365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

8月14日「専売特許の日」


 8月14日は「専売特許の日」です。1885年8月14日に、日本最初の専売特許が交付されたことに由来しています。特許第1号は、堀田瑞松(ずいしょう)が出願していた「堀田錆止塗料及其塗法」(錆止め塗料とその塗り方)でした。

 子供の頃は、特許で大金持ちというのに憧れていました。しかし、現実はなかなかそう上手くはいきません。

 採算を度外視して、発明しては特許を取り続けるような根気がなければ、駄目なのだと思います。

 明治時代になると、日本でも多くの人が優れた発明をするようになりました。しかし、同時にアイデアの盗用の苦情も増えました。
 その声を受けて1885年に制定された専売特許条例ですが、3年で改正されて特許条例になりました。
 施行後諸外国へ調査に赴いた高橋是清の報告を反映させたためです。その時専売特許局も特許局と改められ、高橋が初代局長となりました。


 急場しのぎで作った制度が、きちんと調べてみたら問題だらけだったのでしょう。それでも、制度を作ったのはよいことですし、それを改定したのもよいことだと思います。

 拙速と言われようと現実に対応して、必要なら改める。そうした姿勢で仕事に臨みたいものです。

スピーチ作例 8月14日1
文字数:513文字   想定時間:142
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(パキスタン)
    1947年のこの日、パキスタンがイギリスから独立した。
  • グリーンデー(韓国)
    恋人同士で森林浴をする日。その一方で、恋人のいない人たちは、緑色のボトルに入った安価な焼酎を飲んで互いを慰め合う。韓国では毎月14日が恋人に関する記念日になっている。
  • 専売特許の日(日本)
    1885年8月14日に日本最初の専売特許が交付されたことに由来。特許第1号は堀田瑞松が出願していた「堀田錆止塗料及其塗法」(錆止め塗料とその塗り方)であった。この他に第7号までが認定される。
  • 聖マキシミリアノ・コルベ神父の祝日(カトリック教会)
    教えがナチスの思想と相反したものであるとしてアウシュビッツ強制収容所に送られ、見せしめのために処刑される見ず知らずの他人の身代りとなって、この日に餓死刑で亡くなったマキシミリアノ・コルベを記念する日。

