365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月14日「世界糖尿病デー」


 11月14日は「世界糖尿病デー」です。世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために、1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定しました。この日は、インスリンを発見したカナダのフレデリック・バンティングの誕生日になります。

 糖尿病というと、生活習慣病の一つという印象が強いです。日本人は遺伝的にインスリン分泌が弱い人が多く、そこに生活習慣の悪化が加わると発症することがあります。

 自分自身も、若い頃には大丈夫だった食事の量が駄目になったり、仕事が忙しくて運動不足になったりしているのを実感します。

 糖尿病は世界の成人人口のおよそ8.8%となる、4億1500万人が抱える病気です。年間実に500万人以上が、糖尿病の引き起こす合併症などで死亡しています。
 中でも日本が位置するアジア・太平洋地域の患者数の増加は深刻で、全世界の約1/3の糖尿病患者がこの地域に集中しています。
 日本においても、糖尿病と強く疑われる人と可能性を否定できない人の合計は、約2050万人にのぼっています。


 仕事も私生活も、健康が全ての基礎になっています。

 適度な運動と節制を心がけたいものです。

スピーチ作例 11月14日1
文字数:505文字   想定時間:141
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 世界糖尿病デー
    国際デーの一つ。インスリンを発見したカナダ人医師、フレデリック・バンティングの誕生日。国際糖尿病連合と世界保健機関が実施していた記念日であったが、2006年12月の国連総会で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択され、あわせて世界糖尿病デーが国連の記念日と定められた。
  • パチンコの日(日本)
    全国遊技業協同組合連合会(現 全日本遊技事業協同組合連合会)が1979年に制定。1966年のこの日に同会が通産省から正式に認可を受けたことを記念。「パチパチ」の語呂合せで8月8日にするという案もあったが、8月は2月とともに「ニッパチ月」と呼ばれて客の数が減る月であるため、ボーナス期を控え客の増加が見込まれる11月を記念日とした。日本遊技機工業組合が制定したパチンコの日は8月8日である。
  • いい石の日(日本)
    山梨県石材加工業協同組合が1999年に制定。「いい(11)石(14)」の語呂合せと、石工職人が尊ぶ聖徳太子の命日にちなんで決められた。
  • アンチエイジングの日(日本)
    NPO法人アンチエイジングネットワークが2007年に制定。「いい(11)年(14)」の語呂合せ。
  • 埼玉県民の日(埼玉県)
    明治4年11月14日に廃藩置県によって埼玉県が誕生したことに由来し、その100年後にあたる1971年に埼玉県が制定。東武鉄道等のJR東日本を除く埼玉県を通る各鉄道では、この日にあわせ「埼玉県民の日フリーきっぷ」を発売している。
  • 大分県民の日(大分県)
    明治4年11月14日に廃藩置県によって大分県という名称が初めて用いられたことに由来し、「大分県あすをつくる県民運動推進協議会総会」で決議。
  • 医師に感謝する日(日本)
    医療施設支援事業を展開する株式会社Dプラスが2009年に制定。
    お世話になっている主治医に感謝の気持ちを込めてハンカチを贈ろうと提案している。
    日付は「人(患者)と人(医師)を結ぶ医師の日」の語呂合わせ。(11が人と人。14が医師)

