365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

3月31日の情報

記念日・年中行事

  • 日本における学校や役所などの一年の期間である会計年度(日本の一般社会では単に年度と言うとこの会計年度のことを指す)の最終日である(例:2006年3月31日は2005年度の最終日である)。
    一般企業においては必ずしも3月31日が会計年度最終日であるとは限らない。
  • 解放記念日(マルタ)
    1979年のこの日、マルタからイギリス軍が撤退したことを記念。
  • ナンクラオ王記念日(タイ)
    チャクリー王朝第3代国王ラーマ3世(ナンクラオ王)の1788年の誕生日。
  • オーケストラの日(日本)
    日本オーケストラ連盟が2007年に制定。「み(3)み(3)に一番」「み(3)み(3)にいい(1)ひ」(耳に良い日)の語呂合せと、春休み期間中であり親子揃ってイベントに参加しやすいことから。

歴史

  • 1807年 - ポートランド公がイギリス首相に就任。
  • 1814年 - 第六次対仏大同盟がパリに入城し、ナポレオン戦争が終結、ナポレオンが捕えられる。
  • 1854年(嘉永7年3月3日)- ペリー提督と江戸幕府の間に日米和親条約(神奈川条約)が結ばれ、下田・函館が通商港とされる。
  • 1877年 - 西南戦争: 大分県中津で西郷軍に呼応した士族が叛乱。
  • 1885年 - イギリスがボツワナ共和国を保護領とする。
  • 1889年 - エッフェル塔が完成。
  • 1905年 - ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世がモロッコの港であるタンジールを訪問する。(タンジール事件)
  • 1906年 - 鉄道国有法公布。
  • 1908年 - 池田亀太郎(出歯亀の由来)を強姦殺人容疑で拘引。
  • 1909年 - セルビアがオーストリアによるボスニア・ヘルツェゴヴィナの支配を承認する。
  • 1917年 - アメリカ合衆国がデンマーク領西インド諸島を2500万ドルで購入し、ヴァージン諸島と改称。
  • 1918年 - アメリカ合衆国で初めてサマータイムを実施。不評のため、2年で廃止。
  • 1919年 - ハイデラバード・ハイ・コートが完成。
  • 1921年 - オーストラリア陸軍の航空部門を改組してオーストラリア空軍を設置。
  • 1922年 - ドイツでヒンターカイフェック事件が起きる。
  • 1924年 - 村山貯水池完成。
  • 1929年 - 大阪電気軌道(今の近畿日本鉄道)が伊賀電気鉄道を合併、伊賀線となる。
  • 1930年 - アメリカ映画製作配給業者協会が映画の検閲制度「ヘイズ・コード」を制定。
  • 1933年 - アメリカで失業対策のための市民保全部隊(CCC)を創設。
  • 1937年 - 日本で衆議院解散。(食い逃げ解散)
  • 1938年 - 岐阜県羽島郡笠松町の民家に隕石が落下。(笠松隕石)
  • 1941年 - イギリスの戦艦プリンス・オブ・ウェールズが就役。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: 日本軍がクリスマス島を占領。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: 海軍乙事件で古賀峯一日本海軍元帥が殉職。
  • 1946年 - 立命館土曜講座開始。(現在も続く)
  • 1947年 - 教育基本法・学校教育法公布。
  • 1947年 - 日本で、大日本帝国憲法下における衆議院が解散、貴族院が停会。
  • 1948年 - 近鉄奈良線列車暴走追突事故が起こる。
  • 1952年 - 財団法人日本文化放送協会(現・文化放送)開局。
  • 1953年 - 比叡山延暦寺の根本中堂を国宝建造物に指定。
  • 1958年 - 翌日からの売春防止法の施行に伴い赤線が営業停止。
