365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月8日「大鳴門橋開通記念日」


 6月8日は「大鳴門橋(おおなるときょう)開通記念日」です。1985年に大鳴門橋が開通したことを記念して制定されました。大鳴門橋は、兵庫県の南あわじ市と、徳島県の鳴門市の間にある、鳴門海峡を結ぶ吊り橋です。

 鳴門海峡と言えば渦潮が有名です。しかし、私は鳴門海峡に行ったことがないために、実物を見たことはありません。

 写真を見ると、かなり大きくて激しい渦のようなので、流れもかなり速いのだろうなと思います。こうしば場所に橋を架けるのは大変だったろうなと思います。

 幅が25mあり、6車線のうち中央4車線を使用している大鳴門橋ですが、上下2層となっており、その下部は将来的に新幹線を通すことができる構造になっています。
 淡路島を経由して鉄道で本州と四国を直結する構想は、古くから存在していたそうです。しかし、大鳴門橋の下層には、いまだ鉄道が通っていません。


 四国に新幹線が繋がったとして、利用者がどのぐらいいるのかは分かりません。日本が伸び盛りの、お金がある時期に橋を作ったので、拡張性があるように作ったのだと思います。しかし、その能力をフルに使うかは別問題だと思います。

 経済環境が変われば、計画も修正が必要です。今の状況を適切に判断して、既存の仕事も軌道修正が必要なのだと思います。

スピーチ作例 6月8日1
文字数:552文字   想定時間:150
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 大鳴門橋の橋長は、1,629m、中央径間は876m、幅は25m、主塔の高さは144.3mです。鳴門海峡の渦潮に影響を及ぼさないようにするため、多柱基礎工法とよばれる特殊な工法が採用されています。
 橋は上下2層式となっており、上部は片側3車線の道路(現在は計6車線の内、中央4車線を使用)、下部は将来的に鉄道(四国新幹線)を通せる構造になっています。
 ただし、明石海峡大橋が道路単独橋で建設されたので、淡路島より本州方面への鉄道整備に関しては、紀淡海峡トンネル等別途トンネル建設ないし架橋が必要となります。
 大鳴門橋の開通当初は、橋上で鳴門の渦潮を見ようとするドライバーが後を絶ちませんでした。そのため橋上区間全体にわたって路側帯には、「停駐車禁止 路側走行禁止」と標示されています。また、橋上には至る所にスピーカーが設置されていて、ドライバーに警告を発しています。
 鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、2007年度まで紀淡海峡にトンネルを掘るための地質調査を続けてきました。しかし、予算の有効利用の観点から見直しの議論が起き、2008年度は予算を執行していません。
 また、着工後に四国新幹線建設の見通しが不明確なことと建設費の圧縮を理由として、一度に1列車しか橋上を通過できない「単線載荷」への設計変更が1980年になされています。そのため、仮に鉄道が敷設されても、大鳴門橋の区間は実質的に単線運行となってしまいます。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 世界海洋デー(世界)
    国連が2009年から実施する国際デー。1992年6月8日にリオデジャネイロで開かれた地球サミットでカナダが提案したもので、以来「世界海洋デー」として非公式に実施されていたものを国連の国際デーとした。
  • 世界脳腫瘍啓発デー(世界)
  • 学校の安全確保・安全管理の日(日本)
    2001年の附属池田小事件を受けて、大阪府教育委員会が2002年に制定。
  • 大鳴門橋開通記念日(日本)
    1985年のこの日に大鳴門橋が開通したことを記念。
  • ヴァイキングの日(日本)
    793年のこの日、北欧の海賊ヴァイキングの活動が最初に記録に現われた。
  • 成層圏発見の日
    1902年のこの日、テスラン・ド・ポールにより成層圏が発見されたことを記念。
  • ガパオの日(日本)
    青山、恵比寿、渋谷桜丘に店舗を持つ、「ガパオ食堂」。
    日本におけるガパオ(ごはん)の普及に貢献したことが認められ、その創立記念日を制定。

