365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月12日「洋服記念日」


 11月12日は「洋服記念日」です。1872年(明治5年)の旧暦11月12日に「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、それまでの公家風・武家風の和服礼装が廃止されました。
 その由来から、東京洋服商工業組合が、1929年(昭和4年)のこの日を第1回記念日にしました。


 私は、洋服屋の息子だったのですが、洋服に興味がなく、服は雨風をしのげればいいという認識でした。

 おそらく和服の時代でも、そうした感覚はあまり変わらなかっただろうと思います。

 日本で洋服が普及したのは、軍備の西洋化を進めるために、西洋式の軍服を導入したこと。そして、明治政府の欧化政策によります。
 新政府は寄り合い所帯だったために、服装もまちまちで、威厳を損なうことが問題視されました。これは対外的な信用に関わる問題でした。
 そこで、宮廷制服として大礼服(たいれいふく)が定められました。こうして、政府の上層部から洋装化が進められていきました。


 服装の乱れは、内面の乱れとされます。明治政府の問題は、カジュアルすぎる服装のベンチャー企業が、古くからの大企業に、取り引きを断られるような問題だと思います。

 小さなスタートアップでも、大きな会社と取引する際は、対外的な見栄えを整える必要が生じてくる。いつの時代でも、そうしたことは、変わらないのだろうなと思います。

スピーチ作例 11月12日1
文字数:580文字   想定時間:156
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 憲法記念日(アゼルバイジャン)
    1995年のこの日、アゼルバイジャンで憲法が採択された。
  • 洋服記念日(日本)
    1872年(明治5年)旧暦11月12日に「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、それまでの公家風・武家風の和服礼装が廃止されたことに由来。全日本洋服協同組合連合会が1972年に制定
  • 皮膚の日(日本)
    日本臨床皮膚科医会が1989年に制定。「い(1)い(1)ひ(1)ふ(2)」の語呂合わせ。
  • HipHopの記念日
    1973年11月12日にアフリカ・バンバータがThe Universal Zulu nationを結成。

