - 月丘夢路、女優(+ 2017年)
  • 1922年 - 衛藤大輔、プロ野球選手
  • 1923年 - 茂山千之丞、狂言師(+ 2010年)
  • 1926年 - 田丸仁、元プロ野球監督(+ 1993年)
  • 1927年 - ロジャー・ムーア、俳優(+ 2017年)
  • 1927年 - トーマス・ルックマン、社会学者
  • 1928年 - ゲイリー・グラフマン、ピアニスト
  • 1930年 - モブツ・セセ・セコ、ザイール2代大統領(+ 1997年)
  • 1932年 - ヴォルフ・フォステル、現代芸術家(+ 1998年)
  • 1933年 - 稲嶺惠一、元沖縄県知事
  • 1934年 - 志太勤、経営者(シダックス創業者)
  • 1935年 - ラ・モンテ・ヤング、現代音楽作曲家
  • 1937年 - 松岡英孝、高校野球指導者
  • 1938年 - 柿原彬人、経営者(テクモ創業者)(+ 2006年)
  • 1938年 - ファラ・パフラヴィー、イラン王妃
  • 1939年 - 奥田務、経営者(大丸社長)
  • 1939年 - ラルフ・ローレン、ファッションデザイナー
  • 1939年 - 河東真、プロ野球選手
  • 1940年 - クリフ・リチャード、ミュージシャン
  • 1941年 - 白石冬美、声優
  • 1941年 - 安藤敏雄、プロ野球選手
  • 1942年 - ナーダシュ・ペーテル、小説家
  • 1943年 - 実川幸夫、政治家
  • 1943年 - ダイアン・ソーン、女優
  • 1944年 - 峰崎直樹、政治家
  • 1944年 - ウド・キア、俳優
  • 1945年 - 桑原豊、政治家
  • 1946年 - 松浪健四郎、政治家
  • 1946年 - クレイグ・ヴェンター、分子生物学者、実業家
  • 1947年 - 松田哲夫、編集者
  • 1947年 - ニコライ・ボルコフ、プロレスラー
  • 1948年 - 服部まゆみ、作家・銅版画家(+ 2007年)
  • 1949年 - 佐藤陽子、ヴァイオリニスト
  • 1950年 - 中村歌六(五代目)、歌舞伎役者
  • 1950年 - チャーリー・コーセイ、歌手
  • 1950年 - 藤目功治、プロ野球選手
  • 1952年 - ニコライ・アンドリアノフ、体操選手(+ 2011年)
  • 1952年 - カイヤ・サーリアホ、現代音楽作曲家
  • 1953年 - 渡辺香津美、ジャズギタリスト
  • 1953年 - 黄川田徹、政治家
  • 1953年 - 永田恭介、科学者、筑波大学学長(第9代)
  • 1954年 - ウィリー・エイキンズ、元メジャーリーガー
  • 1955年 - 奥慶一、作曲家
  • 1956年 - アレック・ジョン・サッチ、ミュージシャン(Bon Jovi)
  • 1956年 - クリス・バングル、自動車デザイナー
  • 1956年 - 森山隆男、プロ野球選手
  • 1957年 - 中谷元、政治家
  • 1957年 - 高原郁夫、サッカー選手
  • 1957年 - キャサリン・ジョンソン、劇作家
  • 1958年 - トーマス・ドルビー、音楽プロデューサー
  • 1959年 - 柴田よしき、作家
  • 1960年 - 石原隆、テレビプロデューサー
  • 1960年 - ビル・ベイス、元プロ野球選手
  • 1960年 - スティーブ・クラム、陸上選手
  • 1961年 - 熊谷真菜、作家、フードマーケティングデザイナー
  • 1962年 - 柿辰丸、俳優
  • 1963年 - アレッサンドロ・サフィナ、オペラ歌手
  • 1963年 - ロリ・ペティ、女優
  • 1964年 - 旭道山和泰、元関取、元衆議院議員
  • 1964年 - 有賀啓雄、作曲家
  • 1964年 - クリス・トーマス・キング、ミュージシャン、俳優