歴史

  • 452年 - フン族の王アッティラがイタリアに侵入。
  • 793年 - ヴァイキングがリンディスファーン島の修道院を襲撃。スカンジナビア人によるイングランド侵略の始まり。
  • 806年(大同元年5月18日)- 第51代天皇・平城天皇が即位。
  • 1571年(元亀2年5月16日)- 織田信長が長島一向一揆の拠点・願証寺を攻撃するが、氏家卜全ら多くの戦死者を出し敗退。
  • 1588年(天正16年5月15日)- 豊臣秀吉建立の方広寺大仏殿が完成。
  • 1648年(慶安元年4月17日)- 日光杉並木の20万本の植樹が完了。
  • 1672年(寛文12年5月13日)- 小石川の水戸藩邸に『大日本史』を編纂するための施設・彰考館を開設。
  • 1758年 - フレンチ・インディアン戦争: ルイブールの戦い(1758年)はじまる。
  • 1776年 - アメリカ独立戦争・カナダ侵攻作戦: トロワリヴィエールの戦い
  • 1783年 - アイスランドでラキ火山が噴火。火山灰などの影響により、数年にわたりヨーロッパが異常気象となる。
  • 1794年 - テュイルリー宮殿で最高存在の祭典が開催。
  • 1812年 - 第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソンがイギリスの第22代首相に就任。
  • 1856年 - ピトケアン島のバウンティ号の反乱者の子孫194人がノーフォーク島に移住。
  • 1861年 - 南北戦争: テネシー州が北軍を離脱する。
  • 1862年 - 南北戦争: クロスキーズの戦い
  • 1862年 - 日本二十六聖人が列聖される。
  • 1867年 - オーストリア・ハンガリー帝国成立。
  • 1873年 - 日本で、石高制を廃止し、一率の田畑反別課税制とする。
  • 1876年 - 日本の道路: 全国の道路を国道・県道・里道に分け、それぞれを1等から3等に級別。
  • 1887年 - ハーマン・ホレリスがパンチカード式計算機の特許を取得。
  • 1895年 - 日露通商航海条約調印。
  • 1902年 - フランスの気象学者レオン・ティスラン・ド・ボールにより成層圏が発見される。
  • 1905年 - 日露戦争: ルーズベルト米大統領が日露両国に講和会議開催を呼びかける。
  • 1924年 - ジョージ・マロリーとアンドリュー・アーヴィンがエベレスト登山中に行方不明になる。
  • 1928年 - 蒋介石が率いる中国国民党の北伐軍が北京に入城。国民政府が中国全土をほぼ統一。
  • 1929年 - バチカンの国旗が制定される。
  • 1929年 - 福島競馬場で、史上唯一の全頭落馬による不成立レースが発生する。
  • 1934年 - 南京総領事館勤務の蔵本書記生が失踪。中国人による拉致・殺害を疑い国民政府に対して抗議を行ったのみならず、軍艦が揚子江から南京近くまで遡上する事態に発展する(蔵本書記生失踪事件)。なお蔵本本人は5日後に保護された。
  • 1937年 - カール・オルフの『カルミナ・ブラーナ』がフランクフルト・アム・マインの市立劇場で初演。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: 日本の伊号第二十一潜水艦と伊号第二十四潜水艦がシドニー及びニューカッスルを砲撃。(特殊潜航艇によるシドニー港攻撃)