歴史

  • 686年(天武天皇15年7月20日)- 白雉以来32年間断絶していた日本の元号が再開、新元号は朱鳥と定められる。
  • 1183年(寿永2年7月25日)- 治承・寿永の乱: 源義仲の入京に伴い、平宗盛率いる平家一族が安徳天皇を連れて三種の神器と共に西国落ち。
  • 1204年(元久元年7月18日)- 伊豆修善寺に幽閉されていた鎌倉幕府2代将軍源頼家が入浴中に謀殺される。
  • 1385年 - アルジュバロータの戦い。ポルトガル王位を巡ってポルトガル王ジョアン1世とカスティーリャ王フアン1世が争いポルトガル側が勝利。
  • 1696年 - ウィリアム王戦争: ペマキッドの戦いはじまる。
  • 1722年(享保7年7月3日)- 江戸幕府が、米を上納を条件に大名の参勤交代による江戸滞在を半年に短縮する上米の制を導入。
  • 1842年 - インディアン戦争: 第二次セミノール戦争が終結。
  • 1848年 - アメリカ合衆国でオレゴン準州創設。
  • 1876年 - 札幌学校(札幌農学校・北大農学部の前身)が開校。
  • 1880年 - ドイツのケルン大聖堂が建設開始から600年以上たって完成。
  • 1885年 - 日本初の専売特許証交付。
  • 1898年 - 米西戦争: フィリピン占領のためアメリカ軍が派遣される。
  • 1900年 - 義和団の乱: 日本・ドイツ・イギリス・フランス・ロシア・アメリカ・イタリア・オーストリアの八カ国連合軍が北京に入城。義和団の乱が終結。
  • 1901年 - グスターヴ・ホワイトヘッド設計の飛行機「ナンバー21」が史上初の動力飛行を行った日と主張されている。
  • 1904年 - 日露戦争: 蔚山沖海戦
  • 1908年 - イギリス・フォークストンで世界初のミス・コンテスト開催。
  • 1917年 - 第一次世界大戦: 中華民国がドイツ帝国・オーストリア=ハンガリー帝国に宣戦布告。
  • 1918年 - 1918年米騒動: 騒動の飛び火を防ぐため、内務省が各新聞社に米騒動の記事の差し止めを命令。
  • 1919年 - ドイツでヴァイマル憲法が施行される。
  • 1921年 - ボリシェヴィキによりタンヌ・トゥヴァ(後のトゥヴァ人民共和国)が成立。
  • 1935年 - フランクリン・ルーズベルト米大統領が社会保障法に署名し、アメリカに社会保障制度を初めて導入する。
  • 1937年 - 軍法会議で二・二六事件の背後首謀者として北一輝らに死刑を宣告。8月19日に執行。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: チャーチル英首相とルーズベルト米大統領が大西洋憲章を発表。
  • 1941年 - 平沼騏一郎国務大臣が国家主義団体勤皇まことむすび会員に狙撃され重傷。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: 最後の御前会議でポツダム宣言受諾を再確認し、無条件降伏を決定。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・ソ連対日参戦: 葛根廟事件。満州国興安総省葛根廟で、非武装の日本人避難民がソ連軍の攻撃を受ける。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: 京橋駅空襲。大阪で空襲があり1トン爆弾が国鉄京橋駅に命中、駅に避難していた200名以上が死亡。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: 深夜から翌日未明にかけて、秋田・伊勢崎・熊谷・小田原・岩国・光で空襲。第二次世界大戦最後の空襲。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: 宮城事件。深夜から翌日未明にかけて、陸軍省と近衛師団の一部将校が終戦阻止のため決起。近衛師団長を殺害し玉音放送の録音盤奪取を図るが失敗に終わる。
  • 1945年 - 中ソ友好同盟条約が締結される。
  • 1947年 - パキスタンがイギリスから独立。
  • 1950年 - 文部省が、9月から八大都市の小学校で、アメリカからのガリオア資金によるパン給食の完全実施を発表。
  • 1965年 - 第一次人民革命党事件。韓国中央情報部金炯旭部長が革新系人士・報道関係者・学生など41人を検挙したと発表。
  • 1969年 - 北アイルランド問題: イギリス軍が北アイルランドの宗教紛争に介入。
  • 1971年 - バーレーンがイギリスからの独立を発表。
  • 1971年 - フィリップ・ジンバルドーがスタンフォード大学の模擬監獄でスタンフォード監獄実験を開始。
  • 1972年 - 東ベルリン発ブルガス行きのインターフルクIl-62型機が離陸直後墜落、乗員乗客156名全員が死亡。
  • 1980年 - ポーランド民主化運動: ポーランド・グダニスクのレーニン造船所で、レフ・ヴァウェンサ率いる労働者がストライキに突入。「連帯」の設立へ連なる。
  • 1990年 - リヒテンシュタインが国連に加盟。
  • 1991年 - エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社(現在のNTTドコモ)が設立
  • 1994年 - 14件のテロ事件に関与し国際指名手配されていたカルロスことイリイッチ・ラミレス・サンチェスが逮捕。
  • 1999年 - 玄倉川水難事故。大雨で増水していた玄倉ダムの放流に中州でキャンプしていた会社員が巻き込まれ、13人死亡。
  • 2000年 - 大分一家6人殺傷事件。大分県で15歳の少年が隣家を襲撃、3人死亡・3人負傷。
  • 2001年 - 黒磯小2女児誘拐事件発生。
  • 2003年 - 2003年北アメリカ大停電。ニューヨークを含む北アメリカ東北部で大停電。5000万人に影響。
  • 2005年 - ヘリオス航空522便墜落事故。ギリシャ・アテネ北部にヘリオス航空522便が墜落。121人が死亡。
  • 2006年 - 2006年8月14日首都圏停電。
  • 2008年 - 北京オリンピックの競泳男子200メートル平泳ぎで北島康介が金メダル。100メートル平泳ぎと2大会連続2冠。
  • 2012年 - 李明博による天皇謝罪要求。
  • 2012年 - オホーツク海南部深発地震。Mj7.3・Mw7.7は震源が600kmより深い深発地震としては大規模なもの。
  • 2016年 - SMAP解散騒動: ジャニーズ事務所がSMAPの解散を正式に発表。
  • 2016年 - リオデジャネイロオリンピック: テニス男子シングルスで、錦織圭が3位。同種目のメダル獲得は1920年アントワープ大会の熊谷一弥以来96年ぶり。