  • 1963年 - 吉展ちゃん誘拐殺人事件が発生。
  • 1965年 - 淀橋浄水場廃止。
  • 1966年 - 法務省が、日本の総人口が1億人を突破したと発表。
  • 1966年 - ソ連で無人月探査機「ルナ10号」を打ち上げ。4月3日に史上初めて月周回軌道を回る。
  • 1969年 - 大阪市電がこの日限りで全線廃止。
  • 1970年 - 赤軍派が日本航空機よど号をハイジャックする。(よど号ハイジャック事件)
  • 1970年 - アメリカ初の人工衛星「エクスプローラー1号」が打上げから12年目で大気圏に再突入して消滅。
  • 1972年 - 横浜市電がこの日限りで全線廃止。
  • 1972年 - 汽車製造が川崎重工業との合併に伴い、営業を終了。
  • 1974年 - 名古屋市電がこの日限りで全線廃止。
  • 1975年 - 毎日放送(MBS)と朝日放送(ABC)の東京キー局がネットチェンジ(「腸捻転」解消)。東京放送(TBS。現・TBSテレビ)系列だったABCが日本教育テレビ(NET。現・テレビ朝日)系列に、NET系列だったMBSがTBS系列に変わる。
  • 1976年 - 仙台市電がこの日限りで全線廃止。
  • 1980年 - シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道がこの日限りで廃止。
  • 1980年 - 国際プロレスの後楽園ホール大会でリング下に落ちたアニマル浜口が木村健悟のプランチャ・スイシーダを受けて後頭部を打って失神、半年欠場する。
  • 1981年 - 福井鉄道南越線がこの日限りで廃止。
  • 1984年 - 国鉄日中線・相模線西寒川支線・赤谷線・魚沼線・清水港線がこの日限りで廃止。
  • 1985年 - 国鉄相生線・渚滑線・万字線・倉吉線・矢部線・勝田線・添田線・室木線・香月線がこの日限りで廃止。
  • 1986年 - 国鉄漆生線が廃止。
  • 1987年 - 日本国有鉄道が廃止。翌日分割民営化。
  • 1987年 - 筑波鉄道筑波線が全線廃止。
  • 1990年 - JR西日本鍛冶屋線・大社線がで廃止。
  • 1991年 - 東欧民主化、ソ連崩壊に伴い、ワルシャワ条約機構が軍事機能を完全に停止。
  • 1991年 - 北総開発鉄道(現・北総鉄道)京成高砂駅 - 新鎌ヶ谷駅間が開通。
  • 1992年 - 世界最後の現役戦艦だったアメリカ海軍のミズーリが退役。
  • 1994年 - 野上電気鉄道が全線廃止。
  • 1998年 - mozilla.orgが Mozilla のソースコードを公開。
  • 1998年 - 山一證券が自主廃業に伴い営業を終了。
  • 1998年 - 日本原子力発電株式会社東海発電所の営業運転終了。
  • 2000年 - 有珠山が23年ぶりに噴火。
  • 2000年 - SPEEDがこの日限りで一旦解散。
  • 2001年 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがオープン。
  • 2001年 - 北関東自動車道・高崎JCT - 伊勢崎IC間が開通。
  • 2002年 - 向ヶ丘遊園が閉園。
  • 2002年 - 長野電鉄木島線が廃止。
  • 2004年 - 名鉄三河線の猿投駅 - 西中金駅間、碧南駅 - 吉良吉田駅間が廃止。
  • 2004年 - 帝都高速度交通営団がこの日限りで廃止、翌4月1日に東京地下鉄(東京メトロ)として民営化。
  • 2005年 - 名古屋鉄道の岐阜市内線・揖斐線・美濃町線・田神線、日立電鉄線、のと鉄道能登線が廃止。
  • 2005年 - 大阪近鉄バファローズが消滅。選手の大半はオリックス・バファローズもしくは東北楽天ゴールデンイーグルスへ分配ドラフトで移籍。
  • 2006年 - 神戸ポートピアランドが閉園。
  • 2007年 - イー・モバイルが東名阪においてHSDPAデータ通信サービス「EMモバイルブロードバンド」を開始。