歴史

  • 1690年(元禄3年10月14日)- 水戸藩の徳川光圀が隠居。
  • 1860年 - 清とロシア帝国が北京条約に調印。
  • 1868年(明治元年10月1日)- 戊辰戦争: 弘道館戦争。
  • 1875年 - 明六雑誌が停刊。
  • 1888年 - パリにパスツール研究所が設立。
  • 1889年 - ネリー・ブライが八十日間世界一周の旅に出発。72日6時間11分14秒で達成。
  • 1897年 - ドイツ軍が山東半島南西岸の膠州湾を占領(膠州湾租借地)。
  • 1901年 - カール・ラントシュタイナーがABO式血液型を発表。なお、この時点では血液型がA型、B型、C型(後にO型に改称)の3つであるとされた。
  • 1907年 - 日本統治下の台湾で北埔事件おこる。
  • 1910年 - ユージン・バートン・イーリーが史上初の艦上からの飛行機の離陸に成功。
  • 1918年 - チェコスロバキアの革命国民議会で共和国宣言。
  • 1918年 - 武者小路実篤が宮崎県木城町に「新しき村」を建設。
  • 1922年 - BBCがラジオ放送を開始。
  • 1930年 - 濱口雄幸首相が東京駅で右翼青年佐郷屋留雄に狙撃され重傷。
  • 1940年 - コヴェントリー空襲。ドイツ空軍がイギリスのコヴェントリーを空襲する。
  • 1951年 - 天野貞祐文相が、教育勅語に代わる国民道徳の基本として国民実践要領大綱を発表。言論界や教育界から猛反発を受け27日に撤回。
  • 1952年 - ニュー・ミュージカル・エクスプレス誌がイギリス初のシングルチャートを掲載。
  • 1955年 - 石川県の北陸鉄道松金線がこの日の運転をもって廃止。
  • 1957年 - ニューヨーク州アパラチンにマフィア幹部が集結してアパラチン会議が行われる。
  • 1961年 - 通産省が、岡山県水島と山口県徳山に石油化学コンビナート第1号の設立を認可。
  • 1965年 - ベトナム戦争: イア・ドラン渓谷の戦いが始まる。
  • 1965年 - 鹿児島県の鹿児島交通知覧線が廃止。
  • 1968年 - 皇居新宮殿が落成。
  • 1969年 - アメリカの2機目の有人月宇宙船「アポロ12号」が打ち上げ。
  • 1970年 - ソビエト連邦が国際民間航空機関(ICAO)に加盟。ロシア語がICAOの第4の公用語になる。
  • 1970年 - 東京都渋谷で日本初のウーマン・リブの大会が開かれる。
  • 1971年 - アメリカの火星探査機「マリナー9号」が火星周回軌道に到達。初の地球以外の惑星を回る人工衛星となる。
  • 1971年 - 中核派が渋谷で暴動を起こし、警官1人が死亡。(渋谷暴動事件)
  • 1971年 - 青函トンネルで北海道側の本坑の起工式。
  • 1973年 - 関門海峡をまたぐ関門橋が開通。
  • 1983年 - 日本の3代目の南極観測船「しらせ」が就役。
  • 1985年 - 東京地方労働委員会が日本プロ野球選手会を労働組合に認定。
  • 1989年 - 前年7月の潜水艦なだしお衝突事故で、なだしおの艦長が衝突時の航海日誌の改竄をしていたことが判明。
  • 1990年 - ドイツ・ポーランド両国、がオーデル・ナイセ線が両国の国境であることを確認するドイツ・ポーランド国境条約に調印。
  • 1991年 - カンボジアのノロドム・シハヌーク元国王が13年間の亡命を終え首都プノンペンに戻る。
  • 1994年 - イギリス・フランス海峡下のユーロトンネルでユーロスターが営業運転を開始。
  • 2003年 - 小惑星セドナが発見される。
  • 2006年 - 新潟県神林村男子中学生自殺事件が発生。
  • 2007年 - 浦和レッズがアジアチャンピオンズリーグで日本勢初優勝。
  • 2009年 - 釜山射撃場火災。15人が死亡。
  • 2017年 - 日馬富士公平が暴行事件を起こしたスクープをスポーツニッポンが飛ばし、相撲界を巻き込む騒動へと発展する。

