365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月29日「ダンスの日」


 11月29日は「ダンスの日」です。1883年の鹿鳴館の開館日にちなんで、日本ボールルームダンス連盟が制定しました。

 ダンスと言うと、私の世代は「クラブ」で、大学時代や社会人になりたての数年は通っていました。

 そうした場で盛り上がるのは、みんなが知っている曲でした。DJが好きなマニアックな曲は無視される傾向が強く、サービス精神が大切なのだなと思った経験があります。

 ボールルームダンスという言葉は、「舞踏室で踊るダンス」という意味です。日本で社交ダンスと呼ばれているものは、英語では一般的にボールルームダンスと呼ばれます。
 ボールルームダンスの歴史は、中世期のヨーロッパにルーツがあります。各地で踊られていた民族舞踏が宮廷に取り入れられ、2つの潮流になりました。
 1つは、「王候貴族が鑑賞する文化」として洗練され、「クラシック・バレエ」になりました。もう1つは、宮廷貴族の社交の場で、王自らが踊り広まった「コートダンス」(宮廷舞踏)です。これがボールルームダンスのはじまりと伝えられています。
 その後、産業革命などで大衆にも支持され、現在踊られているボールルームダンスの「スタンダード種目(モダン種目ともいう)」が定着しました。


 民族舞踊から始まり、宮廷を経て、大衆に戻ってきたわけです。そうした、異なる文化を経由することで、元の舞踊も形を変えたのでしょう。

 異なる文化を経てきた物には、元の文化にはないよい部分がある。転職で出て行ったあとに戻ってきた人などから、そうしたよい部分を取り入れていければなと思います。

スピーチ作例 11月29日1
文字数:671文字   想定時間:214
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • パレスチナ人民連帯国際デー
    1977年の国連総会で制定された国際デー。1947年のこの日、国連総会でパレスチナ分割に関する決議が採択されたことを記念。
  • 解放記念日(アルバニア)
    1944年のこの日、第二次大戦でドイツに占領されていたアルバニアが、パルチザンとソ連軍によって全土解放された。
  • ウィリアム・タブマン誕生日(リベリア)
    第19代リベリア大統領ウィリアム・タブマンの誕生日。
  • 祖国統一の日(バヌアツ)
  • 議会開設記念日(日本)
    1890年11月29日に、初の帝国議会が開かれたことに由来。
  • いい肉の日(日本)
    宮崎県の「より良き宮崎牛作り対策協議会」が制定。「い(1)い(1)に(2)く(9)」の語呂合せ。
  • ダンスの日(日本)
    日本ボールルームダンス連盟が制定。鹿鳴館の開館日にちなむ。

歴史

  • 紀元前2333年 - 檀君が古朝鮮を建国。
  • 1394年 - 李氏朝鮮初代国王李成桂が開城から現在のソウルに遷都。
  • 1830年 - ロシア帝国支配下のポーランド・ワルシャワで十一月蜂起が起こる。
  • 1850年 - プロイセン王国・オーストリア帝国・ロシア帝国がオルミュッツ協定を締結。プロイセンによるドイツ統一が頓挫。
  • 1864年 - インディアン戦争・コロラド戦争: サンドクリークの虐殺
  • 1872年 - インディアン戦争・モードック戦争: ロスト川の戦い
  • 1875年 - 京都市に同志社英学校(同志社大学の前身)が開学。
  • 1877年 - トーマス・エジソンが自身が発明した蓄音機を初めて公開。
  • 1890年 - 大日本帝国憲法施行。同日、第1回帝国議会が開会(翌1891年3月7日まで)。
  • 1893年 - 武漢に自強学堂(後の武漢大学)が設立される。
  • 1913年 - 国際フェンシング連盟設立。
  • 1924年 - 東京音楽学校でベートーヴェンの交響曲第9番が日本人によって初めて上演。
  • 1929年 - リチャード・バードらが史上初めて南極点上空を飛行。
  • 1934年 - 日本初のアメリカンフットボール試合を東京・明治神宮外苑競技場で開催。
  • 1943年 - ユーゴスラビア社会主義連邦共和国が建国を宣言。
  • 1943年 - ブーゲンビル島の戦い: ナボイの戦いで日本軍が勝利。
  • 1944年 - ソ連軍 によるアルバニアの全土解放が行なわれ、アルバニアがイタリア軍からの独立を宣言。同日、アルバニア共産党を中心とする社会主義臨時政府が設立。
  • 1947年 - 国連総会でパレスチナ分割決議(国連決議181号)可決。
  • 1947年 - 第一次インドシナ戦争: ミーチャック村虐殺
  • 1963年 - トランスカナダ航空831便墜落事故
  • 1972年 - アタリがビデオゲーム『ポン』をリリース。
  • 1973年 - 大洋デパート火災。死者104人、負傷者108人。デパート火災最大の惨事に。
  • 1976年 - 荒井由実と松任谷正隆が横浜山手教会で結婚。
  • 1980年 - 川崎市で金属バット両親殺害事件発生。
  • 1985年 - 過激派による国電同時多発ゲリラ事件。首都圏、大阪を初め各地で線路のケーブルが切断されダイヤが混乱。600万人に影響が出る。
  • 1987年 - 大韓航空機爆破事件。
  • 1990年 - 湾岸戦争: 国連安保理で安保理決議678(対イラク武力行使容認決議)を採択。
  • 1991年 - 営団地下鉄(現在の東京メトロ)南北線駒込駅 - 赤羽岩淵駅間が開業。
  • 2003年 - イラク日本人外交官射殺事件おこる。
  • 2016年 - 富山県立山(室堂)にて雪崩が発生。東京工業大学の学生3人が巻き込まれ1人が死亡。
  • 2017年 - 横綱日馬富士が巡業中に起こした暴行事件への責任を取り引退。