  • 2007年 - NTTドコモが提供してきた無線呼出しサービス「クイックキャスト(旧ポケットベル)」のサービス終了。全国展開のポケットベルサービスが消える。
  • 2007年 - くりはら田園鉄道、鹿島鉄道が廃止。
  • 2008年 - ツーカーがツーカー電話サービスを終了。
  • 2009年 - 福岡県のブロック紙・西日本新聞が山口県においての取材及び販売から撤退。
  • 2010年 - 内閣総理大臣鳩山由紀夫が自民党総裁谷垣禎一との党首討論で沖縄県普天間基地の県外移転問題に関して「腹案がある」
  • 2012年 - 東日本大震災で大きな被害を受け、8か月間延期されていた岩手県、宮城県、福島県の地上波テレビのアナログ放送が終了し、日本全国で完全デジタル化が完了した。これで、日本のアナログ放送は完全に廃止された。
  • 2012年 - 荒尾競馬場 が廃止。
  • 2012年 - 長野電鉄屋代線と十和田観光電鉄線が廃止。
  • 2014年 - フジテレビ系昼の長寿番組『笑っていいとも!』が放送終了。1982年の放送開始以来、31年半の歴史に幕を下ろす。
  • 2014年 - 岩泉線が廃止。
  • 2014年 - ANAのB747-400Dが沖縄発東京行・NH126便を最後に退役。1979年1月25日の初就航(当時は、B747SR-100)以来、35年のB747による営業運航に幕が下ろされた。また、これと同時に44年半続いた日本の航空会社におけるB747の旅客運用の歴史に幕が下ろされることとなった。
  • 2016年 - 東海テレビ制作昼の帯ドラマが放送を終了。約52年の歴史に幕。
  • 2018年 - フジテレビ系土8の長寿番組、めちゃ×2イケてるッ!が22年の歴史に幕を閉じる。
  • 2018年 - JR三江線が廃止。
  • 2018年 大阪市交通局(大阪市営地下鉄・大阪市営バス)が、Osaka Metro・大阪シティバスに経営移管のため廃止。公営地下鉄の経営移管は全国で初となる。
  • 1954年 - 秋田県本荘市(現由利本荘市)・男鹿市・湯沢市、福島県須賀川市・喜多方市・常磐市(現 いわき市)・磐城市(現いわき市)・福島県相馬市、茨城県那珂湊市(現ひたちなか市)、栃木県今市市・小山市、千葉県成田市・千葉県佐倉市、新潟県十日町市・見附市・村上市・燕市、石川県輪島市、静岡県藤枝市・掛川市・富士市、三重県名張市、滋賀県近江八幡市、岡山県総社市、広島県三次市・松永市(現福山市)・府中市・庄原市、山口県美祢市・長門市・柳井市、香川県善通寺市、高知県宿毛市・中村市、大分県鶴崎市(現大分市)・竹田市が市制施行。
  • 1955年 - 長崎県松浦市が市制施行。
  • 1956年 - 茨城県北茨城市が市制施行。
  • 1958年 - 奈良県御所市が市制施行。
  • 2004年 - 熊本県上天草市が市制施行。
  • 2005年 - 岡山県美作市・真庭市、大分県豊後大野市が市制施行。島根県仁多郡仁多町、横田町が合併して奥出雲町に。
  • 2006年 - 長崎県南島原市、大分県国東市が市制施行。

誕生日

  • 250年 - コンスタンティウス・クロルス、西ローマ帝国皇帝、コンスタンティヌス朝の創始者(+ 306年)
  • 1425年 - ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ、ミラノ女公(+ 1468年)
  • 1499年 - ピウス4世、第224代ローマ教皇(+ 1565年)
  • 1519年 - アンリ2世、フランス国王(+ 1559年)
  • 1536年(天文5年3月10日)- 足利義輝、室町幕府第13代将軍(+ 1565年)
  • 1549年(天文18年3月3日)- 筒井順慶、戦国大名(+ 1584年)
  • 1596年 - ルネ・デカルト、哲学者(+ 1650年)
  • 1656年(明暦2年3月6日)- 井伊直興、第4・7代彦根藩主(+ 1717年)
  • 1675年 - ベネディクトゥス14世、第247代ローマ教皇(+ 1758年)