誕生日

  • 1650年 - ウィリアム3世、イングランド王(+ 1702年)
  • 1765年 - ロバート・フルトン、発明家(+ 1815年)
  • 1771年 - マリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ、医学者(+ 1802年)
  • 1778年 - ヨハン・ネポムク・フンメル、作曲家(+ 1837年)
  • 1782年 - ジョン・ブランチ、アメリカ合衆国海軍長官(+ 1863年)
  • 1797年 - チャールズ・ライエル、地質学者(+ 1875年)
  • 1829年 - カール・ヴィルヘルム・フォン・クッパー、解剖学者(+ 1902年)
  • 1831年 - フランツ・フォン・ヤウナー、演出家(+ 1900年)
  • 1840年 - クロード・モネ、画家(+ 1926年)
  • 1844年 - 松本重太郎、実業家(+ 1913年)
  • 1863年 - レオ・ベークランド、化学者(+ 1944年)
  • 1877年 - ノーマン・ブルックス、テニス選手(+ 1968年)
  • 1879年 - 菊池契月、画家(+ 1955年)
  • 1881年 - 田子一民、政治家(+ 1963年)
  • 1884年 - カミーユ・ガット、政治家(+ 1971年)
  • 1889年 - ジャワハルラール・ネルー、初代インド首相(+ 1964年)
  • 1891年 - フレデリック・バンティング、医師、インスリンの発見者(+ 1941年)
  • 1892年 - デュドネ・コスト、パイロット(+ 1973年)
  • 1895年 - 杉本勝次、政治家(+ 1987年)
  • 1900年 - アーロン・コープランド、作曲家(+ 1990年)
  • 1901年 - 仁木他喜雄、作曲家(+ 1958年)
  • 1907年 - アストリッド・リンドグレーン、児童文学作家(+ 2002年)
  • 1907年 - ウィリアム・スタイグ、漫画家、児童文学作家(+ 2003年)
  • 1908年 - 南條範夫、作家(+ 2004年)
  • 1910年 - エリー・ボール、プロゴルファー(+ 2014年)
  • 1911年 - 井関尚栄、法医学者(+ 1986年)
  • 1912年 - 今福祝、元NHKアナウンサー(+ 1978年)
  • 1915年 - ディグビー・ボルツェル、社会学者(+ 1996年)
  • 1917年 - 朴正煕、5 - 9代韓国大統領(+ 1979年)
  • 1917年 - 五味芳夫、元プロ野球選手(+ 1988年)
  • 1921年 - 山根敏子、外交官(+ 1956年)
  • 1922年 - ブトロス・ブトロス=ガーリ、第6代国連事務総長(+ 2016年)
  • 1922年 - 安田武、社会評論家(+ 1986年)
  • 1924年 - 力道山光浩、プロレスラー、大相撲力士(+ 1963年)
  • 1924年 - 鈴木登紀子、料理研究家
  • 1925年 - 伊賀貞雪、政治家
  • 1926年 - 武智文雄、元プロ野球選手(+ 2013年)
  • 1926年 - 関本忠弘、経営者(+ 2007年)
  • 1926年 - レオニー・リザネック、オペラ歌手(+ 1998年)
  • 1927年 - ナルシソ・イエペス、ギター奏者(+ 1997年)
  • 1928年 - 曽根康治、柔道家(+ 1981年)
  • 1930年 - エドワード・ホワイト、宇宙飛行士(+ 1967年)
  • 1932年 - 八木正生、作曲家(+ 1991年)
  • 1933年 - 遠藤章、化学者
  • 1933年 - 梶原拓、元岐阜県知事(+ 2017年)
  • 1933年 - フレッド・ヘイズ、宇宙飛行士
  • 1934年 - 東陽一、映画監督
  • 1935年 - フセイン1世、ヨルダン国王(+ 1999年)
  • 1935年 - 南野知惠子、参議院議員
  • 1936年 - アントニオ・ガデス、舞踊家(+ 2004年)
  • 1936年 - 山本正司、騎手
  • 1936年 - キャリー・ベル、ハーモニカ奏者(+ 2007年)
  • 1938年 - 島崎春荷、書家
  • 1938年 - 白石太一郎、考古学者
  • 1939年 - 武田和命、ミュージシャン
  • 1940年 - 岸本光造、政治家(+ 2002年)
  • 1941年 - 毛綱毅曠、建築家(+ 2001年)
  • 1942年 - 中村勝行、脚本家
  • 1942年 - ナターリヤ・グートマン、チェリスト
  • 1943年 - 鈴木克昌、政治家