  • 1964年 - ジョー・ジラルディ、メジャーリーグベースボール監督、元メジャーリーガー
  • 1965年 - 鈴木重子、歌手
  • 1965年 - 小林良平、俳優
  • 1965年 - 畠山智行、俳優
  • 1965年 - スティーヴ・クーガン、俳優
  • 1965年 - 会田誠、現代美術家
  • 1965年 - 山中律俊、プロ野球選手
  • 1966年 - サヴァンナ・サムソン、ポルノ女優
  • 1967年 - マイコーりょう、タレント
  • 1968年 - 吉村祥子、レスリング選手
  • 1968年 - マット・ル・ティシエ、サッカー選手
  • 1969年 - ヴィクトル・オノプコ、サッカー選手
  • 1970年 - 永作博美、女優
  • 1970年 - 加藤貴子、女優
  • 1970年 - 芳賀絵巳子、女優(元ポピンズ)
  • 1970年 - トニー・ミッチェル、元プロ野球選手
  • 1970年 - パル・ゼッターベリ、サッカー選手
  • 1970年 - ダニエラ・ペストヴァ、ファッションモデル
  • 1971年 - 杉浦未幸、タレント(元おニャン子クラブ)
  • 1971年 - 知野公昭、元プロ野球選手
  • 1971年 - ジョルジュ・コスタ、サッカー選手
  • 1972年 - 高木浩之、元プロ野球選手
  • 1973年 - 堺雅人、俳優
  • 1973年 - スティーブン・ブラッドバリー、ショートトラックスピードスケート選手
  • 1973年 - 中井一輝、漫画家
  • 1973年 - ファビアン・オニール、サッカー選手
  • 1974年 - ジェシカ・ドレイク、ポルノ女優
  • 1974年 - ビクトル・ロスリン、マラソン選手
  • 1974年 - 伊藤計劃、SF作家(+ 2009年)
  • 1975年 - フロイド・ランディス、自転車レーサー
  • 1975年 - 石川多映子、ソフトボール選手
  • 1975年 - 海原やすよ、漫才師
  • 1975年 - 里中茶美、歌手
  • 1976年 - 岩沢厚治、ミュージシャン(ゆず)
  • 1976年 - 不動裕理、ゴルファー
  • 1976年 - 剱持たまき、女優
  • 1976年 - アンドレアス・ビドヘルツル、スキージャンプ選手
  • 1977年 - 内田潤、サッカー選手
  • 1977年 - 海本幸治郎、サッカー選手
  • 1977年 - ヨエイ・ディドゥリツァ、サッカー選手
  • 1977年 - ビアンカ・ボーシャン、フェティッシュモデル
  • 1977年 - 吉川華生、声優
  • 1977年 - U-zhaan、タブラ奏者
  • 1978年 - しまおまほ、漫画家、イラストレーター、島尾敏雄の孫
  • 1978年 - アッシャー、歌手
  • 1978年 - 木下理樹、ミュージシャン(ART-SCHOOL)
  • 1978年 - 武田久、プロ野球選手
  • 1978年 - 江口真紀、バスケットボール選手
  • 1978年 - ポール・ハンター、スヌーカー選手(+ 2006年)
  • 1979年 - 岡峰光舟、ミュージシャン(THE BACK HORN)
  • 1979年 - 兵庫ケンイチ、歌手
  • 1979年 - 水木ゆうな、女優
  • 1979年 - 牧野ステテコ、お笑い芸人
  • 1979年 - デュアネル・サンチェス、元メジャーリーガー
  • 1979年 - ロドリゴ・テージョ、サッカー選手
  • 1979年 - ステイシー・キーブラー、プロレスラー
  • 1980年 - 林丈統、サッカー選手
  • 1980年 - 石井あみ、タレント
  • 1980年 - ベン・ウィショー、俳優
  • 1981年 - ブーフ・ボンサー、野球選手