  • 1685年 - ヨハン・ゼバスティアン・バッハ、作曲家(+ 1750年)
  • 1723年 - フレデリク5世、デンマーク王(+ 1766年)
  • 1732年 - フランツ・ヨーゼフ・ハイドン、作曲家(+ 1809年)
  • 1777年 - ルイ・コルディエ、地質学者、鉱物学者(+ 1861年)
  • 1778年(安永7年3月3日)- 中村歌右衛門(3代目)、歌舞伎役者(+ 1838年)
  • 1778年 - コンラート・ヤコブ・テミンク、動物学者(+ 1858年)
  • 1788年 - ラーマ3世、タイ国王(+ 1851年)
  • 1794年 - トマス・マッキーン・トンプソン・マッケナン、政治家(+ 1852年)
  • 1811年 - ロベルト・ブンゼン、化学者(+ 1899年)
  • 1819年 - ホーエンローエ=シリングスフュルスト、政治家(+ 1901年)
  • 1821年 - フリッツ・ミューラー、博物学者(+ 1897年)
  • 1850年 - チャールズ・ウォルコット、古生物学者(+ 1927年)
  • 1853年 - マクシミリアン・シュヴェードラー、フルート奏者(+ 1940年)
  • 1868年 - ジャック・スティベッツ、メジャーリーガー(+ 1930年)
  • 1870年 - トミー・ライアン、プロボクサー(+ 1948年)
  • 1870年 - ジェイムズ・コックス、新聞社経営者、政治家(+ 1957年)
  • 1871年 - アーサー・グリフィス、民族主義運動家(+ 1922年)
  • 1872年 - アレクサンドラ・コロンタイ、ボリシェヴィキの活動家(+ 1952年)
  • 1872年 - セルゲイ・ディアギレフ、ロシア・バレエ団創設者(+ 1929年)
  • 1878年 - ジャック・ジョンソン、プロボクサー(+ 1946年)
  • 1884年 - アドリアン・ヴァン・マーネン、天文学者(+ 1946年)
  • 1884年 - 河野安通志、野球選手(+ 1946年)
  • 1885年 - ジュール・パスキン、画家(+ 1930年)
  • 1890年 - ローレンス・ブラッグ、物理学者(+ 1971年)
  • 1893年 - クレメンス・クラウス、指揮者(+ 1954年)
  • 1894年 - 林家正蔵(7代目)、落語家(+ 1949年)
  • 1898年 - 下総皖一、作曲家(+ 1962年)
  • 1898年 - 伊奈信男、写真評論家(+ 1978年)
  • 1900年 - グロスター公ヘンリー、オーストラリア総督(+ 1974年)
  • 1902年 - 廣川弘禅、政治家(+ 1967年)
  • 1902年 - 山内以九士、野球公式記録員(+ 1972年)
  • 1906年 - 朝永振一郎、物理学者(+ 1979年)
  • 1906年 - 難波田春夫、経済学者(+ 1991年)
  • 1906年 - 瀬川美能留、実業家、野村證券社長(+ 1991年)
  • 1907年 - 赤尾好夫、出版人(+ 1985年)
  • 1909年 - 貴志康一、作曲家(+ 1937年)
  • 1909年 - ロベール・ブラジヤック、著作家、ジャーナリスト(+ 1945年)
  • 1911年 - フレディ・グリーン、ジャズギタリスト(+ 1987年)
  • 1914年 - 船山馨、小説家(+ 1981年)
  • 1914年 - オクタビオ・パス、詩人、評論家(+ 1998年)
  • 1914年 - 天池清次、労働運動家(+ 2012年)
  • 1915年 - 横井庄一、軍人(+ 1997年)
  • 1916年 - トミー・ボルト、プロゴルファー(+ 2008年)
  • 1917年 - ドロシー・ディレイ、ヴァイオリニスト(+ 2002年)
  • 1918年 - 箕田源二郎、画家、絵本作家(+ 2000年)
  • 1922年 - 中埜肇、実業家(+ 1985年)
  • 1924年 - レオ・ブスカーリア、教育学者(+ 1998年)