  • 1943年 - ピーター・ノートン、コンピューター技術者
  • 1943年 - 四方章人、作曲家
  • 1943年 - 安田南、歌手
  • 1944年 - 城野昭、アナウンサー
  • 1945年 - サトル・サトウ、画家、造形作家
  • 1946年 - 丸山孝彦、大相撲元前頭
  • 1946年 - 阿藤快、俳優(+ 2015年)
  • 1947年 - バックウィート・ザディコ、アコーディオン奏者(+ 2016年)
  • 1947年 - 仁井谷俊也、作詞家
  • 1948年 - チャールズ、イギリスの王太子
  • 1948年 - 梶田信一郎、内閣法制局長官
  • 1948年 - 笹倉明、小説家
  • 1948年 - 青葉城幸雄、元大相撲関脇、不知火親方
  • 1949年 - 西城隆詞、アニメデザイナー
  • 1950年 - 楠橋高幸、プロ野球選手
  • 1951年 - 張芸謀、映画監督、俳優
  • 1951年 - 安永徹、ミュージシャン
  • 1952年 - 小林繁、元プロ野球選手(+ 2010年)
  • 1952年 - すわ親治、タレント
  • 1952年 - クリス・ヌーナン、映画監督、脚本家
  • 1953年 - 西川廣人、日産自動車取締役兼社長兼CEO
  • 1953年 - ドミニク・ド・ビルパン、フランスの外交官・元首相
  • 1953年 - イゴール・ボブリン、フィギュアスケート選手
  • 1953年 - 渡辺省吾、プロ野球選手
  • 1954年 - コンドリーザ・ライス、アメリカ合衆国国務長官
  • 1954年 - ベルナール・イノー、自転車プロロードレース選手
  • 1954年 - ウィリー・ヘルナンデス、野球選手
  • 1955年 - 中野浩一、元競輪選手、タレント
  • 1955年 - 早野宏史、サッカー選手、監督
  • 1955年 - 河岡義裕、医学者
  • 1956年 - 小山裕史、ボディビルダー
  • 1960年 - 阿部公江、アナウンサー
  • 1961年 - 横見浩彦、トラベルライター
  • 1962年 - 田中敦子、声優
  • 1962年 - 小野瀬雅生、ミュージシャン(クレイジーケンバンド)
  • 1963年 - あめくみちこ、女優
  • 1963年 - 山本幸二、元プロ野球選手
  • 1963年 - 古溝克之、元プロ野球選手
  • 1963年 - 平仲明信、ボクサー
  • 1964年 - 久保こーじ、作曲家
  • 1965年 - 立見里歌、タレント
  • 1965年 - 宇仁菅真、俳優
  • 1966年 - 白沢みき、ジャーナリスト
  • 1966年 - カート・シリング、元メジャーリーガー
  • 1966年 - ティム・スコルド、ギタリスト、プロデューサー(マリリン・マンソン)
  • 1966年 - 森本里菜、漫画家
  • 1966年 - 谷川明美、アナウンサー(+ 2007年)
  • 1966年 - 松本卓也、元プロ野球選手
  • 1966年 - 木内九二生、プロ野球審判員
  • 1967年 - 手倉森浩、サッカー選手
  • 1967年 - 手倉森誠、サッカー選手
  • 1967年 - ニーナ・ゴードン、ミュージシャン
  • 1968年 - 雫井脩介、作家
  • 1969年 - 沢木美佳子、タレント、アナウンサー
  • 1969年 - 鈴木英哉、ミュージシャン、Mr.Children
  • 1969年 - 西川弘剛、ミュージシャン、GRAPEVINE/ギター
  • 1969年 - 塚本善之、プロ野球選手
  • 1970年 - パトリック・ハーラン(パックンマックン)、タレント
  • 1971年 - 上坂都子、女優
  • 1971年 - 森崎博之、TEAM-NACSリーダー、タレント
  • 1972年 - ジョシュ・デュアメル、俳優
  • 1973年 - 川上テルヒサ、パンク演歌シンガーソングライター
  • 1973年 - 朱門みず穂、女優
  • 1973年 - 大沢さやか、女優
  • 1973年 - 枝松順一、元アナウンサー
  • 1973年 - ルーベン・リベラ、元メジャーリーガー
  • 1973年 - 斉藤瑞樹、声優(+ 2015年)
  • 1974年 - 三遊亭金翔、落語家
  • 1974年 - 吉田統彦、衆議院議員
  • 1975年 - ガブリエラ・サボー、陸上選手
  • 1975年 - 立川こしら、落語家、落語立川流
  • 1975年 - トラヴィス・バーカー、音楽プロデューサー、ドラマー
  • 1975年 - 吉村玉緒、女優
  • 1976年 - 大嶋記胤、プロボクサー
  • 1977年 - 南周平、俳優