誕生日

  • 1297年(永仁5年7月25日)- 花園天皇、第95代天皇(+ 1348年)
  • 1681年(天和元年7月1日)- 浅野吉長、第5代広島藩主(+ 1752年)
  • 1688年 - フリードリヒ・ヴィルヘルム1世、プロイセン王(+ 1740年)
  • 1742年 - ピウス7世、第251代ローマ教皇(+ 1823年)
  • 1777年 - ハンス・クリスティアン・エルステッド、物理学者、化学者(+ 1851年)
  • 1822年 - ジェイムズ・ウィリアム・マーシャル、第27代アメリカ合衆国郵政長官(+ 1910年)
  • 1840年 - リヒャルト・フォン・クラフト=エビング、精神医学者(+ 1902年)
  • 1846年(弘化3年6月23日)- 松岡康毅、政治家(+ 1923年)
  • 1860年 - アーネスト・トンプソン・シートン、動物学者(+ 1946年)
  • 1867年 - ジョン・ゴールズワージー、小説家、劇作家(+ 1933年)
  • 1871年(同治10年6月28日)- 光緒帝、清の第11代皇帝(+ 1908年)
  • 1876年 - アレクサンダル1世、セルビア王(+ 1903年)
  • 1878年 - 一戸直蔵、天文学者(+ 1920年)
  • 1880年 - 櫻内幸雄、政治家(+ 1947年)
  • 1883年 - アーネスト・E・ジャスト、生物学者(+ 1941年)
  • 1887年 - 荒畑寒村、社会主義者、労働運動家、作家、小説家、政治家(+ 1981年)
  • 1889年 - 三富朽葉、詩人(+ 1917年)
  • 1892年 - カイホスルー・シャプルジ・ソラブジ、作曲家、ピアニスト(+ 1988年)
  • 1910年 - ピエール・シェフェール、作曲家(+ 1995年)
  • 1910年 - ウィリー・ロニス、写真家(+ 2009年)
  • 1916年 - 藤村富美男、プロ野球選手(+ 1992年)
  • 1916年 - ハインリヒ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1944年)
  • 1917年 - 上田トシコ、漫画家(+ 2008年)
  • 1920年 - 三富恒雄、プロ野球選手(+ 2005年)
  • 1924年 - ジョルジュ・プレートル、指揮者(+ 2017年)
  • 1924年 - スヴェレ・フェーン、建築家(+ 2009年)
  • 1926年 - ルネ・ゴシニ、作家(+ 1977年)
  • 1929年 - 河瀬断魚、日本の書家(+ 2010年)
  • 1932年 - 亀井俊介、比較文学者、アメリカ文学者
  • 1933年 - リヒャルト・R・エルンスト、化学者
  • 1934年 - 江國滋、俳人、エッセイスト(+ 1997年)
  • 1934年 - 水野正好、考古学者(+ 2015年)
  • 1936年 - 桂歌丸、落語家
  • 1936年 - ゴーマン美智子、陸上競技選手(マラソン)(+ 2015年)
  • 1938年 - 小倉純二、日本サッカー協会会長
  • 1938年 - 佐々木信夫、政治活動家
  • 1940年 - 岡本凱孝、プロ野球選手
  • 1941年 - デヴィッド・クロスビー、ミュージシャン
  • 1941年 - リン・チェイニー、第46代アメリカ合衆国副大統領ディック・チェイニーの妻
  • 1942年 - 久代義明、プロ野球選手、コーチ
  • 1942年 - ジャッキー・オリバー、レーシングドライバー、F1チームオーナー
  • 1943年 - 高木賢、農林官僚
  • 1943年 - 諸山文彦、バスケットボール選手、指導者
  • 1944年 - 杉良太郎、俳優
  • 1945年 - ヴィム・ヴェンダース、映画監督
  • 1945年 - スティーヴ・マーティン、コメディアン、俳優
  • 1945年 - 矢島純一、プロボウラー
  • 1945年 - 平岡一郎、プロ野球選手(+ 1995年)
  • 1946年 - ラリー・グラハム、ベーシスト
  • 1947年 - 谷口ジロー、漫画家(+ 2017年)
  • 1947年 - 片桐竜次、俳優
  • 1948年 - ボリス・ペルガメンシコフ、チェリスト(+ 2004年)