  • 1925年 - 永井路子、小説家
  • 1926年 - ジョン・ファウルズ、小説家(+ 2005年)
  • 1926年 - 加古里子、児童文学作家
  • 1927年 - 福島譲二、政治家(+ 2000年)
  • 1927年 - 無着成恭、教育評論家
  • 1927年 - ウィリアム・ダニエルズ、俳優
  • 1928年 - ゴーディ・ハウ、アイスホッケー選手(+ 2016年)
  • 1929年 - 三枝和子、小説家(+ 2003年)
  • 1930年 - 奥村公延、俳優(+ 2009年)
  • 1931年 - 清水徹、フランス文学者
  • 1931年 - 柏木敏夫、プロ野球審判員(+ 2003年)
  • 1932年 - 大島渚、映画監督(+ 2013年)
  • 1932年 - 今井健二、俳優
  • 1934年 - 居作昌果、テレビプロデューサー(+ 2005年)
  • 1934年 - カルロ・ルビア、物理学者
  • 1934年 - リチャード・チェンバレン、俳優、歌手
  • 1934年 - シャーリー・ジョーンズ、歌手、女優
  • 1934年 - 多田富雄、免疫学者(+ 2010年)
  • 1934年 - 上前淳一郎、ノンフィクション作家
  • 1935年 - ハーブ・アルパート、音楽家
  • 1935年 - 今橋恒、俳優、声優(+ 1995年)
  • 1936年 - 毒蝮三太夫、タレント
  • 1937年 - クロード・アレグル、地球科学者、政治家
  • 1937年 - 大庭宏、プロ野球選手
  • 1938年 - 野村道子、声優
  • 1938年 - 村松英子、女優
  • 1938年 - パトリック・ベイトソン、生物学者
  • 1938年 - 藤本伸、プロ野球選手
  • 1939年 - フォルカー・シュレンドルフ、映画監督
  • 1939年 - ズヴィアド・ガムサフルディア、グルジア大統領(+ 1993年)
  • 1939年 - カール=ハインツ・シュネリンガー、サッカー選手
  • 1940年 - 嵐圭史、歌舞伎役者
  • 1942年 - 鈴木良武(五武冬史)、アニメ原作者、脚本家
  • 1942年 - 円谷文彦、声優(+ 2005年)
  • 1943年 - クリストファー・ウォーケン、俳優
  • 1943年 - 藤島正之、弁護士
  • 1943年 - 坂東彦三郎(8代目)、歌舞伎役者
  • 1944年 - 出久根達郎、小説家
  • 1947年 - 杉本一文、イラストレーター、版画家
  • 1948年 - 盧山初雄、武道家、空手家
  • 1948年 - アルバート・ゴア・ジュニア、第45代アメリカ合衆国副大統領
  • 1948年 - 古沢憲司、プロ野球選手
  • 1950年 - 近藤喜文、アニメ映画監督(+ 1998年)
  • 1950年 - 舘ひろし、俳優
  • 1951年 - 川崎ゆきお、漫画家
  • 1953年 - 中野栄治、騎手、調教師
  • 1953年 - 桂文福、落語家
  • 1955年 - アンガス・ヤング、ミュージシャン(AC/DC)
  • 1955年 - 青島広志、作曲家、タレント
  • 1957年 - 小林健二、将棋棋士
  • 1957年 - 郡和子、政治家
  • 1961年 - 戸川純、タレント、ミュージシャン
  • 1961年 - 寺島まゆみ、女優、歌手
  • 1964年 - 鶴久政治、タレント、歌手
  • 1964年 - バルビーノ・ガルベス、野球選手
  • 1964年 - 杉山勇司、レコーディング・エンジニア
  • 1968年 - 小川直也、プロレスラー、柔道家
  • 1968年 - セザール・サンパイオ、サッカー選手
  • 1969年 - KYONO、ミュージシャン(THE MAD CAPSULE MARKETS)
  • 1969年 - スティーブ・スミス、バスケットボール選手
  • 1970年 - 宮迫博之、お笑いタレント(雨上がり決死隊)
  • 1971年 - 筒井道隆、俳優
  • 1971年 - 義家弘介、政治家、教育者