  • 1977年 - オービー・トライス、ラッパー
  • 1977年 - ブライアン・ディーツェン、俳優
  • 1977年 - サラ・ジェイ、ポルノ女優
  • 1978年 - 鈴木洋美、ビーチバレー選手
  • 1978年 - 横須賀ゆめな、歌手・タレント
  • 1978年 - Cherry、ミュージシャン(Baby Boo)
  • 1978年 - 劉芙豪、野球選手
  • 1978年 - ゼイビア・ネイディ、元メジャーリーガー
  • 1979年 - デュアネル・サンチェス、野球選手
  • 1979年 - 鈴木サチ、ファッションモデル
  • 1979年 - 仁井山征弘、ミュージシャン
  • 1979年 - にわつとむ、俳優
  • 1979年 - オスレイディス・メネンデス、陸上競技選手
  • 1979年 - スティーブ・リトル、俳優
  • 1980年 - 木村由姫、歌手
  • 1980年 - カルロス・カベサス、バスケットボール選手
  • 1980年 - 桑原康伸、ミュージシャン、ガガガSP
  • 1980年 - 坂本直子、マラソン選手
  • 1980年 - 近藤浩徳、声優
  • 1980年 - 前原智子、北陸放送アナウンサー
  • 1980年 - スヴェトラーナ・クリコワ、フィギュアスケート選手
  • 1981年 - 大久保藍子、声優
  • 1982年 - ミリアム・シュタイネル、フィギュアスケート選手
  • 1982年 - アンヘル・カストロ、メジャーリーガー
  • 1982年 - 倪福徳、野球選手
  • 1982年 - ローラ・ラムジー、女優
  • 1983年 - 秋山良人 、お笑い芸人(あきげん)
  • 1983年 - くどうこずえ、タレント
  • 1983年 - 高田梢枝、歌手
  • 1983年 - ギジェルモ・モスコーソ、プロ野球選手
  • 1984年 - フェリックス・ペレス、プロ野球選手
  • 1984年 - 孫芸、柔道選手
  • 1985年 - トーマス・フェルメーレン、サッカー選手
  • 1985年 - 江藤愛、アナウンサー
  • 1986年 - 片岡安祐美、女子野球選手
  • 1986年 - 江柄子裕樹、プロ野球選手
  • 1986年 - 森安加代子、タレント
  • 1987年 - ソフィア・アセファ、陸上競技選手
  • 1987年 - 翁長舞、アナウンサー
  • 1987年 - ヌール・エル=レファイ、女優
  • 1987年 - ブリン・タイラー、ポルノ女優
  • 1987年 - ダニエル・サンチェス、野球選手
  • 1988年 - 杉林沙織、タレント
  • 1988年 - 千代大龍秀政、大相撲力士
  • 1988年 - 星井七瀬、タレント
  • 1988年 - 大野拓朗、俳優、タレント
  • 1988年 - 瀬尾茜、フィギュアスケート選手
  • 1989年 - いずみ唯、元グラビアアイドル(藤咲由姫)
  • 1989年 - フレディ・ガルビス、メジャーリーガー
  • 1990年 - 赤谷奈緒子、ファッションモデル
  • 1990年 - 松本直晃、プロ野球選手
  • 1990年 - 佐々木蓮、タレント
  • 1990年 - ヤズマニー・トマス、メジャーリーガー
  • 1990年 - 赤間謙、プロ野球選手
  • 1991年 - 平松可奈子、元SKE48
  • 1991年 - 細田智也、政治家
  • 1992年 - 越川真美 、ファッションモデル
  • 1992年 - 蜂谷由梨奈、ミヤギテレビアナウンサー
  • 1993年 - 野村周平、俳優
  • 1993年 - 大鶴佐助、俳優
  • 1993年 - サミュエル・ユムティティ、サッカー選手
  • 1993年 - ベンドラメ礼生、バスケットボール選手
  • 1993年 - 涼川絢音、女優、元AV女優
  • 1994年 - 栂野理紗子、タレント
  • 1994年 - 佐野隼平、ミュージカル俳優
  • 1995年 - 北村桂香、女流棋士(将棋)
  • 1996年 - 大原洋人、サーファー
  • 1996年 - 西口直人、プロ野球選手
  • 1996年 - 植田ひかる、声優
  • 1997年 - 木戸衣吹、声優
  • 1997年 - 松倉海斗、ジャニーズJr.(Travis Japan)
  • 1998年 - 小池美波、アイドル、欅坂46
  • 1998年 - 畠山紫音、俳優
  • 2001年 - 香月杏珠、ジュニアアイドル
  • 生年不明 - こばやしひよこ、漫画家
  • 生年不明 - 田中太郎、声優
  • 生年不明 - 工藤雅久、声優
  • 生年不明 - こおろぎさとみ、声優