  • 1942年 - 第二次世界大戦: 日本で、軍事費不足を補うための戦時郵便貯金切手(弾丸切手)を発売。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: 日本海軍の戦艦「陸奥」が呉港沖の柱島泊地に停泊中、爆発事故を起こし沈没。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: 御前会議で採択された「今度採るべき戦争指導の基本大綱」で本土決戦方針を決定。
  • 1947年 - 日本教職員組合(日教組)結成。
  • 1949年 - ジョージ・オーウェルの小説『1984年』発刊。
  • 1951年 - 千代の山雅信が第41代横綱となる。
  • 1954年 - 全面改正された新警察法が公布される。
  • 1959年 - アメリカ郵政公社が米海軍の潜水艦バーベロを用いて、ロケットで手紙を届けるミサイル・メールの最初で最後の実験を行う。
  • 1966年 - 試作戦略爆撃機XB-70ヴァルキリーのうちの1機が、宣伝用映画撮影のための編隊飛行で戦闘機F-104スターファイターと空中衝突。操縦していたジョセフ・ウォーカーらが死亡。
  • 1967年 - 第三次中東戦争: イスラエル空軍機がアメリカの諜報艦「リバティー」を攻撃。(リバティー号事件)
  • 1967年 - 中東戦争解決のため、アメリカのホワイトハウスとソ連のクレムリンとの間のホットラインが初めて使用される。
  • 1968年 - キング牧師を暗殺したジェームズ・アール・レイが、偽造パスポートでイギリスに入国しようとしたところを逮捕される。
  • 1969年 - 南ベトナムに北ベトナム政府支配下の地下政府・南ベトナム共和国臨時革命政府が樹立。
  • 1976年 - 日本政府が核拡散防止条約を批准。
  • 1982年 - フォークランド紛争: アルゼンチン空軍の攻撃により英海軍の補給揚陸艦「サー・ガラハッド」が沈没。死者45人。他、多数の英海軍の艦船が撃沈または大破。
  • 1982年 - ロッキード事件の裁判で、元運輸相・橋本登美三郎、元運輸政務次官・佐藤孝行に東京地裁が有罪判決をくだす。
  • 1985年 - 本州四国連絡道路神戸・鳴門ルートの大鳴門橋が開通。
  • 1986年 - 前国連事務総長のクルト・ヴァルトハイムがオーストリア大統領に当選。
  • 1988年 - 東京メトロ有楽町線(和光市 - 新木場)が全線開通。
  • 1995年 - ラスマス・ラードフがプログラミング言語PHPの最初の版をリリース。
  • 1998年 - 超党派野党、衆議院に選択的夫婦別姓制度導入を盛り込んだ民法改正案を提出。
  • 2001年 - 附属池田小事件が起こり、児童8人が死亡。
  • 2001年 - 10年後に、日本国内におけるテレビのアナログ放送終了を定めた、改正電波法が参議院において可決、成立。
  • 2004年 - 130年ぶりに金星が太陽面通過。詳細は金星の太陽面通過を参照のこと。
  • 2006年 - 超党派野党、衆議院に選択的夫婦別姓制度を盛り込んだ民法改正案を提出。
  • 2007年 - 追手門学院大学いじめ自殺事件が起きる。
  • 2008年 - 秋葉原通り魔事件が発生。7人が死亡、10人が重軽傷を負う、戦後最悪の通り魔事件。
  • 2010年 - 菅内閣が発足。第94代首相に菅直人(民主党)。閣僚17人中11人が鳩山内閣から引き続き再任。
  • 2011年 - World IPv6 Dayを実施する。
  • 2011年 - 地上デジタル放送への完全移行を岩手・宮城・福島の3県に限り最大で1年間(2012年7月24日まで)延期することを柱とした、東日本大震災に伴う地上デジタル放送に係る電波法の特例に関する法律が参議院において可決、成立。