  • 1982年 - 東加奈子、ファッションモデル
  • 1982年 - ASOBU、ファッションモデル
  • 1982年 - ベン・ザイトリン、映画監督
  • 1982年 - カルロス・マーモル、メジャーリーガー
  • 1983年 - 千昇秀貴、大相撲力士
  • 1983年 - 新田千尋、舞台女優
  • 1983年 - 林丹、バドミントン選手
  • 1983年 - 木山光、作曲家
  • 1983年 - ベティ・ハイドラー、ハンマー投げ選手
  • 1984年 - クラウディア・ラウシェンバッハ、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - 天鎧鵬貴由輝、大相撲力士
  • 1984年 - クリス・ジョンソン、プロ野球選手
  • 1985年 - 前田美順、バドミントン選手
  • 1986年 - 福愛美、タレント
  • 1986年 - 岡田光、俳優、ファッションモデル
  • 1986年 - キャメロン・ジェローム、サッカー選手
  • 1986年 - エンリケ・アドリアーノ・ブス、サッカー選手
  • 1986年 - ジョエル・キムワキ、サッカー選手
  • 1987年 - 荒川雄太、プロ野球選手
  • 1987年 - 滝裕可里、タレント
  • 1987年 - 可愛きょうこ、グラビアアイドル
  • 1987年 - コール・カルフーン、メジャーリーガー
  • 1988年 - ジャレッド・エラリオ、野球選手
  • 1988年 - 青山愛、アナウンサー
  • 1989年 - ランディ・コンスエグラ、プロ野球選手
  • 1989年 - 川又堅碁、サッカー選手
  • 1989年 - ミア・ワシコウスカ、女優
  • 1992年 - アーメド・ムサ、サッカー選手
  • 1992年 - 鈴木伸之、俳優、劇団EXILE
  • 1993年 - 伴美幸、ファッションモデル、女優
  • 1993年 - 渡辺勝、プロ野球選手
  • 1994年 - 清野菜名、ファッションモデル
  • 1994年 - 藤井萩花、ダンサー、ファッションモデル、女優(Flower、E-girlsのメンバー、『JJ』専属モデル)
  • 1994年 - 高柳知葉、声優
  • 1994年 - 桧垣果穂、アイドル(Luce_Twinkle_Wink☆)
  • 1996年 - 田中美麗、アイドル(SUPER☆GiRLS)
  • 1996年 - 野村飛鳥、タレント
  • 1996年 - 野村純花、タレント
  • 1997年 - 白間美瑠、アイドル(NMB48、AKB48)
  • 1997年 - 山木梨沙、アイドル(カントリー・ガールズ)
  • 1999年 - 足立佳奈、シンガーソングライター・タレント
  • 2001年 - ローワン・ブランチャード、女優
  • 生年不詳 - 宮崎ゆい、漫画家
  • 生年不詳 - Ray、 歌手
  • 生年不明 - 合田慎二郎、声優
  • 生年不明 - 江原詩織、声優
  • 生年不明 - 柊唯也、声優

忌日

  • 764年(天平宝字8年9月11日)- 藤原訓儒麻呂、奈良時代の廷臣
  • 1066年 - ハロルド2世、イングランド王(* 1022年)
  • 1092年 - ニザームルムルク、セルジューク朝のアタベク・宰相(* 1017年)
  • 1189年(文治5年9月3日)- 藤原泰衡、奥州藤原氏第4代当主(* 1155年)
  • 1256年(康元元年9月25日)- 藤原頼嗣、鎌倉幕府第5代将軍、最後の摂家将軍(* 1239年)
  • 1318年 - エドワード・ブルース、アイルランド王(* 1275年頃)
  • 1441年(嘉吉元年9月29日)- 赤松教康、室町時代の武将(* 1423年)
  • 1568年 - ジャック・アルカデルト、作曲家(* 1504年?)