誕生日

  • 1427年(宣徳2年11月11日)- 英宗、明の第6代、第8代皇帝(+ 1464年)
  • 1624年(寛永元年10月19日)- 酒井忠清、江戸時代初期の譜代大名、老中、大老(+ 1681年)
  • 1627年 - ジョン・レイ、博物学者(+ 1705年)
  • 1679年 - アントニオ・ファルネーゼ、ファルネーゼ家最後のパルマ及びピアチェンツァ公(+ 1731年)
  • 1690年 - クリスティアン・アウグスト、アンハルト=ツェルプスト侯、ロシアの女帝エカチェリーナ2世の父(+ 1747年)
  • 1728年 - ヨハン・ゲルハルト・ケーニヒ、医師、植物学者(+ 1785年)
  • 1745年(延享2年11月7日)- 島津重豪、薩摩藩の第8代藩主(+ 1833年)
  • 1797年 - ガエターノ・ドニゼッティ、オペラ作曲家(+ 1848年)
  • 1803年 - ゴットフリート・ゼンパー、建築家(+ 1879年)
  • 1803年 - クリスチャン・ドップラー、物理学者(+ 1853年)
  • 1813年 - フランツ・ミクロシッチ、言語学者(+ 1881年)
  • 1815年(文化12年10月29日)- 井伊直弼、江戸幕府の大老、彦根藩主(+ 1860年)
  • 1832年 - ルイーザ・メイ・オルコット、作家(+ 1888年)
  • 1835年 - 西太后、清朝皇帝咸豊帝の妃で同治帝生母(+ 1908年)
  • 1849年 - ジョン・アンブローズ・フレミング、物理学者(+ 1945年)
  • 1856年 - テオバルト・フォン・ベートマン・ホルヴェーク、ドイツ宰相ならびにプロイセン首相(+ 1921年)
  • 1876年 - ネリー・ロス、政治家(+ 1977年)
  • 1881年 - ユリウス・ラープ、政治家、オーストリア首相(+ 1964年)
  • 1882年 - 藤井浩佑、彫刻家(+ 1958年)
  • 1895年 - ウィリアム・タブマン、リベリア大統領(+ 1971年)
  • 1898年 - C・S・ルイス、作家(+ 1963年)
  • 1899年 - エンマ・モラーノ、長寿世界一(+ 2017年)
  • 1902年 - カルロ・レヴィ、小説家、画家(+ 1975年)
  • 1903年 - 手塚富雄、ドイツ文学者(+ 1983年)
  • 1905年 - マルセル・ルフェーブル、カトリック大司教(+ 1991年)
  • 1909年 - 田中絹代、女優、映画監督(+ 1977年)
  • 1917年 - 侯宝林、相声師(中国の漫才師)(+ 1993年)
  • 1919年 - 木下政文、プロ野球選手
  • 1920年 - 施教耐、植物生理学者、中国科学院院士
  • 1925年 - アイヴァン・モリス、翻訳家、文学研究者(+ 1976年)
  • 1925年 - ミニー・ミノーソ、メジャーリーガー(+ 2015年)
  • 1927年 - 長谷川慶太郎、経済評論家、国際エコノミスト
  • 1927年 - 古田足日、児童文学作家、評論家(+ 2014年)
  • 1928年 - 尾崎秀樹、文芸評論家(+ 1999年)
  • 1929年 - 實吉達郎、動物学者
  • 1930年 - 滝田裕介、俳優(+ 2015年)
  • 1931年 - 勝新太郎、俳優(+ 1997年)
  • 1931年 - 武内和男、プロ野球選手
  • 1932年 - ジャック・シラク、フランス大統領
  • 1933年 - ジェームス・ローゼンクイスト、美術家
  • 1933年 - ジョン・メイオール、ミュージシャン
  • 1934年 - 倉俣史朗、インテリアデザイナー(+ 2006年)
  • 1935年 - 小城ノ花正昭、元大相撲力士(+ 2006年)
  • 1938年 - 柏戸剛、大相撲第47代横綱(+ 1996年)
  • 1940年 - デニー・ドハーティ、歌手(ママス&パパス)(+ 2007年)
  • 1941年 - 林家ペー、コメディアン
  • 1942年 - 高橋長英、俳優
  • 1944年 - 大下剛史、元プロ野球選手
  • 1944年 - 岩本紘一、野球選手
  • 1947年 - 沢木耕太郎、作家
  • 1948年 - 舛添要一、元参議院議員、元東京都知事
  • 1948年 - 宮沢吾朗、囲碁棋士
  • 1950年 - リービ英雄、日本文学者、小説家
  • 1950年 - マイク・イースラー、元プロ野球選手
  • 1951年 - 藤沢公也、元プロ野球選手
  • 1952年 - ジョン・D・バロウ、天文学者、物理学者
  • 1952年 - 上温湯隆、冒険家、探検家
  • 1953年 - 小林麻美、歌手、女優、モデル
  • 1953年 - 保坂英二、プロ野球選手
  • 1953年 - 金島正彦、プロ野球選手
  • 1954年 - 金原瑞人、法政大学教授、作家、翻訳家
  • 1954年 - 岡山恭崇、元バスケットボール選手