誕生日

  • 1625年 - ジョバンニ・カッシーニ、天文学者(+ 1712年)
  • 1636年(寛永13年5月5日)- 伊達宗純、伊予吉田藩初代藩主(+ 1708年)
  • 1671年 - トマゾ・アルビノーニ、作曲家(+ 1751年)
  • 1724年 - ジョン・スミートン、土木工学者(+ 1792年)
  • 1776年(安永5年4月22日)- 内藤頼以、信濃高遠藩の第6代藩主(+ 1856年)
  • 1784年 - アントナン・カレーム、フランス料理のシェフ(+ 1833年)
  • 1798年(寛永10年4月24日)- 京極高朗、讃岐丸亀藩の第6代藩主(+ 1874年)
  • 1799年 - ウィリアム・メレディス、アメリカ合衆国財務長官(+ 1873年)
  • 1809年 - リチャード・トンプソン、第27代アメリカ合衆国海軍長官(+ 1900年)
  • 1810年 - ロベルト・シューマン、作曲家(+ 1856年)
  • 1829年 - ジョン・エヴァレット・ミレー、画家(+ 1896年)
  • 1837年 - イワン・クラムスコイ、画家(+ 1887年)
  • 1865年(慶応元年5月15日)- 宮入慶之助、寄生虫学者(+ 1946年)
  • 1867年 - フランク・ロイド・ライト、建築家(+ 1959年)
  • 1877年 - 窪田空穂、歌人(+ 1967年)
  • 1885年 - 土岐善麿、歌人(+ 1980年)
  • 1886年 - 今井登志喜、歴史学者(+ 1950年)
  • 1887年 - 犬丸徹三、実業家(+ 1981年)
  • 1887年 - 白鳥敏夫、外交官、政治家(+ 1949年)
  • 1888年 - 千家元麿、詩人(+ 1948年)
  • 1894年 - エルヴィン・シュルホフ、作曲家、ピアニスト(+ 1942年)
  • 1897年 - エセル・トムソン・ラーコム、テニス選手(+ 1965年)
  • 1899年 - 丸山薫、詩人(+ 1974年)
  • 1900年 - ジョージ・アンタイル、作曲家、ピアニスト(+ 1959年)
  • 1901年 - 岩田専太郎、画家(+ 1974年)
  • 1903年 - 知里幸恵、『アイヌ神謡集』の著者(+ 1922年)
  • 1903年 - マルグリット・ユルスナール、小説家(+ 1987年)
  • 1907年 - ジョルジュ・スペシェ、自転車競技選手(+ 1978年)
  • 1910年 - ジョン・W・キャンベル、小説家(+ 1971年)
  • 1916年 - ルイジ・コメンチーニ、映画監督(+ 2007年)
  • 1916年 - フランシス・クリック、分子生物学者(+ 2004年)
  • 1917年 - 美ち奴、芸者、歌手(+ 1996年)
  • 1920年 - 秋山庄太郎、写真家(+ 2003年)
  • 1921年 - スハルト、インドネシア第2代大統領(+ 2008年)
  • 1921年 - 清水好子、国文学者(+ 2004年)
  • 1926年 - フレッド・カップス、マジシャン(+ 1980年)
  • 1929年 - なだいなだ、医師、作家、評論家(+ 2013年)
  • 1930年 - ロバート・オーマン、数学者、経済学者
  • 1934年 - 青木幹雄、政治家
  • 1936年 - ケネス・ウィルソン、物理学者
  • 1936年 - ロバート・フロイド、計算機科学者(+ 2001年)
  • 1940年 - ナンシー・シナトラ、歌手
  • 1943年 - ウィリー・ダベンポート、陸上競技選手(+ 2002年)
  • 1944年 - 及川宣士、プロ野球選手
  • 1944年 - 鏡五郎、演歌歌手
  • 1944年 - ボズ・スキャッグス、ミュージシャン
  • 1945年 - 原一男、映画監督
  • 1946年 - 栃富士勝健、大相撲力士(+ 2003年)
  • 1946年 - ジャック・リンド、プロ野球選手
  • 1947年 - サラ・パレツキー、推理作家
  • 1947年 - エリック・ヴィーシャウス、生物学者
  • 1949年 - エマニュエル・アックス、ピアニスト
  • 1950年 - 坂本多加雄、政治学者(+ 2002年)
  • 1950年 - キャシー・ベイカー、女優
  • 1951年 - ボニー・タイラー、ミュージシャン
  • 1952年 - 杉浦享、プロ野球選手、指導者
  • 1953年 - レン・サカタ、メジャーリーガー
  • 1954年 - 神矢みのる、漫画家
  • 1954年 - ダン・スバーン、総合格闘家
  • 1955年 - ティム・バーナーズ=リー、技術者
  • 1955年 - 金子修介、映画監督
  • 1957年 - スコット・アダムス、漫画家
  • 1958年 - 翔、歌手(横浜銀蝿)
  • 1958年 - キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ、俳優、コメディアン、映画監督
  • 1959年 - 川口ヱリサ、ヴァイオリニスト
  • 1959年 - 佐藤茂樹、政治家
  • 1961年 - 山室展弘、競艇選手