歴史

  • 1028年 - 東ローマ皇帝コンスタンティノス8世の娘ゾエ(東ローマ皇后)が元老院議員ロマノスと結婚。3日後にコンスタンティノス8世が死去し、ロマノスが即位。
  • 1793年 - フランス革命: パリ・コミューン初代市長ジャン=シルヴァン・バイイが処刑。
  • 1893年 - イギリス領インド帝国とアフガニスタンがデュアランド・ライン条約に調印。
  • 1918年 - オーストリア第一共和国が発足。
  • 1920年 - イタリア王国とセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(ユーゴスラビア)の間でラパッロ条約が締結。
  • 1921年 - ワシントン会議始まる。
  • 1926年 - 福岡連隊差別事件への抗議運動をしていた全国水平社幹部が一斉検挙。
  • 1933年 - 現中国新疆ウイグル自治区、南西部のカシュガルで(第一次)東トルキスタン・イスラーム共和国独立宣言。
  • 1933年 - ドイツで国会選挙。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)のみが出馬し、全議席を占める。
  • 1933年 - ヒュー・グレイが「ネッシー」の写真を初めて撮影。
  • 1936年 - サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジが開通。
  • 1937年 - 俳優の林長次郎(長谷川一夫)が東宝京都撮影所で顔を切りつけられる。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: 第三次ソロモン海戦が始まる。
  • 1944年 - 新疆ウイグル自治区、北部のイリで(第二次)東トルキスタン共和国独立宣言。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: ドイツ海軍の戦艦「ティルピッツ」がイギリス空軍の12,000ポンド爆弾「トールボーイ」を使用した爆撃を受け沈没。
  • 1945年 - 二又トンネル爆発事故、アメリカ軍の杜撰な火薬処理により爆発事故が発生。死者147人、負傷者149人の大惨事。
  • 1948年 - 極東国際軍事裁判で、25人の戦犯に対し東條英機ら7人の絞首刑を含む有罪判決。
  • 1951年 - 京大天皇事件
  • 1955年 - ドイツ連邦軍発足により西ドイツの再軍備はじまる。
  • 1956年 - モロッコ・スーダン・チュニジアが国連に加盟。
  • 1964年 - アメリカ海軍の原子力潜水艦「シードラゴン」が佐世保に初寄港。
  • 1967年 - 第二次羽田事件。佐藤栄作首相訪米に反対する学生デモと警官隊が羽田空港で衝突。
  • 1968年 - 赤道ギニアが国連に加盟。
  • 1969年 - ベトナム戦争: アメリカの調査報道記者シーモア・ハーシュが前年3月のソンミ村虐殺事件を暴露。
  • 1970年 - ボーラ・サイクロンが東パキスタンに上陸。30万から50万人が死亡。
  • 1975年 - コモロが国連に加盟。
  • 1980年 - アメリカの無人惑星探査機「ボイジャー1号」が土星に最接近。
  • 1981年 - STS-2でスペースシャトル「コロンビア」が2度目の飛行。史上初の人間を乗せて一度宇宙へ出た宇宙船の再利用。
  • 1982年 - ユーリ・アンドロポフがソビエト連邦共産党書記長に就任。
  • 1986年 - 福岡市地下鉄箱崎線延長部(箱崎九大前駅 - 貝塚駅間)が開業し、全通。
  • 1990年 - 今上天皇の即位の礼を挙行。
  • 1991年 - サンタクルス事件。東ティモール・ディリで独立を求めるデモ行進中の市民に対しインドネシア国軍が無差別発砲。
  • 1993年 - カザフスタンで、それまでのルーブルに代えて新通貨テンゲの使用を開始。
  • 1996年 - ニューデリー空中衝突事故
  • 2001年 - アメリカン航空587便墜落事故
  • 2001年 - 花咲風力発電所完成。
  • 2006年 - 日本で最後の灯台守が勤務していた女島灯台がこの日から自動化される。
  • 2008年 - ガンバ大阪がAFCチャンピオンズリーグ初優勝。
  • 2014年 - 欧州宇宙機関(ESA)の宇宙探査機ロゼッタが着地機フィラエをチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着地させる。
  • 2017年 - イラクとイランの国境でMw 7.3の地震。400人以上が死亡。(2017年イラン・イラク地震)
  • 2017年 - ペルー、ベンタロン遺跡施設で火災。米大陸最古の壁画などが損傷。