  • 1949年 - ボブ・バックランド、プロレスラー
  • 1949年 - 吉田健志、作曲家・ベーシスト、フォークシンガー
  • 1949年 - モアテン・オルセン、元サッカー選手、サッカー指導者
  • 1952年 - 塩月勝義、プロ野球選手(+ 2000年)
  • 1952年 - 倉骨道広、プロ野球選手
  • 1953年 - ジェームズ・ホーナー、作曲家(+ 2015年)
  • 1954年 - 坂本洋、音楽プロデューサー、キーボーディスト、作曲家
  • 1954年 - 三田ゆう子、声優
  • 1955年 - 嗣子鵬慶昌、大相撲力士(+ 2006年)
  • 1957年 - 地頭方一男、プロ野球選手
  • 1957年 - 湯原信光、プロゴルファー
  • 1957年 - あご勇、お笑い芸人
  • 1958年 - 阿部祐二、リポーター
  • 1958年 - 井上純一、俳優
  • 1959年 - マジック・ジョンソン、バスケットボール選手
  • 1960年 - サラ・ブライトマン、歌手
  • 1961年 - 都並敏史、プロサッカー選手、サッカー指導者
  • 1963年 - 別府修作、プロ野球選手、コーチ
  • 1965年 - エマニュエル・ベアール、女優
  • 1965年 - 岡田あーみん、漫画家
  • 1965年 - 岡村靖幸、ミュージシャン
  • 1966年 - 鈴木保奈美、女優
  • 1966年 - ハリー・ベリー、女優
  • 1968年 - 天久聖一、漫画家、アニメーター
  • 1968年 - 平畠啓史、お笑い芸人
  • 1968年 - ダレン・クラーク、プロゴルファー
  • 1968年 - キャサリン・ベル、女優
  • 1970年 - 馬海泳、野球選手
  • 1972年 - 本田貴子、声優
  • 1972年 - デビッド・ストーン、マジシャン
  • 1972年 - ヤミレ・アルダマ、陸上競技選手
  • 1973年 - 小宮山雄飛、ミュージシャン
  • 1973年 - ジェイジェイ・オコチャ、サッカー選手
  • 1973年 - ハレド・ボルヘッティ、サッカー選手
  • 1973年 - キーレン・パーキンス、競泳選手
  • 1974年 - ファイヤー原田、キックボクサー
  • 1974年 - ハイアン・グレイシー、柔術家(+ 2007年)
  • 1974年 - 鈴木Q太郎、お笑い芸人
  • 1975年 - 徳永有美、アナウンサー
  • 1977年 - スコット・チャイアソン、プロ野球選手
  • 1977年 - 石志偉、野球選手
  • 1978年 - 山本清史、映画監督
  • 1978年 - 孫嶺峰、野球選手
  • 1979年 - 谷ルミコ、歌手
  • 1979年 - 森川陽一郎、映像作家
  • 1979年 - 岩崎智史、プロ野球選手
  • 1980年 - 理衣 、モデル
  • 1983年 - ミラ・クニス、女優
  • 1984年 - 石原直樹、サッカー選手
  • 1985年 - アシュリン・ブルック、ポルノ女優
  • 1985年 - シャーロット・ケイト・フォックス、女優
  • 1985年 - エスミル・ロジャース、プロ野球選手
  • 1986年 - 高橋実恵子、女優
  • 1986年 - キャメロン・ジェローム、サッカー選手
  • 1986年 - 宮川愛、歌手
  • 1987年 - 蔡力、競泳選手
  • 1987年 - 浅利陽介、俳優
  • 1987年 - ティム・ティーボウ、アメリカンフットボール選手
  • 1987年 - デビッド・ペラルタ、メジャーリーガー
  • 1988年 - アレックス・リッディ、メジャーリーガー
  • 1988年 - 森村昂太、サッカー選手
  • 1989年 - 金田久美子、プロゴルファー
  • 1989年 - 奥埜博亮、サッカー選手
  • 1990年 - 松葉貴大、プロ野球選手
  • 1991年 - 新居里菜、女優
  • 1992年 - 葉月佐和、グラビアアイドル、料理研究家
  • 1996年 - 上西星来、東京パフォーマンスドール、女優、モデル
  • 生年不明 - 鷹岬諒、漫画家
  • 生年不明 - 吉原ナツキ、声優
  • 生年不明 - 木村武文、声優
  • 生年不明 - 山門久美、声優