  • 1962年 - ニック・ローズ (Nick Rhodes) 、ミュージシャン(デュラン・デュラン)
  • 1962年 - ジョン・ギボンズ、プロ野球監督
  • 1962年 - 藤原光博、お笑い芸人
  • 1963年 - 南芳一、将棋棋士
  • 1963年 - 上川徹、サッカー審判員
  • 1963年 - 衛藤浩一、ドラマー
  • 1964年 - アントニオ・カルロス・サントス、サッカー選手
  • 1965年 - 八木裕、プロ野球選手、野球解説者
  • 1966年 - 森尾由美、タレント
  • 1966年 - 石田敦子、アナウンサー
  • 1967年 - 三村マサカズ、お笑い芸人(さまぁ〜ず)
  • 1968年 - 琴錦功宗、大相撲力士
  • 1968年 - 三上哲、俳優
  • 1969年 - 宇都美慶子、シンガーソングライター
  • 1970年 - 須田鷹雄、競馬評論家
  • 1970年 - 井上純、プロ野球選手
  • 1971年 - TERU、ミュージシャン(GLAY)
  • 1971年 - 岡寛恵、声優、舞台俳優
  • 1972年 - 大谷ノブ彦、お笑い芸人(ダイノジ)
  • 1972年 - 高市佳明、アナウンサー
  • 1973年 - 川越英隆、プロ野球選手
  • 1973年 - 古川理科、女優
  • 1973年 - ブライアント・リーヴス、プロバスケットボール選手
  • 1973年 - ヴェラ・ファーミガ、女優
  • 1973年 - アントキの猪木、タレント
  • 1973年 - 富田睦子、歌人
  • 1974年 - 三澤興一、プロ野球選手
  • 1974年 - レイザーラモンRG、お笑い芸人
  • 1975年 - サラ・アビトボル、フィギュアスケート選手
  • 1976年 - 城島健司、プロ野球選手、元メジャーリーガー
  • 1976年 - 辻竜太郎、野球選手、コーチ
  • 1976年 - リンゼイ・ダベンポート、プロテニス選手
  • 1976年 - トリッシュ・ゴフ、ファッションモデル
  • 1976年 - 中野真博、野球選手、コーチ
  • 1977年 - ファルカン、フットサル選手
  • 1978年 - 柳本聡子、元バスケットボール選手、客室乗務員
  • 1978年 - 三好貴士、プロ野球監督
  • 1979年 - 中村仁美、アナウンサー
  • 1979年 - ピート・オーア、メジャーリーガー
  • 1979年 - 本多章一、俳優
  • 1979年 - 谷口悦司、プロ野球選手
  • 1979年 - 筒井亮太郎、アナウンサー
  • 1979年 - 三戸耕三、声優
  • 1979年 - デレク・トラックス、ギタリスト
  • 1980年 - Ritz、MC
  • 1980年 - ジェイミー・スペンサー、騎手
  • 1980年 - 新田佳浩、パラリンピック・ノルディックスキー選手
  • 1981年 - 野中藍、声優
  • 1981年 - 山田悠介、小説家
  • 1981年 - 條辺剛、プロ野球選手
  • 1981年 - 末永真史、プロ野球選手
  • 1981年 - 山田大治、バスケットボール選手
  • 1981年 - 山口玲香、ローカルタレント
  • 1982年 - ケディ、タレント
  • 1982年 - ナディア・ペトロワ、プロテニス選手
  • 1982年 - イリナ・ラザレアヌ、ファッションモデル
  • 1982年 - 橋本尚樹、サッカー選手
  • 1982年 - 杉咲侑果、女優
  • 1982年 - 八木依子、ニュースキャスター
  • 1983年 - 石橋佳奈、タレント
  • 1983年 - キム・クライシュテルス、プロテニス選手
  • 1983年 - 西村悟、野球選手
  • 1983年 - 首藤慎一、サッカー選手
  • 1983年 - 宮野真守、声優
  • 1984年 - 大塚淳、プロ野球選手
  • 1984年 - ハビエル・マスチェラーノ、サッカー選手
  • 1985年 - 小泉真里、タレント
  • 1985年 - 鈴木智樹、サッカー選手
  • 1987年 - 長谷川桃、女優
  • 1987年 - 布施貴美子、モデル
  • 1989年 - 桜井美馬、ショートトラックスピードスケート選手
  • 1989年 - 津田美波、声優
  • 1990年 - 中川大志、プロ野球選手
  • 1991年 - R.J.アルバレス、メジャーリーガー
  • 1991年 - 梅鉢貴秀、サッカー選手
  • 1991年 - ハリール・バニーアティーエ、サッカー選手
  • 1994年 - 李厚賢、フィギュアスケート選手
  • 1994年 - 佐々木千隼、プロ野球選手
  • 1995年 - 佐保明梨、アイドル(アップアップガールズ(仮))
  • 1995年 - 小関裕太、タレント
  • 1995年 - 佐藤晴美、 ダンサー、ファッションモデル、女優(Flower、E-girlsメンバー、Ray専属モデル)
  • 1998年 - かれん(Little Glee Monster)、歌手
  • 生年不明 - 咲坂伊緒、漫画家
  • 生年不明 - 天神林ともみ、声優