誕生日

  • 1755年 - ゲルハルト・フォン・シャルンホルスト、プロイセン参謀総長(+ 1813年)
  • 1817年 - バハーウッラー、バハーイー教の祖(+ 1892年)
  • 1833年 - アレクサンドル・ボロディン、作曲家(+ 1887年)
  • 1840年 - オーギュスト・ロダン、彫刻家(+ 1917年)
  • 1842年(天保13年10月10日)- 大山巌、日本陸軍の元帥(+ 1916年)
  • 1866年 - 孫文、革命家(+ 1925年)
  • 1890年 - クロンベルガー・リリー、フィギュアスケート選手(+ 1974年)
  • 1891年 - カール・メイズ、メジャーリーガー(+ 1971年)
  • 1896年 - 牧野信一、小説家(+ 1936年)
  • 1897年 - 宇野弘蔵、経済学者(+ 1977年)
  • 1897年 - 内村祐之、プロ野球コミッショナー(+ 1980年)
  • 1903年 - 木部シゲノ、最初期の女性飛行家(+ 1980年)
  • 1904年 - 安西正夫、実業家(+ 1972年)
  • 1908年 - アーモン・ゲート、ナチス・ドイツクラクフ・プワシュフ強制収容所の所長(+ 1946年)
  • 1910年 - 華羅庚、数学者(+ 1985年)
  • 1911年 - チャド・ヴァラー、いのちの電話設立者(+ 2007年)
  • 1915年 - ロラン・バルト、思想家(+ 1980年)
  • 1915年 - 串田孫一、詩人、哲学者、随筆家(+ 2005年)
  • 1915年 - 春日野八千代、宝塚歌劇団女優(+ 2012年)
  • 1917年 - ギュンター・シャック、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 2003年)
  • 1922年 - キム・ハンター、女優(+ 2002年)
  • 1923年 - 片山博、元プロ野球選手
  • 1927年 - 谷山豊、数学者(+ 1958年)
  • 1929年 - グレース・ケリー、女優、モナコ大公妃(+ 1982年)
  • 1929年 - 小林彰太郎、自動車評論家(+ 2013年)
  • 1929年 - ミヒャエル・エンデ、作家(+ 1995年)
  • 1930年 - 俵孝太郎、ニュースキャスター
  • 1934年 - チャールズ・マンソン、カルトグループのリーダー
  • 1935年 - 中島丈博、脚本家
  • 1935年 - 中村修一郎、プロ野球選手(+ 2009年)
  • 1937年 - 花井幸子、ファッションデザイナー
  • 1939年 - ルチア・ポップ、声楽家(+ 1993年)
  • 1940年 - 上月景正、実業家、コナミ創業者
  • 1943年 - イアン・ブラック、調教師
  • 1943年 - ウォーレス・ショーン、俳優、劇作家
  • 1944年 - 大渕絹子、政治家
  • 1944年 - 天本光、プロ野球選手
  • 1945年 - ニール・ヤング、ミュージシャン
  • 1945年 - 谷木恭平、元プロ野球選手
  • 1946年 - とりいかずよし、漫画家、大学教授
  • 1947年 - 太田治子、小説家
  • 1948年 - 銀河万丈、声優
  • 1948年 - 黒姫山秀男、元大相撲力士、年寄武隈
  • 1950年 - 田中秀幸、声優
  • 1950年 - 由美かおる、女優
  • 1952年 - 福井保夫、元プロ野球選手
  • 1953年 - 大塚栄三郎、元騎手、調教助手
  • 1954年 - 津森千里、ファッションデザイナー
  • 1955年 - レスリー・マッコーエン、ミュージシャン 元ベイ・シティ・ローラーズ
  • 1956年 - 山川恵津子、作曲家、編曲家
  • 1956年 - 平忠彦、元オートバイ・ロードレースライダー
  • 1957年 - 高野文子、漫画家
  • 1958年 - 岩崎宏美、歌手
  • 1959年 - 佐橋俊彦、作曲家
  • 1959年 - 松本ちえこ、タレント、女優
  • 1961年 - 石川寛美、女優、声優
  • 1961年 - 長嶋清幸、元プロ野球選手
  • 1961年 - グレッグ・ギャグニー、メジャーリーガー
  • 1961年 - エンツォ・フランチェスコリ、元サッカー選手
  • 1961年 - TOM、ミュージシャン、元TOM★CATボーカル
  • 1961年 - ナディア・コマネチ、体操選手