  • 1971年 - ユアン・マクレガー、俳優
  • 1971年 - クレイグ・マクラッケン、アニメーター
  • 1972年 - アレハンドロ・アメナバル、映画監督
  • 1974年 - 駒田健吾、アナウンサー
  • 1974年 - ロヘル・マチャド、野球選手
  • 1975年 - ライアン・ループ、プロ野球選手
  • 1976年 - 勝野慎子、シンガーソングライター
  • 1976年 - バイス・ガンダ、俳優、コメディアン
  • 1977年 - 上原さくら、女優
  • 1977年 - 龍円愛梨、記者、アナウンサー
  • 1977年 - Toshiya、ベーシスト(DIR EN GREY)
  • 1977年 - ジェイミー・ブラウン、プロ野球選手
  • 1977年 - ジェイソン・デノミー、フィギュアスケート選手
  • 1978年 - 針谷桂樹、ナレーター
  • 1978年 - 影山由高、元サッカー選手
  • 1980年 - 王建民、メジャーリーガー
  • 1980年 - 遠藤大志、サッカー選手
  • 1980年 - 坂本真綾、声優
  • 1980年 - 佐々木優介、お笑いタレント(磁石)
  • 1981年 - AMADORI、ミュージシャン
  • 1981年 - 新谷良子、声優
  • 1982年 - 柳田殖生、プロ野球選手
  • 1982年 - ジェシカ・ジョセフ、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - 鈴木寛史、バレーボール選手
  • 1983年 - ジェフ・マシス、メジャーリーガー
  • 1984年 - 田久保賢植、野球選手
  • 1985年 - オレクサンドル・クラトフ、オリエンテーリング選手
  • 1986年 - セルゲイ・カレフ、フィギュアスケート選手
  • 1987年 - ネッリ・ジガンシナ、フィギュアスケート選手
  • 1987年 - ピーター・ボージャス、メジャーリーガー
  • 1987年 - ブレット・ロリン、野球選手
  • 1987年 - 新子景視、マジシャン
  • 1988年 - ホーガン・エフレイム、サッカー選手
  • 1988年 - ベアトリサ・リャン、フィギュアスケート選手
  • 1989年 - 大川雅大、俳優
  • 1989年 - 劉子歌、競泳選手
  • 1989年 - ホスミル・ピント、メジャーリーガー
  • 1990年 - 山崎将平、俳優
  • 1991年 - 鳥越裕貴、俳優
  • 1991年 - 上原光紀、アナウンサー
  • 1992年 - 倉内沙莉、ファッションモデル、グラビアアイドル
  • 1992年 - ベアートリチェー・ロジンスカイテー、フィギュアスケート選手
  • 1993年 - ミカエル・イシャク、サッカー選手
  • 1993年 - クリスタ・バンサント、バレーボール選手
  • 1995年 - 大多和莉里亜、女優
  • 1995年 - 疋田英美、ファッションモデル
  • 1998年 - 君嶋あこ、グラビアアイドル
  • 2000年 - 長谷川ニイナ、タレント
  • 2004年 - 濱田ここね、女優
  • 生年非公表 - 切符、イラストレーター
  • 生年非公表 - シルク、漫才師(元非常階段)
  • 1989年 - エーピーインディ、競走馬
  • 1990年 - ドージマムテキ、競走馬(+2010年)
  • 1991年 - ゴールデンジャック、競走馬(+2013年)
  • 1994年 - シンコウスプレンダ、競走馬
  • 1998年 - クロフネ、競走馬
  • 2001年 - アルティストロワイヤル、競走馬
  • 2001年 - アロマ、盲導犬(+2012年)
  • 2002年 - オースミグラスワン、競走馬
  • 2004年 - カノヤザクラ、競走馬(+2010年)
  • 2007年 - ヴィクトワールピサ、競走馬
  • 2007年 - カレンチャン、競走馬

忌日