忌日

  • 632年 - ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ、イスラム教の預言者(* 570年頃)
  • 1042年 - ハーデクヌーズ、デンマーク・イングランド王(* 1018年)
  • 1155年(久寿2年5月7日)- 藤原顕輔、平安時代の公卿、歌人(* 1090年)
  • 1376年 - エドワード黒太子、イングランド王エドワード3世の王太子(* 1330年)
  • 1384年(至徳元年/元中元年5月19日)- 観阿弥、猿楽師(* 1333年)
  • 1384年(至徳元年/元中元年5月19日)- 今川範国、守護大名(* 1295年?)
  • 1551年(天文20年5月5日)- 遊佐長教、守護代(* 1491年)
  • 1574年(天正2年5月19日)- 真田幸隆、戦国武将(* 1513年)
  • 1612年 - ハンス・レーオ・ハスラー、作曲家(* 1562年)
  • 1628年(寛永5年5月7日)- 平野長泰、戦国武将(* 1559年)
  • 1651年(慶安4年4月20日)- 阿部重次、江戸幕府老中(* 1598年)
  • 1651年(慶安4年4月20日)- 徳川家光、江戸幕府第3代将軍(* 1604年)
  • 1651年(慶安4年4月20日)- 堀田正盛、江戸幕府老中(* 1609年)
  • 1651年(慶安4年4月20日)- 内田正信、鹿沼藩主(* 1613年)
  • 1701年 - フィリップ1世、初代第3ブルボン・オルレアン家当主(* 1640年)
  • 1714年 - ゾフィー・フォン・デア・プファルツ、ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストの妃(* 1658年)
  • 1716年 - ヨハン・ヴィルヘルム、プファルツ選帝侯(* 1658年)
  • 1728年(享保13年5月1日)- 松平忠周、信濃国上田藩藩主(* 1661年)
  • 1768年 - ヨハン・ヨアヒム・ヴィンケルマン、美術史家(* 1717年)
  • 1795年 - ルイ17世、フランス王太子(* 1785年)
  • 1809年 - トマス・ペイン、社会思想家(* 1737年)
  • 1845年 - アンドリュー・ジャクソン、第7代アメリカ合衆国大統領(* 1767年)
  • 1846年 - ヨハン・ベンツェンベルク、物理学者、測地学者(* 1777年)
  • 1846年 - ロドルフ・テプフェール、教育者、作家、風刺画家(* 1799年)
  • 1864年(元治元年5月5日)- 冷泉為恭、大和絵の絵師(* 1823年)
  • 1876年 - ジョルジュ・サンド、小説家(* 1804年)
  • 1880年 - マリア・アレクサンドロヴナ、ロシア皇帝アレクサンドル2世の皇后(* 1824年)
  • 1884年 - ヘンリ・クレイ・ワーク、作曲家(* 1832年)
  • 1884年 - 田中平八、実業家(* 1834年)
  • 1889年 - ジェラード・マンリ・ホプキンス、詩人(* 1844年)
  • 1894年 - 麗々亭柳橋、落語家(* 1826年)
  • 1917年 - 松平忠和、肥前国島原藩第13代藩主(* 1851年)
  • 1921年 - 中村梅玉、歌舞伎役者(* 1842年)
  • 1924年 - ジョージ・マロリー、登山家(* 1886年)※正確な日付は不明
  • 1924年 - アンドリュー・アーヴィン、登山家(* 1902年)※正確な日付は不明