忌日

  • 582年 - ティベリウス2世、東ローマ帝国ユスティニアヌス朝第4代皇帝(* 540年)
  • 1040年 - ダンカン1世、スコットランド王(* 1001年)
  • 1176年(安元2年7月8日)- 平滋子、後白河天皇女御、高倉天皇生母(* 1142年)
  • 1204年(元久元年7月18日)- 源頼家、鎌倉幕府第2代将軍(* 1182年)
  • 1297年 - フリードリヒ3世、ニュルンベルク城伯(* 1220年頃)
  • 1362年(貞治元年/正平17年7月24日)- 細川清氏、室町幕府執事
  • 1429年(永享元年7月14日)- 細川持元、室町時代の守護大名(* 1399年)
  • 1433年 - ジョアン1世、ポルトガルアヴィシュ王朝初代国王(* 1357年)
  • 1464年 - ピウス2世、ローマ教皇(* 1405年)
  • 1494年(明応3年7月14日)- 最上満氏、出羽国の戦国大名(* 1446年?)
  • 1640年(寛永17年6月27日)- 松平康重、騎西藩主、篠山藩主、岸和田藩主(* 1568年)
  • 1641年(寛永18年7月8日)- 松前公広、松前藩主(* 1598年)
  • 1727年 - ウィリアム・クロフト、作曲家、オルガニスト(* 1678年)
  • 1731年(享保16年7月12日)- 堀田正休、吉井藩主、近江宮川藩主(* 1655年)
  • 1754年 - マリア・アンナ・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ、ポルトガル王ジョアン5世の妃(* 1683年)
  • 1771年(明和8年7月4日)- 加藤泰宦、第4代新谷藩主(* 1737年)
  • 1822年(文政5年6月28日)- 諏訪忠粛、第7代高島藩主(* 1768年)
  • 1841年 - ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルト、教育学者、心理学者、哲学者(* 1776年)
  • 1847年(弘化4年7月4日)- 笹川繁蔵、侠客(* 1810年)
  • 1858年(安政5年7月6日)- 徳川家定、江戸幕府第13代将軍(* 1824年)
  • 1860年(万延元年6月28日)- 尾上菊五郎(4代目)、歌舞伎役者(* 1808年)
  • 1900年 - 岩下方平、日本の貴族院議員(* 1827年)
  • 1900年 - 馬建忠、清の洋務運動推進者(* 1845年)
  • 1900年 - 王懿栄、金石学者(* 1845年)
  • 1905年 - シメオン・ソロモン、画家(* 1840年)
  • 1907年 - 福羽美静、国学者(* 1831年)
  • 1910年 - フランク・ポドモア、著作家、社会主義運動家(* 1856年)
  • 1912年 - 楫取素彦、日本の元老院議官、貴族院議員、宮中顧問官(* 1829年)
  • 1922年 - ノースクリフ子爵アルフレッド・ハームズワース、実業家、新聞発行者(* 1865年)
  • 1927年 - レフ・シュテルンベルク、民族学者(* 1861年)
  • 1934年 - レイモンド・フッド、建築家(* 1881年)
  • 1938年 - 平沼淑郎、経済学者(* 1864年)
  • 1938年 - ランドン・ロナルド、指揮者(* 1873年)
  • 1938年 - アーブラハム・ツェーヴィ・イーデルゾーン、音楽学者(* 1882年)
  • 1940年 - 張嘯林、青幇の首領(* 1877年)
  • 1941年 - マキシミリアノ・コルベ、キリスト教の司祭、聖人(* 1894年)
  • 1941年 - ポール・サバティエ、化学者(* 1854年)
  • 1942年 - 譚玉齢、満州国皇帝愛新覚羅溥儀の側室(* 1920年)
  • 1943年 - ジョー・ケリー、メジャーリーガー(* 1871年)