  • 1671年 - アン・ハイド、ヨーク公ジェームズの最初の妃(* 1637年)
  • 1703年 - ヨハン・クリストフ・バッハ、作曲家(* 1642年)
  • 1727年 - アイザック・ニュートン、科学者(* 1643年)
  • 1821年(文政4年2月28日)- 山片蟠桃、経世論家、思想家(* 1748年)
  • 1837年 - ジョン・コンスタブル、画家(* 1776年)
  • 1841年 - ジョージ・グリーン、物理学者、数学者(* 1793年)
  • 1855年 - シャーロット・ブロンテ、小説家(* 1816年)
  • 1877年 - アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー、哲学者、数学者、経済学者(* 1801年)
  • 1880年 - ヘンリク・ヴィエニャフスキ、作曲家、ヴァイオリニスト(* 1835年)
  • 1888年 - ジャン=マリー・ギュイヨー、哲学者、詩人(* 1854年)
  • 1913年 - ジョン・モルガン、実業家(* 1837年)
  • 1915年 - 初代ロスチャイルド男爵ナサニエル・ロスチャイルド、銀行家、政治家(* 1840年)
  • 1917年 - エミール・アドルフ・フォン・ベーリング、医学者(* 1854年)
  • 1944年 - 古賀峯一、日本海軍元帥(* 1885年)
  • 1945年 - ハンス・フィッシャー、化学者(* 1881年)
  • 1946年 - 武田麟太郎、小説家(* 1904年)
  • 1948年 - 河内源一郎、醸造学者(* 1883年)
  • 1952年 - ヴァルター・シェレンベルク、ナチス・ドイツ親衛隊少将(* 1910年)
  • 1967年 - 伊藤熹朔、舞台美術家(* 1899年)
  • 1968年 - エリー・ナイ、ピアニスト(* 1882年)
  • 1970年 - 井上博、ミュージシャン、元はしだのりひことシューベルツ(* 1949年)
  • 1976年 - ポール・ストランド、写真家(* 1890年)
  • 1980年 - ジェシー・オーエンス、陸上競技選手(* 1913年)
  • 1983年 - 片岡千恵蔵、俳優(* 1903年)
  • 1983年 - 尾崎一雄、小説家(* 1899年)
  • 1988年 - ウィリアム・マクマホン、第20代オーストラリア首相(* 1908年)
  • 1991年 - 生野幸吉、作家(* 1924年)
  • 1993年 - ブランドン・リー、俳優(* 1965年)
  • 1994年 - 式守伊之助(26代)、大相撲の立行司(* 1927年)
  • 1995年 - 若ノ海正照、大相撲力士(* 1945年)
  • 1997年 - ライマン・スピッツァー、天体物理学者(* 1914年)
  • 1998年 - ベラ・アブズグ、女性解放運動活動家(* 1920年)
  • 1998年 - 小野寺百合子、翻訳家(* 1906年)
  • 2001年 - クリフォード・シャル、物理学者(* 1915年)
  • 2001年 - 中村歌右衛門(6代目)、歌舞伎役者(* 1917年)
  • 2006年 - ジャッキー・マクリーン、アルトサックス奏者(* 1932年)
  • 2008年 - ニコライ・バイバコフ、ゴスプラン議長(* 1911年)
  • 2008年 - ジュールズ・ダッシン、映画監督(* 1911年)
  • 2009年 - 金田龍之介、俳優(* 1928年)
  • 2013年 - 長石多可男、映画監督(* 1945年)
  • 2015年 - 藤原ここあ、漫画家(* 1983年)
  • 2016年 - ハンス・ディートリヒ・ゲンシャー、政治家(* 1927年)
  • 2016年 - ザハ・ハディッド、建築家(* 1950年)
  • 2018年 - 吉田正高、歴史学者(* 1969年)

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650