  • 1956年 - 定岡正二、元プロ野球選手、タレント
  • 1958年 - 三谷悦代、女優
  • 1959年 - 宇佐元恭一、シンガーソングライター
  • 1960年 - ジル・ロマン、バレエダンサー
  • 1960年 - 野口裕美、元プロ野球選手
  • 1960年 - キャシー・モリアーティ、女優(1961年生まれという説もある)
  • 1960年 - 柿沼朱里、データサイエンティスト、DJ
  • 1960年 - ハワード・ジョンソン、メジャーリーガー
  • 1962年 - 山下和彦、元プロ野球選手
  • 1962年 - 長尾敬、政治家
  • 1964年 - 愛華みれ、女優
  • 1964年 - 福間未紗、シンガーソングライター
  • 1964年 - 上杉裕世、マットペインター
  • 1964年 - ドン・チードル、俳優
  • 1965年 - 尾崎豊、歌手(+ 1992年)
  • 1966年 - 吉田修司、元プロ野球選手
  • 1966年 - ジョン・レイフィールド、プロレスラー
  • 1969年 - マリアノ・リベラ、メジャーリーガー(投手)
  • 1969年 - ケイシー・ケラー、元サッカー選手
  • 1969年 - ピエール・ファン・ホーイドンク、元サッカー選手
  • 1969年 - ジョン・レイフィールド、プロレスラー
  • 1970年 - マーク・ペンブリッジ、サッカー選手
  • 1972年 - 伊藤大士、調教師
  • 1972年 - 荻原秀樹、声優
  • 1972年 - 田中慎弥、小説家
  • 1972年 - 田中稔、プロレスラー
  • 1972年 - 早狩実紀、陸上選手
  • 1973年 - ライアン・ギグス、サッカー選手
  • 1973年 - 村上和成、総合格闘家、プロレスラー
  • 1973年 - ふなつ一輝、漫画家
  • 1974年 - 林志玲、モデル、女優
  • 1974年 - 鈴木浩介、俳優
  • 1975年 - 礒恒之、元プロ野球選手
  • 1976年 - 小笠原孝、元プロ野球選手
  • 1977年 - マリア・ペトロワ、フィギュアスケート選手
  • 1978年 - アレッサンドロ・フェイ、バレーボール選手
  • 1979年 - 山本拓司、元プロ野球選手
  • 1979年 - ミヒャエル・ラメイ、サッカー選手
  • 1980年 - ブライアン・ウルフ、プロ野球選手
  • 1980年 - イリアス・カシディアリス、政治家
  • 1980年 - 森田丈武、プロ野球選手
  • 1980年 - ライアン・マルハーン、プロ野球選手
  • 1981年 - 名雪佳代、女優
  • 1982年 - ジョン・メンサー、サッカー選手
  • 1983年 - 内藤雄太、プロ野球選手
  • 1983年 - クレイグ・ジェントリー、メジャーリーガー
  • 1984年 - 小松美羽、銅版画家
  • 1984年 - 越川昌和、野球選手
  • 1984年 - カトレゴ・ムフェラ、サッカー選手
  • 1985年 - 田口淳之介、元KAT-TUN
  • 1985年 - 佐藤弘祐、プロ野球選手
  • 1985年 - シャノン・ブラウン、バスケットボール選手
  • 1986年 - 佐藤和沙、タレント
  • 1986年 - 宮崎祐樹、プロ野球選手
  • 1987年 - マテウシュ・フルシチンスキー、フィギュアスケート選手
  • 1987年 - 白沢理恵、歌手
  • 1987年 - 武内久士、プロ野球選手
  • 1988年 - 下釜千昌、声優
  • 1988年 - ラッセル・ウィルソン、アメリカンフットボール選手
  • 1989年 - ステファン・ブラドル、オートバイレーサー
  • 1989年 - 田中佑典、体操選手
  • 1991年 - レベッカ・ジェイムス、自転車選手
  • 1991年 - 高柳明音、アイドル(SKE48)
  • 1991年 - 沢口けいこ、アイドル(predia)
  • 1991年 - 照ノ富士春雄、大相撲力士
  • 1992年 - 池田駿、プロ野球選手
  • 1993年 - 北原沙弥香、声優
  • 1994年 - 押田柊、ミュージカル俳優
  • 1995年 - 阿部マリア、アイドル(AKB48)
  • 1995年 - 菅井友香、アイドル(欅坂46)
  • 1995年 - 愛原ありさ、声優(アース・スター ドリーム)
  • 1995年 - 光永祐也、サッカー選手
  • 1995年 - 東克樹、プロ野球選手
  • 1997年 - 小林れい、モデル、アイドル(夢みるアドレセンス)
  • 1998年 - 平野歩夢、スノーボード選手
  • 2000年 - 黒宮れい、歌手、アイドル
  • 生年不明 - 桜野みねね、漫画家
  • 生年不明 - 愛本みずほ、漫画家
  • 生年不明 - 霜風るみ、漫画家
  • 生年不明 - 西森千豊、声優