忌日

  • 565年 - ユスティニアヌス1世、東ローマ皇帝(* 483年)
  • 669年(天智天皇8年10月16日)- 藤原鎌足、飛鳥時代の廷臣、藤原氏始祖(* 614年)
  • 871年(貞観13年9月28日)- 藤原順子、仁明天皇女御(* 809年)
  • 976年(開宝9年10月20日)- 趙匡胤、北宋の初代皇帝(* 927年)
  • 1007年(寛弘4年10月2日)- 敦道親王、平安時代の皇族(* 981年)
  • 1263年 - アレクサンドル・ネフスキー、ウラジーミル大公(* 1220年)
  • 1274年(文永11年10月15日)- 平景隆、鎌倉時代の武将
  • 1282年(弘安5年10月13日)- 日蓮、日蓮宗各派の祖(* 1222年)
  • 1612年(慶長17年10月22日)- 六角義治、近江国の戦国大名(* 1545年)
  • 1614年(慶長19年10月13日)- 清水義親、戦国武将(* 1582年)
  • 1687年 - ネル・グウィン、イングランド王チャールズ2世の愛人(* 1650年)
  • 1691年(元禄4年9月25日)- 土佐光起、絵師(* 1617年)
  • 1716年 - ゴットフリート・ライプニッツ、数学者(* 1646年)
  • 1726年(享保11年10月21日)- 伏見宮邦永親王、江戸時代の皇族(* 1676年)
  • 1734年 - ルイーズ・ケルアイユ、イングランド王チャールズ2世の愛人(* 1649年)
  • 1746年 - ゲオルグ・ヴィルヘルム・シュテラー、探検家、博物学者(* 1709年)
  • 1798年(寛政10年10月7日)- 安島直円、和算家(* 1732年)
  • 1808年(文化5年9月26日)- 樺山久言、薩摩藩家老(* 1776年)
  • 1825年 - ジャン・パウル、小説家(* 1763年)
  • 1829年 - ルイ=ニコラ・ヴォークラン、化学者(* 1763年)
  • 1831年 - イグナツ・プライエル、作曲家(* 1757年)
  • 1831年 - ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル、哲学者(* 1770年)
  • 1832年 - ラスムス・ラスク、言語学者(* 1787年)
  • 1847年 - ヨセフ・ユングマン、言語学者、詩人(* 1773年)
  • 1866年 - ミゲル1世、ポルトガル王(* 1802年)
  • 1871年(明治4年10月24日)- 斎藤弥九郎、剣客(* 1798年)
  • 1886年 - ベギエ・ド・シャンクルトワ、地質学者、鉱物学者(* 1820年)
  • 1897年 - ジュゼッピーナ・ストレッポーニ、作曲家ジュゼッペ・ヴェルディの妻(* 1815年)
  • 1898年 - 4代目橘家圓太郎、落語家(* 1845年)
  • 1905年 - ロバート・ホワイトヘッド、機械技術者、魚型魚雷を発明(* 1823年)
  • 1908年(光緒34年10月21日)- 光緒帝、第11代清皇帝(* 1871年)
  • 1915年 - テオドル・レシェティツキ、ピアニスト、教育者(* 1830年)
  • 1916年 - サキ、小説家(* 1870年)
  • 1922年 - カール・ミヒャエル・ツィーラー、作曲家(* 1843年)
  • 1923年 - 島田三郎、日本の第18代衆議院議長(* 1852年)
  • 1929年 - カマラ、野生児(* 生年不詳)
  • 1929年 - ジョー・マクギニティ、メジャーリーガー(* 1871年)
  • 1930年 - 楊開慧、女性革命家、政治活動家(* 1901年)