  • 1592年(文禄元年9月9日)- 豊臣秀勝、安土桃山時代の武将(* 1579年)
  • 1602年(慶長7年8月29日)- 松浦久信、平戸藩主(* 1571年)
  • 1610年(慶長15年8月28日)- 尼子義久、出雲国の戦国大名(* 1540年)
  • 1620年(泰昌元年9月19日)- 尚寧王、琉球王(* 1564年)
  • 1637年 - ガブリエッロ・キアブレーラ、詩人(* 1552年)
  • 1639年(寛永16年9月18日)- 松花堂昭乗、僧侶(* 1582年)
  • 1669年 - アントニオ・チェスティ、作曲家(* 1623年)
  • 1704年(宝永元年9月16日)- 島津綱貴、島津氏第20代当主、薩摩藩の第3代藩主(* 1650年)
  • 1706年(宝永3年9月8日)- 酒井忠囿、小浜藩主(* 1671年)
  • 1771年 - フランティシェク・クサヴェル・ブリクシ、作曲家(* 1732年)
  • 1803年 - エルコレ3世・デステ、モデナ・レッジョ公(* 1727年)
  • 1831年 - ジャン=ルイ・ポン、天文学者(* 1761年)
  • 1836年(天保7年9月5日)- 最上徳内、江戸時代中後期の探検家(* 1754年)
  • 1848年(嘉永元年9月18日)- 山内豊惇、第14代土佐藩主(* 1824年)
  • 1872年 - アルブレヒト、プロイセンの王族、上級大将(* 1809年)
  • 1886年 - 本因坊秀甫、囲碁棋士(* 1838年)
  • 1891年 - ラリー・コーコラン、メジャーリーガー(* 1859年)
  • 1910年 - ジョルジュ・マティアス、ピアニスト、作曲家(* 1826年)
  • 1925年 - ユージン・サンドウ、ボディビルの先駆者(* 1867年)
  • 1934年 - ミハイル・マチューシン、美術家、作曲家(* 1861年)
  • 1944年 - エルヴィン・ロンメル、ドイツ陸軍の元帥(* 1891年)
  • 1945年 - 本居長世、童謡作曲家(* 1885年)
  • 1946年 - ミスワカナ、漫才師(* 1910年)
  • 1953年 - 徳田球一、政治家、日本共産党書記長(* 1894年)
  • 1955年 - 安藤正純、日本の文部大臣(* 1876年)
  • 1957年 - 水谷日昇、僧侶(* 1879年)
  • 1958年 - 安藤広太郎、農学者(* 1871年)
  • 1958年 - ダグラス・モーソン、南極探検家(* 1882年)
  • 1959年 - エロール・フリン、俳優(* 1909年)
  • 1961年 - ポール・ラマディエ、フランス首相(* 1888年)
  • 1967年 - 今松治郎、日本の総理府総務長官(* 1898年)
  • 1967年 - マルセル・エイメ、小説家、劇作家(* 1902年)
  • 1969年 - 羽黒山政司、大相撲第36代横綱(* 1914年)
  • 1969年 - 増岡登作、実業家、増岡組の創業者(* 1891年)
  • 1977年 - ビング・クロスビー、歌手、俳優(* 1903年)
  • 1983年 - 依田郁子、陸上競技選手(* 1938年)
  • 1984年 - マーティン・ライル、天文学者(* 1918年)
  • 1985年 - エミール・ギレリス、ピアニスト(* 1916年)
  • 1986年 - 荻須高徳、画家(* 1901年)
  • 1990年 - レナード・バーンスタイン、作曲家、指揮者(* 1918年)
  • 1992年 - 玉川良一、俳優、コメディアン(* 1924年)
  • 1993年 - 石田博英、日本の内閣官房長官、労働大臣、運輸大臣(* 1914年)
  • 1994年 - ジョコンダ・デ・ヴィート、ヴァイオリニスト(* 1907年)
  • 1995年 - イーディス・パージター、作家(* 1913年)
  • 1999年 - ジュリウス・ニエレレ、タンザニア大統領(* 1922年)
  • 2001年 - 張学良、奉天軍閥の指導者(* 1901年)
  • 2002年 - 日野啓三、作家(* 1929年)
  • 2003年 - モクタル・ウルド・ダッダ、モーリタニア大統領(* 1924年)
  • 2003年 - 横山まさみち、漫画家(* 1930年)
  • 2006年 - 小倉みね子、女優(* 1914年)
  • 2006年 - 弓削達、歴史学者(* 1924年)
  • 2008年 - バリントン・J・ベイリー、SF作家(* 1937年)
  • 2013年 - 飯島耕一、詩人(* 1930年)
  • 2014年 - エリザベス・ペーニャ、女優(* 1959年)
  • 2015年 - 古田武彦、思想史学者、古代史研究家(* 1926年)
  • 2015年 - マチュー・ケレク、ベナン大統領(* 1933年)

スピーチ作成 - テーマ「鉄道の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-14_鉄道の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650