忌日

  • 728年(神亀5年10月20日)- 義淵、法相宗の僧
  • 880年 - カールマン、東フランク王(* 830年頃)
  • 1268年 - クレメンス4世、ローマ教皇(* 1200年頃)
  • 1314年 - フィリップ4世、フランス王(* 1268年)
  • 1318年 - フラウエンロープ、詩人(* 1250年 - 1260年頃)
  • 1378年 - カール4世、神聖ローマ皇帝(* 1316年)
  • 1501年 - フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ、彫刻家、画家、建築家(* 1439年)
  • 1516年 - ジョヴァンニ・ベリーニ、画家(* 1430年頃)
  • 1530年 - トマス・ウルジー、枢機卿、ヘンリー8世の相談役(* 1475年)
  • 1543年 - ハンス・ホルバイン、画家(* 1497年?)
  • 1585年(天正13年10月8日)- 伊達輝宗、出羽国の戦国大名(* 1544年)
  • 1585年(天正13年10月8日)- 二本松義継、陸奥国の戦国大名(* 1552年)
  • 1602年 - アントニー・ホルボーン、作曲家(* 1545年頃)
  • 1632年 - フリードリヒ5世、プファルツ選帝侯(* 1596年)
  • 1641年(寛永18年10月27日)- 三浦正次、江戸幕府六人衆(若年寄)(* 1599年)
  • 1643年 - クラウディオ・モンテヴェルディ、作曲家(* 1567年)
  • 1682年 - ルパート、カンバーランド公(* 1619年)
  • 1702年(元禄15年10月11日)- 南部行信、盛岡藩主(* 1642年)
  • 1717年(享保2年10月27日)- 松平定重、高田藩主(* 1644年)
  • 1762年(宝暦12年10月14日)- 安藤昌益、経世家(* 1703年)
  • 1780年 - マリア・テレジア、オーストリア女帝(* 1717年)
  • 1793年 - アントワーヌ・バルナーヴ、フランス革命期の政治家(* 1761年)
  • 1838年(天保9年10月13日)- 松平定永、桑名藩主(* 1791年)
  • 1861年 - ニコライ・ドブロリューボフ、文芸評論家(* 1836年)
  • 1868年(明治元年10月16日)- 鷹司政通、江戸時代の公卿(* 1789年)
  • 1872年 - ホレス・グリーリー、ジャーナリスト、アメリカ合衆国下院議員(* 1811年)
  • 1897年 - 箕作麟祥、啓蒙思想家(* 1846年)
  • 1906年 - 伊達宗徳、宇和島藩主(* 1830年)
  • 1924年 - ジャコモ・プッチーニ、作曲家(* 1858年)
  • 1929年 - 佐分利貞男、外交官(* 1879年)
  • 1930年 - 柳家小さん(3代目)、落語家(* 1855年)
  • 1930年 - 田部シメ子、小説家太宰治の愛人(* 1912年)
  • 1935年 - 松本長、能楽師(* 1877年)
  • 1944年 - 分部光謙、大溝藩主(* 1862年)
  • 1944年 - 阿部俊雄、日本海軍の少将(* 1896年)
  • 1950年 - 馬占山、中華民国の軍人(* 1885年)
  • 1950年 - ウオルター・ビーチ、ビーチクラフト創業者(* 1891年)
  • 1957年 - エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト、作曲家(* 1897年)
  • 1957年 - 徳川武定、松戸徳川家の初代当主(* 1888年)