  • 1937年 - 東宮鉄男、軍人(* 1892年)
  • 1938年 - ハンス・クリスチャン・グラム、細菌学者(* 1853年)
  • 1941年 - 阪谷芳郎、日本の大蔵大臣(* 1863年)
  • 1944年 - フレッシュ・カーロイ、ヴァイオリニスト・教育者(* 1873年)
  • 1946年 - マヌエル・デ・ファリャ、作曲家(* 1876年)
  • 1949年 - 松平恒雄、外交官、日本の参議院議長(* 1877年)
  • 1956年 - 田中好、政治家(* 1886年)
  • 1956年 - 三輪寿壮、法律家、政治家(* 1894年)
  • 1966年 - 吉田善吾、日本の海軍大臣、連合艦隊司令長官(* 1885年)
  • 1966年 - 亀井勝一郎、文芸評論家(* 1907年)
  • 1969年 - ファニー・ローゼンフェルド、陸上競技選手(* 1903年?)
  • 1971年 - 金田一京助、言語学者(* 1882年)
  • 1974年 - 池田敏雄、コンピュータ技術者(* 1923年)
  • 1974年 - 堀久作、経営者(* 1900年)
  • 1975年 - 倉石武四郎、中国文学者(* 1897年)
  • 1977年 - リチャード・アディンセル、作曲家(* 1904年)
  • 1985年 - 顧維鈞、外交官(* 1888年)
  • 1985年 - ドミトリ・ベリャーエフ、遺伝学者(* 1917年)
  • 1986年 - 円地文子、小説家(* 1905年)
  • 1988年 - 三木武夫、日本の第66代内閣総理大臣(* 1907年)
  • 1991年 - 依田義賢、脚本家(* 1909年)
  • 1991年 - トニー・リチャードソン、映画監督(* 1928年)
  • 1992年 - エルンスト・ハッペル、サッカー選手(* 1925年)
  • 1992年 - ジョージ・アダムス、ジャズサックス奏者(* 1940年)
  • 1993年 - 野坂参三、日本共産党の指導者(* 1892年)
  • 1995年 - 向井潤吉、洋画家(* 1901年)
  • 1997年 - 斎藤清、版画家(* 1907年)
  • 1999年 - 守住有信、政治家(* 1924年)
  • 2000年 - 東野英心、俳優(* 1942年)
  • 2001年 - 緑川洋一、写真家(* 1915年)
  • 2004年 - ミシェル・コロンビエ、音楽プロデューサー、キーボーディスト(* 1939年)
  • 2005年 - 小山昭晴、元プロ野球選手(* 1960年)
  • 2006年 - 渡辺謙太郎、アナウンサー(* 1930年)
  • 2008年 - ツベタンカ・フリストワ、円盤投選手(* 1962年)
  • 2008年 - 大塚弥寿男、元プロ野球選手(* 1943年)
  • 2009年 - 大浦みずき、女優(* 1956年)
  • 2009年 - 日高敏隆、動物行動学者(* 1930年)
  • 2011年 - 土屋隆夫、小説家、推理作家(* 1917年)
  • 2015年 - ニック・ボックウィンクル、プロレスラー(* 1934年)
  • 2015年 - 阿藤快、俳優(* 1946年)
  • 2016年 - 高井研一郎、漫画家(* 1937年)
  • 2017年 - 塩見孝也、新左翼活動家、元赤軍派議長、最高指導者(* 1941年)

スピーチ作成 - テーマ「世界糖尿病デー」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-14_世界糖尿病デー.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650