  • 1928年 - 伊沢蘭奢、女優(* 1889年)
  • 1939年 - 梶上初一、野球選手(* 1906年)
  • 1940年 - フレデリック・コンヴァース、作曲家(* 1871年)
  • 1943年 - 三好輝彦、日本海軍の少将(* 1893年)
  • 1945年 - カール・ハンケ、ナチス・ドイツの親衛隊全国指導者(* 1903年)
  • 1948年 - 安保清種、日本の海軍大臣(* 1870年)
  • 1949年 - ラースリ・デソ、軍人(* 1892年)
  • 1956年 - マリー・ローランサン、画家、彫刻家(* 1883年)
  • 1963年 - 富本憲吉、陶芸家(* 1886年)
  • 1966年 - ジョセフ・ウォーカー、テストパイロット(* 1921年)
  • 1969年 - ロバート・テイラー、俳優(* 1911年)
  • 1970年 - アブラハム・マズロー、心理学者(* 1908年)
  • 1973年 - 能代潟錦作、大相撲の力士(* 1895年)
  • 1975年 - マレイ・ラインスター、SF作家(* 1896年)
  • 1979年 - ラインハルト・ゲーレン、ドイツ国防軍情報将校、ゲーレン機関創設者(* 1902年)
  • 1980年 - 松浦周太郎、政治家(* 1896年)
  • 1981年 - リディア・ロポコワ、バレエダンサー(* 1892年)
  • 1982年 - サチェル・ペイジ、メジャーリーガー(* 1906年)
  • 1983年 - 羽仁五郎、歴史家(* 1901年)
  • 1984年 - ゴードン・ジェイコブ、作曲家(* 1895年)
  • 1985年 - 胡風、文芸評論家(* 1902年)
  • 1988年 - 青木日出雄、航空・軍事評論家(* 1927年)
  • 1990年 - 赤羽末吉、絵本作家(* 1910年)
  • 1992年 - アルフレット・ウール、作曲家(* 1909年)
  • 1997年 - 本堂保次、プロ野球選手(* 1918年)
  • 1997年 - エイモス・チュツオーラ、小説家(* 1920年)
  • 1998年 - マリア・ライヒェ、数学者、考古学者(* 1903年)
  • 1998年 - サニ・アバチャ、ナイジェリア大統領(* 1943年)
  • 2000年 - 宇佐美一夫、プロ野球選手(* 1914年)
  • 2000年 - 大館勲、プロ野球選手(* 1917年)
  • 2001年 - アレックス・デレンジー、映画監督(* 1935年)
  • 2006年 - 西田猛、政治家(* 1955年)
  • 2006年 - フランツ・フリーデル、歌手(* 1943年)
  • 2007年 - アデン・アブドラ・ウスマン、ソマリア大統領(* 1908年)
  • 2007年 - 観世栄夫、能楽師、俳優(* 1927年)
  • 2007年 - リチャード・ローティ、哲学者(* 1931年)
  • 2014年 - 古田足日、児童文学作家、評論家(* 1927年)
  • 2014年 - 桂宮宜仁親王、皇族(* 1948年)
  • 2015年 - チア・シム、政治家(* 1932年)
  • 2016年 - 河内卓司、プロ野球選手(* 1920年)

スピーチ作成 - テーマ「大鳴門橋開通記念日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-08_大鳴門橋開通記念日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650