  • 1958年 - ハンス・ヘニー・ヤーン、作家、オルガン制作者(* 1894年)
  • 1959年 - フリッツ・ブルン、作曲家(* 1878年)
  • 1959年 - 佐伯矩、栄養学者(* 1886年)
  • 1960年 - フォルトゥナート・デペーロ、画家、デザイナー、彫刻家(* 1892年)
  • 1963年 - エルネスト・レクオーナ、作曲家(* 1896年)
  • 1971年 - ハインツ・ティーセン、作曲家(* 1887年)
  • 1973年 - 一ノ瀬泰造、報道写真家(* 1947年)
  • 1974年 - 彭徳懐、中華人民共和国の政治家(* 1898年)
  • 1974年 - ジェームス・J・ブラドック、プロボクサー(* 1905年)
  • 1975年 - グラハム・ヒル、F1レーサー(* 1929年)
  • 1975年 - トニー・ブライズ、F1レーサー(* 1952年)
  • 1979年 - 千葉三郎、日本の労働大臣、宮城県知事(* 1894年)
  • 1980年 - ドロシー・ディ、社会運動家(* 1897年)
  • 1981年 - ナタリー・ウッド、女優(* 1938年)
  • 1982年 - パーシー・ウィリアムズ、陸上競技選手(* 1908年)
  • 1986年 - ケーリー・グラント、俳優(* 1904年)
  • 1988年 - 福田昌久、元プロ野球選手(* 1934年)
  • 1991年 - ラルフ・ベラミー、俳優(* 1904年)
  • 1991年 - 河内忠吾、野球選手、野球監督(* 1930年)
  • 1991年 - 川口敬次郎、プロ野球選手(* 1919年)
  • 1992年 - ジャン・デュドネ、数学者(* 1906年)
  • 1992年 - エミリオ・プッチ、ファッションデザイナー(* 1914年)
  • 1999年 - 岩本薫、囲碁棋士(* 1902年)
  • 1999年 - キノトール、劇作家、脚本家(* 1922年)
  • 2000年 - 下元勉、俳優(* 1917年)
  • 2001年 - ジョージ・ハリスン、ミュージシャン、元ビートルズ(* 1943年)
  • 2001年 - 水谷則博、元プロ野球選手(* 1950年)
  • 2002年 - 家永三郎、歴史学者(* 1913年)
  • 2003年 - 奥克彦、日本の外交官(* 1958年)
  • 2003年 - 井ノ上正盛、日本の外交官(* 1973年)
  • 2005年 - 辻英雄、日本の自由民主党衆議院議員(* 1919年)
  • 2006年 - アレン・カー、禁煙運動家(* 1934年)
  • 2006年 - 実相寺昭雄、映画監督(* 1937年)
  • 2006年 - レオン・ニェムチック、俳優(* 1923年)
  • 2008年 - ヨーン・ウツソン、建築家(* 1918年)
  • 2010年 - モーリス・ウィルクス、計算機科学者(* 1913年)
  • 2016年 - 小川宏、アナウンサー、司会者(* 1926年)
  • 2016年 - チャンス青木、お笑い芸人(* 1943年か1944年)
  • 2011年 - だいすけ君、『だいすけ君が行く!!ポチたま新ペットの旅』に出演していたラブラドール・レトリバー(* 2005年)

スピーチ作成 - テーマ「ダンスの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-29_ダンスの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650