  • 1947年 - 三浦新七、経済学者(* 1877年)
  • 1950年 - 安江仙弘、日本陸軍の大佐(* 1888年)
  • 1951年 - ウィリアム・ランドルフ・ハースト、実業家・新聞発行者(* 1863年)
  • 1956年 - コンスタンティン・フォン・ノイラート、ナチス・ドイツ外相、ベーメン・メーレン保護領総督(* 1873年)
  • 1956年 - ベルトルト・ブレヒト、劇作家(* 1898年)
  • 1958年 - 松岡駒吉、日本の第39代衆議院議長(* 1888年)
  • 1958年 - フレデリック・ジョリオ=キュリー、物理学者(* 1900年)
  • 1959年 - 五島慶太、実業家、東京急行電鉄創業者(* 1882年)
  • 1960年 - フレッド・クラーク、メジャーリーガー(* 1872年)
  • 1961年 - クラーク・アシュトン・スミス、ファンタジー小説家(* 1893年)
  • 1964年 - 野島康三、写真家(* 1889年)
  • 1980年 - ディエゴ・ファッブリ、作家、脚本家(* 1911年)
  • 1981年 - カール・ベーム、指揮者(* 1894年)
  • 1984年 - J・B・プリーストリー、著作家、劇作家、司会者(* 1894年)
  • 1985年 - 足立巻一、小説家(* 1913年)
  • 1986年 - 2代目桐竹勘十郎、文楽の人形方(* 1920年)
  • 1987年 - 石森延男、児童文学者(* 1897年)
  • 1987年 - ヴィンセント・パーシケッティ、作曲家(* 1915年)
  • 1988年 - エンツォ・フェラーリ、フェラーリ創業者(* 1898年)
  • 1988年 - 足立篤郎、日本の農林大臣、科学技術庁長官(* 1910年)
  • 1989年 - ロバート・バーナード・アンダーソン、アメリカ合衆国財務長官(* 1910年)
  • 1994年 - エリアス・カネッティ、作家、思想家(* 1905年)
  • 1996年 - セルジュ・チェリビダッケ、指揮者(* 1912年)
  • 2000年 - 鮫島博一、日本の統合幕僚会議議長(* 1918年)
  • 2000年 - 今西正男、俳優、声優(* 1931年)
  • 2002年 - 上條逸雄、脚本家(* 1931年)
  • 2004年 - チェスワフ・ミウォシュ、詩人(* 1911年)
  • 2005年 - 金子みつ、日本社会党副委員長(* 1914年)
  • 2006年 - 青山哲也、俳優(* 1940年)
  • 2006年 - ブルーノ・カービー、俳優(* 1949年)
  • 2007年 - ティホン・フレンニコフ、作曲家(* 1913年)
  • 2007年 - ビル・ロマス、オートバイのロードレース選手(* 1928年)
  • 2007年 - 琴櫻傑將、大相撲第53代横綱(* 1940年)
  • 2007年 - 山口小夜子、ファッションモデル、ファッションデザイナー(* 1954年)
  • 2008年 - 青地清二、スキージャンプ選手(* 1942年)
  • 2008年 - 内藤高、比較文学者(* 1949年)
  • 2009年 - 川上紀一、千葉県知事(* 1919年)
  • 2009年 - キマニ・マルゲ、ギネス・ブックで世界最高齢の小学生と認定された人物(* 1920年頃)
  • 2009年 - 難波昭二郎、プロ野球選手(* 1935年)
  • 2013年 - 山口冨士夫、ミュージシャン(* 1949年)
  • 2016年 - 豊田泰光、元プロ野球選手(* 1935年)

スピーチ作成 - テーマ「専売特許の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 08-14_専売特許の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650