  • 1962年 - 金子正彦、川崎競馬騎手
  • 1962年 - 麻木久仁子、タレント、キャスター
  • 1963年 - 三代目魚武濱田成夫、詩人
  • 1963年 - 寺島進、俳優
  • 1964年 - アーサー・ウィリアムス、プロボクサー
  • 1964年 - 河野景子、元フジテレビアナウンサー、貴乃花光司夫人
  • 1967年 - 高木琢也、元サッカー選手、Jリーグ・V・ファーレン長崎監督
  • 1967年 - マイケル・モーラー、プロボクサー
  • 1967年 - 高橋有紀子、バレーボール選手
  • 1968年 - 久川綾、声優
  • 1968年 - 今拓哉、ミュージカル俳優
  • 1968年 - サミー・ソーサ、メジャーリーガー
  • 1968年 - ジェームズ・ブッチェリ、野球選手
  • 1969年 - 金親和行、元大相撲力士、年寄熊ヶ谷
  • 1970年 - トーニャ・ハーディング、フィギュアスケート選手、プロボクサー
  • 1971年 - 一式まさと、漫画家
  • 1973年 - ラダ・ミッチェル、女優
  • 1974年 - 藤井みほな、漫画家
  • 1974年 - エノルベル・マルケス=ラミレス、プロ野球選手
  • 1974年 - 宇都隆史、政治家、自衛官
  • 1974年 - 西浦克拓、元プロ野球選手
  • 1974年 - ミルコ・ミュラー、フィギュアスケート選手
  • 1975年 - 鑑田幸代、ファッションデザイナー
  • 1975年 - ダリオ・シミッチ、サッカー選手
  • 1976年 - リンゼイ・グーリン、元プロ野球選手
  • 1977年 - ダリーン・カーティス、プレイメイト
  • 1977年 - ベネディクト・マッカーシー、サッカー選手
  • 1977年 - 泉健太郎(セカイイチ)、ミュージシャン
  • 1978年 - ダニー・ミランダ、野球選手
  • 1978年 - 中澤輝、アナウンサー
  • 1979年 - 水波風南、漫画家
  • 1979年 - ルーカス・グローバー、ゴルファー
  • 1980年 - ライアン・ゴズリング、俳優
  • 1980年 - 小泉恵未、フリーアナウンサー
  • 1980年 - 松島竜太、元サッカー選手
  • 1981年 - 星野大介、総合格闘家
  • 1981年 - アルセニー・マルコフ、フィギュアスケート選手
  • 1982年 - 黒木奈々、フリーアナウンサー(+ 2015年)
  • 1982年 - 高橋浩司、元プロ野球選手
  • 1982年 - 中尾敏浩、元プロ野球選手
  • 1982年 - アン・ハサウェイ、女優
  • 1983年 - 甲藤啓介、元プロ野球選手
  • 1983年 - 中野聡子、お笑い芸人(日本エレキテル連合)
  • 1983年 - チャーリー・モートン、メジャーリーガー
  • 1984年 - ベンジャミン・オコルスキー、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - 寺川綾、競泳選手
  • 1984年 - シーザー・ヒメネス、イタリアンベースボールリーガー
  • 1985年 - 黛弘人、騎手
  • 1986年 - 箱崎みどり、ニッポン放送アナウンサー
  • 1987年 - 高良健吾、俳優
  • 1987年 - 会一太郎、声優、落語家
  • 1988年 - ラッセル・ウェストブルック、バスケットボール選手
  • 1988年 - 愛葉悠、AV女優
  • 1988年 - HAYAMI、ミュージシャン(オレスカバンド)
  • 1989年 - 清武弘嗣、サッカー選手
  • 1990年 - 浅村栄斗、プロ野球選手
  • 1990年 - 大和田健介、俳優
  • 1991年 - タモト清嵐、俳優
  • 1992年 - 今井華、モデル、タレント
  • 1992年 - 上原亜衣、元AV女優
  • 1992年 - 三井莉穂、ミュージカル俳優
  • 1994年 - アンナ・フニチェンコワ、フィギュアスケート選手
  • 1996年 - 広瀬うみ、 AV女優
  • 1996年 - 社本悠、声優
  • 1997年 - 守屋茜、アイドル、欅坂46のメンバー
  • 1998年 - 嘉数一星、子役
  • 1998年 - 平祐奈、女優
  • 2003年 - 畠山紬、子役
  • 生年不明 - さらちよみ、イラストレーター、漫画家
  • 生年不明 - 林大地、声優

忌日

  • 607年 - ボニファティウス3世、ローマ教皇
  • 1035年 - クヌーズ2世、デンマーク・イングランド・ノルウェー王(* 995年)
  • 1094年 - ダンカン2世、スコットランド王(* 1060年?)
  • 1434年 - ルイ3世・ダンジュー、ナポリ王(* 1403年)
  • 1595年 - ジョン・ホーキンス、イングランドの軍人、私掠船船長(* 1532年)
  • 1671年 - トーマス・フェアファクス、軍人(* 1612年)
  • 1712年(正徳2年10月14日)- 徳川家宣、江戸幕府第6代将軍(* 1662年)
  • 1793年 - ジャン=シルヴァン・バイイ、パリ市長(* 1736年)
  • 1865年 - エリザベス・ギャスケル、小説家(* 1810年)
  • 1869年 - エイモス・ケンドール、第11代アメリカ合衆国郵政長官(* 1789年)
  • 1869年 - ヨハン・フリードリヒ・オーファーベック、画家(* 1789年)
  • 1893年 - アレクサンダー・フォン・バッハ、政治家(* 1813年)
  • 1898年 - ジョン万次郎、漂流民、通訳、教師(* 1827年)
  • 1915年 - 津田米次郎、羽二重織機の開発者(* 1862年)
  • 1916年 - パーシヴァル・ローウェル、天文学者(* 1855年)
  • 1921年 - フェルナン・クノップフ、画家(* 1858年)
  • 1939年 - ノーマン・ベチューン、医師(* 1890年)
  • 1940年 - ジョー・クイン、メジャーリーガー(* 1864年)
  • 1941年 - エイブ・レルズ、ニューヨークのギャング(* 1906年)
  • 1948年 - ウンベルト・ジョルダーノ、作曲家(* 1867年)
  • 1964年 - フレッド・ハッチンソン、メジャーリーガー(* 1919年)
  • 1966年 - クインシー・ポーター、作曲家・ヴィオリスト(* 1897年)
  • 1967年 - 由比忠之進、弁理士、 エスペランティスト(* 1894年)
  • 1969年 - 劉少奇、中華人民共和国の政治家、第2代国家主席(* 1898年)
  • 1974年 - 菊池正士、物理学者(* 1902年)
  • 1976年 - ウォルター・ピストン、作曲家(* 1894年)
  • 1981年 - ウィリアム・ホールデン、俳優(* 1918年)
  • 1984年 - チェスター・ハイムズ、小説家(* 1909年)
  • 1986年 - 島尾敏雄、小説家(* 1917年)
  • 1986年 - リア・ファルク、フィギュアスケート選手(* 1922年)
  • 1988年 - 草野心平、詩人(* 1903年)
  • 1990年 - 和中道男、プロ野球選手(* 1927年)
  • 1993年 - ビル・ディッキー、メジャーリーガー(* 1907年)
  • 1994年 - ウィルマ・ルドルフ、陸上競技選手(* 1940年)
  • 1996年 - 石垣綾子、評論家(* 1903年)
  • 1997年 - カルロス・スリナッチ、作曲家(* 1915年)
  • 1999年 - 蓬茨霊運、天文学者(* 1935年)
  • 2000年 - フランク・プゥルセル、イージーリスニングのバンドマスター(* 1913年)
  • 2002年 - ラウル・ディアニュ、サッカー選手(* 1910年)
  • 2003年 - ジョナサン・ブランディス、俳優(* 1976年)
  • 2007年 - アイラ・レヴィン、推理作家(* 1929年)
  • 2007年 - 上田政雄、京都大名誉教授、島田事件、狭山事件などで法医学鑑定(* 1922年)
  • 2009年 - アンリ・セランドゥール、国際オリンピック委員会委員、水球選手(* 1937年)
  • 2013年 - 干場一夫、プロ野球選手(* 1924年)
  • 2015年 - 江森陽弘、ジャーナリスト(* 1932年)

スピーチ作成 - テーマ「洋服記念日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-12_洋服記念日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650